ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
新宿直通の利便性に穴場な街も。都営新宿線のおすすめ3駅

2019年01月25日

中川 寛子

新宿直通の利便性に穴場な街も。都営新宿線のおすすめ3駅

便利で緑豊富、下町情緒も

新宿直通の利便性に穴場な街も。都営新宿線のおすすめ3駅

JR本八幡駅から都営新宿線本八幡駅方面を見たところ。中央にある2棟のタワーがあるあたりに都営新宿線本八幡駅があります

新宿直通の穴場路線、都営新宿線 

都営新宿線は京王線との相互直通運転をしています。新宿~本八幡間では急行運転も実施されています


都営新宿線は東京都新宿区にある新宿駅から千葉県市川市の本八幡駅までをつなぐ地下鉄路線。東京都交通局の鉄道路線では唯一、都外まで路線が伸びている珍しい路線です。新宿駅からは京王線との相互直通運転が行われています。新宿直通の路線としては他にも東京メトロ丸ノ内線やJR中央線その他がありますが、それらのうちでは比較的知られていない、言い換えれば穴場な路線と言えます。

【本八幡駅】足回り、買い物に便利で歴史のあるまち

写真中央の再開発エリアの地下に都営地下鉄線の駅があります。再開発エリアにはクリニックモール、スーパー、家電量販店などが入っており、駅近くでほとんどの用事が済みます。この交差点から右に向かうと京成線、左に向かうとJRの駅があります


魅力的なまちとして、筆頭に挙げたいのが千葉県なのに都営地下鉄で行ける本八幡駅です。この駅は北には京成八幡駅、南にJR総武線の本八幡駅があり、3路線が使えます。新宿に行くなら都営新宿線でしょうが、秋葉原や東京へ行くなら総武線など使い分けができるのです。

 

成田空港、羽田空港利用時には便利な京成線


京成線は都心に向かう際にはあまり利用しないかもしれませんが、成田空港、羽田空港の両空港をよく利用する人には便利な路線。時間にもよりますが、直通もあり、1時間弱で行けることも。都心はもちろん、海外へ行く時にも便利な足回りなのです。

 

本八幡には様々な公共施設が集まっており、生活を楽しく、便利にしてくれます


また、本八幡駅周辺は千葉県市川市の市政の中心地。昭和9年に周辺の3町1村が合併して市川市が誕生した際、ちょうど市域の中央にあることから市役所が置かれたためです。そのため、本八幡駅周辺には中央図書館、文化会館、保健センターなどの公共施設が集まっており、各種手続きや日常を豊かに過ごすためにはうれしい立地と言えます。 


昔ながらの会話のある商店街、八幡一番街商店会


足回り公共施設の利用に便利なだけでなく、商店街や大規模な商業施設も揃っています。JR本八幡駅の北側には八幡一番街商店会、本八幡新道商店会などがあり、中心となっているのは飲食店。路地の両側に個人営業の店が建ち並んでいます。ちなみに今では全国に展開するファミリーレストランのサイゼリヤの1号店が誕生したのが八幡一番街商店会の一画。営業はしていませんが、店は残されています。


駅南側にも南八幡商店会、サンロード商店会などがあり、こちらも飲食店が多め。特にラーメン店が多いのが本八幡の特徴です。一方で格調高い和食を出す店などもあるのは、昔から作家や詩人などの文化人が住んできた歴史からでしょう。


週末には家族連れで賑わうニッケコルトンプラザ

 

大規模商業施設として多くの人を集めているのはニッケコルトンプラザ。ここはかつて日本毛織の中山工場があった場所で、1988年にオープン。2018年に30周年を迎えました。入っているのはスーパーに家電量販店、シネマコンプレックス、書店、スポーツクラブなど。本八幡駅前からは無料のバスが出ています。


もうひとつ、本八幡駅周辺にはなぜか、ボウリング場が2カ所も。最近、人気再燃という噂もありますが、それにしてもひとつの駅周辺としては珍しいのではないでしょうか。


個人的におすすめなのは本八幡の駅近くにある葛飾八幡宮。平安時代創建という、この土地の歴史の古さが実感できる場所です

【馬喰横山駅】住宅、ギャラリーなどの増加で変わる問屋街 

ご近所にある2つの地名、日本橋馬喰町と日本橋横山町を合体させて生まれたのが馬喰横山駅(中央区)。都営浅草線東日本橋駅、JR総武線馬喰町駅に近く、特に後者は改札内の通路で乗換ができるほど。この駅も目的に合わせて路線を選択できる駅のひとつというわけです。

