ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
ゴキブリ退治の時期は秋がキモ? 今できる対策で春の繁殖を防ぐ

2014年10月08日

やじろべえ株式会社

ゴキブリ退治の時期は秋がキモ? 今できる対策で春の繁殖を防ぐ

おとなしい今こそ撃退のチャンス

ゴキブリ退治の時期は秋がキモ? 今できる対策で春の繁殖を防ぐ

傍目にはきれいなキッチンにも、アイツの影は忍び寄る

秋からはじめるゴキブリ退治

2011年に週刊ヤングジャンプで連載がスタートした『テラフォーマーズ』。火星で進化した屈強なゴキブリと人類の、互いの存亡をかけた死闘を描く斬新なストーリーがウケ、先日スタートしたアニメも好調のようです。

アニメではいよいよ人類が火星に向けて出発。宇宙を舞台にスリリングな闘いが繰り広げられているわけですが、一方、現実社会におけるヒトとゴキブリの闘いもなかなか熱いものがあります。この夏、駆除しては湧くゴキブリとの終わりなきバトルに手を焼いた人も多いのではないでしょうか?

残暑とともにゴキブリのハイシーズンも過ぎ去り、ひとまずその闘いに終止符が打たれたかのように思える今日この頃ですが、じつはヤツらとの闘いは10月こそが正念場。この時期にきちんと対策を施しておくことで、来夏にはその繁殖を抑えられるかもしれないのです。そこで、「秋のゴキブリ対策」をまとめてみました。

進化中? 昨今のゴキブリ事情

巷では最近のゴキブリは進化している、より一層しぶとくなっているなんて声もちらほら聞かれます。ネット上ではまことしやかに「IQが300を超える」「時速320kmで走る」なんて噂も語られ、アニメのようにテラフォーミングしかねない勢いです。
まあ、これらはさすがにネタの息を出ませんが、恐竜を全滅に至らしめた地球の危機をも乗り越えたゴキブリだけに、人類には計り知れないほどのポテンシャルを秘めていることは間違いなさそうです。

では、そんな恐るべきゴキたちを根絶やしにする方法はないものか?
まずはゴキブリの生態を知ることから(あんまり知りたくないですが)初めてみましょう。

家に出没するゴキブリは主に2種類。「クロゴキブリ」と「チャバネゴキブリ」です。前者は屋外と屋内を行き来し、後者は屋内でしか生息できません。いずれも気温20度で発育、25度で繁殖が活発になるといわれており、冬はというと“クロ”は卵や幼虫の状態で、“チャバネ”は成虫のまま、部屋の片隅など暖かい場所にじっと留まって春を待ちます。

よって、夏の活動期を終え家庭内で息をひそめているゴキブリに「越冬をさせない」ことこそ、春以降の繁殖をふせぐ有効な手段といえるわけです。

秋のうちにやっておくべきゴキブリ対策とは?

では、具体的にはどんな対策が有効なのか?
前述の通り、秋以降のゴキブリは部屋の片隅でじっと身を潜めているため、ゴギブリ捕獲機や、殺虫スプレーでのピンポイント攻撃などはあまり意味をなしません。

部屋中に潜むゴキブリを一網打尽にするにはやはり、くん煙剤でスミズミまで駆逐できる据え置き密閉型の防虫剤などを使うのがよろしいかと思います。なお、都市部では殺虫剤が効きにくい、それこそテラフォーマーなゴキブリも増えているようですが、最近はそんな抵抗性ゴキブリにも効力を発揮する強力な製品も登場しているようなので、それらを使って徹底的にやるのがいいでしょう。

とはいえ、いくらこうした対策によってその場のゴキブリたちを死滅させても、そこが彼らにとって好ましい環境であれば再び棲みついてしまいます。現状のゴキブリを退治したらすかさず、新たなゴキたちを寄せ付けないための対策が必要でしょう。

具体的には


  • ゴキブリが苦手な柑橘系、みかん、レモンの皮を乾燥させたものを部屋の隅に置く
  • ミント、ハッカ、セロリなどのハーブのアロマオイル、芳香剤などを置く
  • 電化製品のスキマなど、ゴキブリが好む暗がりに落ちているフンやタマゴを掃除する
  • 壁と家具のスキマをなるべく広くとる
  • キッチンにビールやジュースの飲み残しを置かない。洗い物を溜めない
  • 熱気がこもりがちな電化製品の周りの通気性をよくする


などが挙げられます。

ともあれ、快適な暮らしを脅かす天敵は、おとなしい今のうちに撃退しておくのが望ましいかと思われます。

最終更新日:2018年09月27日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。