ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
近頃話題、レトロな雰囲気に商店街充実。東急池上線ってどうです...

2019年04月25日

中川 寛子

近頃話題、レトロな雰囲気に商店街充実。東急池上線ってどうですか?

地味だけれど住みやすいまち揃い

近頃話題、レトロな雰囲気に商店街充実。東急池上線ってどうですか?

蒲田駅構内の池上線。蒲田駅からは池上線と多摩川線が利用できます

全長11km弱、元々はお寺のために作られた東急池上線

もともとは日蓮宗大本山である池上本門寺に参拝客を運ぶために作られた東急池上線は大田区蒲田と池上を結ぶわずか1.8kmの路線として1922年にスタート。現在は蒲田から品川区五反田までの15駅、全長10.9kmをつないでいます。全線乗っても25分弱、各駅停車しか走っていない路線です。

 

五反田駅ではJR山手線に乗り換えられるほか、都営浅草線も利用できます


2017年に90周年を迎えたことから東急電鉄が1日無料乗車券を配るなど沿線の認知度アップに力を入れており、そのためか、このところ、少しずつ知られるようになってきました。とはいえ、他路線に比べるとまだまだ。ここではまず、住むという観点で考えると、どんな特徴があるかを見ていきましょう。

各駅間が短く、複数駅、路線利用可の駅もあって便利

まず挙げたいのは各駅間の距離が短いこと。最も短い五反田駅と大崎広小路駅の間はわずかに300m。最も離れている大崎広小路駅と戸越銀座駅の間でも1.1kmしかありませんから、ちょっと歩けば隣の駅。複数駅が利用できるのです。


複数路線が利用できる駅も少なくありません。東急目黒線、同大井町線、都営浅草線が近接、交差して走っているので、場所によっては複数路線の複数駅が使えるのです。


たとえば都営浅草線戸越駅と近い戸越銀座駅、都営浅草線中延駅・大井町線中延駅と近い荏原中延駅、大井町線と交差する旗の台駅、東急多摩川線下丸子駅と近い千鳥町駅、東急多摩川線矢口渡駅に近い蓮沼駅など。行き先に応じてどの駅、どの路線を使うかが選べるわけです。

 

池上線と大井町線が交差する旗の台駅。池上線が下を、その上を大井町線がはしっています


電車利用だけではありません。沿線の近くには山手通り、環状七号線、中原街道、環状八号線、第二京浜などの幹線道路が走っているので車での移動も便利。こうした幹線道路にはバス路線も多数走っています。車での移動が多い人には戸越、荏原と首都高速2号目黒線の出入り口が2カ所あるのも嬉しいポイント。目黒線は都心環状線以外と接続していないためか、交通量が少なく、渋滞もあまり発生しません。

 

バス路線を上手に使えば便利な地域です

商店街もスーパーもあるまちが多く、買い物に便利

古くから開発されてきた住宅街なのでほとんどの駅前には商店街があり、同時にスーパーも。戸越銀座駅、荏原中延駅のようにテレビなどで取り上げられる商店街もあります。しかも、歩いてみると分かりますが、お惣菜やお弁当などの品ぞろえが豊富なのが特徴。共働きの夫婦や忙しい方には便利な商店街が多いのです。

 

お屋敷街として知る人ぞ知る久が原ですが、駅近くのお肉屋さんにはこんな庶民的な品がお手頃に並びます

桜の名所や公園など週末が楽しくなるスポットも点在 

都心に近い沿線ながら、意外に週末を楽しくしてくれるスポットに恵まれている点にも注目したいところ。洗足池公園、池上本門寺、呑川沿いなど桜の名所が点在しており、季節には街中のあちこちで花を楽しめます。池上は梅園でも知られていますし、門前ではくず餅も名物。本門寺は10月に行われるお会式が有名で、特に万灯練供養というイベントが行われる日には30万人もの参拝者が集まるそうです。


駅のすぐそばにある風情ある葛餅屋さん、浅野屋。門前の通りには蕎麦店、呉服店など昔からあったのだろうと思われる業種も多数

 

桜の名所でもあり、かつ最近、勝海舟記念館の建設と合わせて道路などの整備も行われているのが洗足池周辺。スワン型のボートで池の上から桜を楽しむのもこの地ならでは。池のほとりには区立図書館もあって子どもたちの姿が多いエリアです。


また、大田区、品川区といえば銭湯の多いエリアでもあります。しかも、このエリアでは黒湯と言われる、お肌がつるつるになる湯が銭湯料金で楽しめます。露天風呂、宴会場などを備えた施設もあり、わざわざ遠出をしなくても、ご近所で温泉気分が楽しめます。

場所によっては坂の多さに要注意

いくつか、注意したいこともあります。ひとつは坂。蒲田駅、五反田駅周辺や商店街のある通りの多くは平坦なのですが、それを除けば高低差の多い地域のため、どうしても坂が多いのです。その分、眺望、採光、通風などに恵まれた住宅が多いものの、場所によってはかなり急な坂もあります。ベビーカーや自転車利用時、高齢者などには負担になることもあり得ますから、実際に歩いて大丈夫かどうかを確認してみてください。

 

商店街と直交する道を見ると、大体が坂道だったりします


駅自体はどこもコンパクトで、駅前もさほど広くないため、初めて降りると「何もない駅」と思ってしまいがちですが、少し歩いて見ると実はそうでもないことが多いので、その点も意識していただきたいところです。


また、同沿線は大田区と品川区にまたがっています。当然、公共サービスはそれぞれに異なりますから、特に子どもや高齢者のいる家庭では注意して調べてみてください。


続いておすすめの駅をいくつかご紹介しましょう。


【池上駅(大田区)】駅舎建て替えで雰囲気が変わる!?