 

周辺には衣類、呉服、タオルや革製品などの問屋が並び、一部には小売りをしてくれる店も


この地域は元々繊維製品の問屋街。さらに昔、江戸時代には江戸から東北に向かう奥州街道の出発点にあたり、馬を商う市が立った場所でした。地名の由来となった馬喰(ばくろう)は牛馬の仲買人のことで、博労、伯楽などとも書くそうで、昔から流通の要となっていた場所だったのです。


現在も通り沿いには多くの繊維製品を扱う店が建ち並んでおり、多くは小売りをしていません。ですが、一部には小売り可という店もあり、また、年に1回1日だけは誰でも買えるイベントも開かれています。近所に住んでうまく利用すれば衣類その他を安く手に入れられるかもしれません。

 

問屋が並ぶ通りから少し入ったところには宿泊施設、マンションが増え、しゃれた店も出てきています


そんな問屋街が最近変わりつつあります。3路線が使える上に都心に近いまちですから、それを狙ってホテル、ホステルが増え、マンションが建ち、住む人が増えているのです。合わせてカフェやレストラン、ギャラリーや雑貨店などが増えており、住んでも楽しいまちになってきているのです。


歩いてみると、以前より若い人を見かけることも増え、新しい店もちらほら。これからもまだまだ変わりそうですから、まちの変化を楽しみたい人にはおすすめでしょう。

【浜町駅】都心なのに緑も、盆踊りもあるまち 

ビルの間に低層の建物が残されており、昔ながらの商売を続けている店などがあります


都心にあるいくつかのまちのうち、住み続けている人が多いのが日本橋界隈です。というのは店をビルにしても、その上階などに住んでいる人が多く、その人たちを対象に今でも路地に入ると銭湯や豆腐店、魚屋などが残されているのです。そうしたエリアの一画にあるのが浜町駅です。


浜町公園内の中央区立総合スポーツセンター。手前の広場は桜の名所となっており、春には多くの人で賑わいます

 

このまち最大の魅力は浜町公園。浜町公園は関東大震災後に整備された震災復興公園のひとつで、中央区の公園の中では最大の広さを持っています。公園内には各種遊具の置かれた広場や芝生広場は言うに及ばず、プールやゴルフ練習場などのある区の総合スポーツセンター、運動場になんとデイキャンプ場まで。もちろん、公共施設ですから、お手頃価格で利用でき、様々な遊びが楽しめます。 

 

再開発エリア敷地内にも緑は豊富。意外に木陰の多いまちなのです


夏には区の盆おどり大会が開かれていますし、春には花見にうってつけのスポット。公園の近くには浜町川緑道もあり、ベンチでは子どもや犬を連れた人がくつろいでいたり、お弁当を広げる人がいたり。都心でこれだけ身近に緑、自然があるエリアは希少でしょう。


ここ2年ほどで浜町名物となったのが再開発ビル、トルナーレ日本橋浜町で開かれるマルシェ。2016年から年に4回開かれており、新鮮な野菜や地元商店街の名品、雑貨、花などが並び、開催を楽しみにする人も多いとか。屋台も出るので、買うだけではない楽しみ方もできます。


図中の赤い矢印が浜町駅。それ以外に人形町駅、水天宮前駅もすぐ近くにあることが掲示されています

 

ここまでご紹介した2駅同様、浜町駅も近くに都営浅草線・東京メトロ日比谷線人形町駅、東京メトロ半蔵門線水天宮前駅などがあり、交通の利便性も高いまち。駅から徒歩圏内に東京シティエアターミナルがあるので、海外も身近です。


以上、都営新宿線のおすすめ3駅をご紹介しました。交通の利便性は共通していますが、まちの雰囲気は全く違う3つのまち。ぜひ、実際に行ってみて、どのまちが自分好みか、チェックして見てください。


●都営新宿線のおすすめ3駅周辺の物件を探す


最終更新日:2019年01月25日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。