ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
「大手町発4路線」の賃料・利便性・住みやすさ 徹底比較!

2018年04月25日

中川 寛子

「大手町発4路線」の賃料・利便性・住みやすさ 徹底比較!

大手町勤務はどの路線がおすすめ?

「大手町発4路線」の賃料・利便性・住みやすさ 徹底比較!

丸の内仲通りから大手町方向を望む。日本有数のオフィス街だけに集まってくる人の数も多い

ラクして通勤なら都営三田線

大手町駅のある地下鉄路線は全部で5路線。このうち、ここでは4路線を取り上げる


日本有数のオフィス街「大手町」。地下街が発展しており、かつ複数の駅が近接していますから、実際にはかなりの数の路線が利用できますが、ここでは大手町という駅がある地下鉄5路線のうち、東京メトロ丸ノ内線を除く4路線を取り上げます。丸ノ内線を省いたのは大手町駅を発して池袋まで、新宿までと双方向ともに都心を走っているため、住宅価格、賃料が高いことから。特にファミリー向けの物件となるとかなり高額になりますので、この沿線で探す方はあらかじめ、多めに予算を考えておきましょう。


さて、4路線のうち、通勤のラクさを優先したいならお勧めは都営三田線です。都営地下鉄は総じて混雑度が低めで、三田線の場合も最も混雑する西巣鴨~巣鴨間(いずれも豊島区)で156%。今回取り上げた路線のうちで最も混雑度の高い東西線の木場駅~門前仲町駅(いずれも江東区)の199%と比べると、かなりラクそうです。


三田線自体は目黒駅(駅自体は品川区にある)から都心部を走って大手町駅を経由して板橋区方面に向かう路線。東京に詳しい人でなければ知られていない駅も多く、言ってみれば穴場的な存在です。その分、賃料も比較的手頃ですから、実利を取る人にはお勧めです。また、目黒駅からは東急目黒線と乗入れており、日吉駅(横浜市港北区)まで直通です。


観光地としても賑わう巣鴨周辺。だが、一歩入ると静かな住宅地となっており、商店街もあって暮らしやすい


特に狙い目は「おばあちゃんの原宿」として高齢者で賑わう巣鴨駅の隣、西巣鴨駅以遠の板橋区内です。駅前はいずれもコンパクトですが、商店街、スーパーなどは揃っており、生活に不自由はありません。また、板橋区は知る人ぞ知るラーメン激戦区であり、かつ最近はエスニック料理店が増えている地域。お手頃に美味しいものが味わえます。


大きな公園はないものの、海外絵本が2万6000冊も収蔵されている いたばしボローニャ子ども絵本館や、冒険家・故植村直己さんにちなむ植村冒険館、熱帯環境植物館など個性的な施設があり、子どものいる家庭ならご近所で週末を楽しく過ごせるまちでもあります。

下町っぽさを味わうなら千代田線

週末ともなると多くの人が訪れる谷根千エリア。風情のある路地、住宅が多いが物件そのものはあまり多くはない


千代田線は代々木上原駅(渋谷区)から都内を抜けて綾瀬駅・北綾瀬駅(いずれも足立区)を繋ぐ路線。大手町駅を過ぎると下町の風情を残す駅が多いのが特徴です。代表的なのは根津駅、千駄木駅(いずれも文京区)を含む谷根千(やねせん:谷中・根津・千駄木)エリア。木造住宅を中心にした街並みが知られており、古いまちだけに歴史ある飲食店なども点在しています。最近では観光名所になっており、商店街はもちろん、路地を散策する人も多く見かけるようになりました。


ただし、西日暮里駅(荒川区)までの山手線内はやはり、賃料、住宅価格が高く、イメージだけで探しに行くとがっかりすることになりかねません。あらかじめ、自分の予算に合うかどうか、よく調べてから現地に行きましょう。また、古い木造住宅は情緒はあるものの、設備的に劣る部分があったり、隙間風が入るなどデメリットもあります。その点はよく考えた上で選んだほうが良いでしょう。