現在、建替え中の池上駅。5階建てになるそうで、商業施設、子育て支援施設なども入り、まちの雰囲気が変わりそうです


池上駅は駅構内に踏切がある、昔ながらの駅でしたが、現在は建替え中。2020年には5階建ての新駅舎に生まれ変わる予定で、これまでなかった南口が誕生するなどまちが変わりそうです。


駅周辺と北側を走る池上通り周辺に商店街が広がっており、人出が多いこともあってまち全体がいつもにぎやか。本門寺ではお寺が開催するイベントのほか、年に8回、地元の商店街が中心になった朝市なども開かれています。


本門寺とは反対側の駅南側は一戸建て中心の静かな住宅街で、四角い碁盤の目状に整備された区画が印象的。住宅街の中には銭湯も点在しています。


【久が原駅(大田区)】下町っぽい商店街と整然とした住宅街

久が原エリアは大田区内でも古くから人が住んでいた土地。区内最古の遺跡といわれる久原小学校内遺跡は氷河時代末期(約2万5000年前から約1万2000年前)のものだそうですから、本当に昔から住みやすい場所だったわけです。


まちの様子ですが、駅を挟んで東西に商店街が伸び、どちらの側にもスーパーがあります。手書きの丁寧な商品説明を掲示している八百屋、安さ・美味しさをアピールしている肉屋など下町っぽい雰囲気がある一方で、ワインの品ぞろえの充実した酒屋があるなど、店、売られている商品ともにバリエーション豊富です。


産地の説明のほか、珍しい野菜には食べ方の説明なども書かれています

 

駅前から住宅街に向かっては緩やかな上り坂。この地域の住宅街も池上同様、きれいに区画されており、一戸建てが目に付きます。


【雪が谷大塚駅(大田区)】車両基地のある幹線道路沿いのまち

ターミナル駅以外ではもっとも大きな駅が雪が谷大塚駅。駅舎内にはカルチャースクール、パン屋などが入っています。西口の前を中原街道が通っており、すぐ近くには環状八号線との交差点もあり、車利用に便利な場所です。自由が丘へも自由通りを行けばすぐです。


商店街、スーパーなどがあるのは南口側。レトロな雰囲気の中華料理店、精肉店、和菓子店もあり、歴史のあるまちであることが分かります。個人的には車両基地があるのがポイント。鉄道好きなら眺めに行ってみてください。


東急電鉄の車両基地がある雪が谷大塚。これがあるので、時々この駅で降りてしまうという人も


【洗足池駅(大田区)】沿線随一の「休日が楽しいまち」 

駅を降りると中原街道を挟んで正面に洗足池公園が広がる洗足池駅。桜、つつじその他の花の名所で、天気が良ければ公園でお弁当を広げたり、ボートに乗ったりするだけで楽しい休日が過ごせます。池の脇には区立図書館もあります。


桜の季節には大にぎわいの洗足池公園。周辺の住宅には見事な植栽、藤棚のあるお宅もあり、まちを散策して歩くのも楽しい場所です


最近の話題が大田区が2019年夏のオープンを目指して整備を進めている勝海舟記念館。1933年に建てられた昭和初期の、国の登録有形文化財ともなっている建物を利用したもので、個人的には長年放置されていた建物が再生されることが何よりも楽しみです。


歴史好きにはファンも多い勝海舟。洗足池公園内には墓もあります


旗の台駅(品川区)】2路線利用可の病院のあるまち

東急目黒線と交差するのが旗の台駅。このまちで最も目につくのが、一般病床815を有する総合病院「昭和大学病院」。毎日2000人近くの職員に患者さん、見舞客などが乗降しており、まち自体にも活気があります。

 

商店街を抜けたところに、どんとそびえる昭和大学病院。子どもやお年寄り、持病のある方なら安心でしょう


品川区は次にご紹介する荏原中延、戸越銀座など商店街が多いことで知られていますが、旗の台駅周辺も同様。中原街道から旗の台駅近くを経て、お隣の荏原町駅を過ぎても途切れることなく続いています。品川区商店街連合会が旗の台ブロックの商店街として挙げているだけでも8商店街ありますから、ほとんどのモノはここで買えるはずです。


【戸越銀座駅(品川区)】全国的にも有名な商店街のまち

品川区のみならず、全国的にも有名な商店街のひとつ、戸越銀座商店街があるのが戸越銀座駅。実際には3つの商店街が連携、まちのブランディング、商品作りをしており、特に戸越銀座コロッケは食べ歩きの定番として知られています。また、まちの随所にはゆるキャラブームを先取りして誕生した銀次郎なるマスコットが。


東京でも屈指の知名度を誇る戸越銀座。多摩産材を使った駅舎でも有名ですが、それが話題になったからか、今後、旗の台駅も同様に木を使ってリニューアルをするのだとか


また、都営浅草線戸越駅、大井町線戸越公園駅が徒歩圏にある便利さもうれしいポイント。ちなみにお隣の荏原中延駅も商店街が有名でかつ浅草線が利用できるまち。高齢者向けに商店街が家庭内の雑事をサポートする事業を行っていることでも有名です。 

 

お隣の荏原中延の商店街も安さ自慢の店が多く、オリジナル商品も多数で住みやすい


以上、あまり知られていない東急池上線をご紹介しました。住宅街として歴史があるまちだけに、地元の人だけが知る美味しいモノの店などもあり、歩いてみると奥の深さが実感できます。それほど長い路線ではありませんから、ぜひ、一度歩いてみてください。


東急電鉄は池上線のPRに生活名所という言葉を使っています。派手に目を惹くものはないけれどしみじみ生活に根ざした良いモノがあるまち揃いということでしょうか、実際、知られざる名店もある沿線です




参考サイト

最終更新日:2019年04月25日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。