近年、開発が進んできた日暮里・舎人ライナー。小滝橋通りの上を走っており、沿線には公園が多い


もう少しお手軽にと考えるのであれば、西日暮里駅以遠。賃料、住宅価格が安くなる上、西日暮里駅ではJR東日本の各路線(山手線、京浜東北線、日暮里・舎人ライナー)が、町屋駅(荒川区)では京成電鉄、都電荒川線が、北千住駅(足立区)ではJR常磐線、東京メトロ日比谷線、つくばエクスプレスなどが使えます。家賃を押さえて、でも便利に、雰囲気も楽しみながら暮らすならお勧めというわけです。また、代々木上原駅以遠は小田急線と乗入れてもいます。 

利便性優先なら東西線

中野駅(中野区)から都心を東西に横断、西船橋駅(千葉県船橋市)まで伸びる東西線。都心部では他路線と接続している駅が多く、足回りの利便性では評価が高い路線のひとつですが、問題は前述した通り、その分、混雑度が高いこと。利便性を取るか、通勤のラクさを取るかは悩ましいところです。


西船橋駅には近隣はもちろん、日本全国へ向かう高速バスのターミナルがあり、帰省時などにも便利


比較的新しいまちが多いことから、スーパーやコンビニエンスストアなどは充実しており、生活の利便性も高い沿線です。住宅も同様にRC造のマンションが中心で、シングル向けからカップル、ファミリー向けまで物件数も豊富。選びやすい路線でもあります。なかでも、賃料、住宅価格で考えるとお勧めは千葉県内に入る原木中山駅、西船橋駅(いずれも船橋市)。都内と違い、地元産の野菜が売られている直売所が身近にあるなど、のんびりした雰囲気のあるエリアです。 


葛西・西葛西駅界隈には大規模な団地、マンションが多く、賃料、住宅価格も比較的手頃


ファミリーであれば公園の多い葛西駅、西葛西駅(いずれも江戸川区)もお勧め。江戸川区は河川が多く、それを利用した親水公園が点在しているのです。また、海辺を利用した葛西臨海公園は区営のホテルや観覧車があったり、バーベキュー、海水浴が楽しめたりと、都内とは思えないほど自然とアクティビティがいっぱい。遠くまで出かけずとも、ご近所で休日が過ごせるまちというわけです。桜の名所も多く、しかも、都心ほど混まないのもポイントが高い点です。

話題のスポットを楽しむなら半蔵門線

渋谷駅から大手町駅を経由してスカイツリーのある押上駅(墨田区)までを繋ぐ半蔵門線。半蔵門線自体は14駅と比較的短い路線ですが、渋谷駅から東急田園都市線、押上駅から東武伊勢崎線と乗入れており、そこまでを含めると神奈川県から群馬県にまで伸びる長い路線です。特徴は押上駅、清澄白河駅(江東区)界隈ではこのところ、話題のスポットがあること。


元倉庫を利用したニュージーランドのメーカーの焙煎所。清澄白河にはかつて水運を利用した頃の倉庫が多く残されており、それらが活用されている


清澄白河駅は2015年にアメリカ西海岸で人気のブルーボトルコーヒーが日本の初出店地として選んだことで話題になり、その後、続々とコーヒーの焙煎所、ワイナリー、チーズ専門店その他ができました。元々、1995年にオープンした東京都現代美術館をきっかけに現代美術を中心としたギャラリーも多く、どこか知的な雰囲気があります。一方で下町風情を残す商店街もあり、新旧のバランスが面白い場所です。 


押上駅はスカイツリーのあることで知られるようになったまち。江戸時代以来の繁華街浅草に近く、知る人ぞ知る老舗飲食店その他が点在しています。ただ、残念なのは戦災で焼けているため、表通りを歩いているだけでは歴史が感じられないところ。最近は、新たに隠れ家的な店なども誕生し始めています。


ちなみに混雑度では、千代田線、半蔵門線はそれぞれ178%、170%といい勝負。あとは雰囲気で選ぶというところでしょうか。歩いてチェックしてみてください。


【参考サイト】

※「鉄道関係情報・データ」>項目13「混雑率データ」参照。


【関連リンク】

路線・駅から賃貸を探す(Yahoo!不動産)

最終更新日:2018年08月30日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。