ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
即・NYスタイルなリノベ部屋!賃貸でも作れる自分だけの“秘密...

2019年11月12日

DIYer(s)

即・NYスタイルなリノベ部屋!賃貸でも作れる自分だけの“秘密のアジト”

即・NYスタイルなリノベ部屋!賃貸でも作れる自分だけの“秘密のアジト”

即・NYスタイルなリノベ部屋!賃貸でも作れる自分だけの“秘密のアジト”

リノベーション賃貸ブランドREISM(リズム)の公式WEBマガジン「REISM STYLE(リズム・スタイル)」より、オススメ記事をピックアップ!連載企画「REISMなHito」には、日々の生活を楽しみ、快適に住みこなすためのノウハウが満載です。今回は、木床と鉄素材を各所に用いたシンプルなリノベーションシリーズ「Union」を“秘密のアジト”のように仕上げた、O・Sさんの暮らしを覗いてみましょう。

賃貸でも作れる、好きが詰まった“秘密のアジト”

大きな出窓とベランダの2面採光を取り入れ、明るく開放感にあふれたタイプの「Union」。白塗装と手触り感のある無垢材パーケットフローリング、そしてアクセントカラーのブラックが、モダンさを演出しています。キッチンと居室を仕切る壁には、居室との一体感を持たせた小窓を配置。遊び心あふれるつくりが魅力的な物件です。

O.Sさんは、大きな出窓に心奪われ、入居を即決しました。
「TVや雑誌の物件コーナーで見て以来、ずっとリノベーション物件が気になって仕方なかったんです。一人暮らしの物件探しを機に、『Union』の存在を知りました。お洒落で変わっていて、この部屋を見た瞬間、もう『住む!』って決めたんです」

採光性に優れた出窓の前には、ワインボトルや時計などがズラリと並んでいます。起き抜けにカーテンを開けたら、清々しい一日の始まり。

明るく開放的な部屋でありながら、自分の好きなモノだけを置いていくと、どんどん“アジト”のような印象に。遮光カーテンの効果も相まって、今ではさながら“秘密基地”の体を成しています。

部屋に設置されている壁面収納には、お気に入りのスニーカーなどを収納。限られた玄関スペースを広々と使えるので、自転車を置いても問題なし!

キッチンスペースも玄関も、モノは置きたいように置き、使いたいように使う。特に一人バーにもなるキッチンは、心安らぐくつろぎの場所。

コンクリートの壁や金属製の配線レールがインダストリアルな印象。ここでは、お酒を嗜みながら、男前な料理を作れちゃいます。

「毎日、部屋に帰るのが本当に楽しくて仕方ありません」

そう感じられるのは、この空間にO.Sさんらしさが凝縮されているという証明。多くのモノであふれていても、自分にとって不必要なものは一切置かないのだから、毎日楽しいアジトへ帰る気分になるのでしょう。傍から見ていて羨ましくなるほど、部屋と住人の個性がマッチしている素晴らしいケースといえます。

ヴィヴィッドなカラーリングのフィギュアや模型を陳列。遊び心に満ちた趣味とこだわりが垣間見えます。

空きスペースは、細部までお気に入りのモノで埋めつくすのがO.Sさん流。壁面のアートは日々、遊び心を刺激してくれます。

オン/オフ問わず受け入れてくれる、大好きな部屋

「両親が昔アメリカに数年住んでいた頃、いろんな家具や小物を買ったんです。それらが好きだったので、この部屋に引っ越す時に、けっこう持ってきちゃいました」

初めての一人暮らしで、この部屋へやってきたO.Sさん。記念すべきリノベーション物件デビューに際し、たくさんのモノをお供として持ち込みました。一見モノが多く雑多にも見えても、この部屋は不思議なバランスを保ち、心地よく統一されています。その秘密は、モノへの愛着にあるといいます。

レザーシューズからスニーカーまで取り揃え、まさにオン/オフ両対応!お手入れグッズも用意しているのは、靴を愛している何よりの証拠。

祖父と母から譲り受けた、ランプやキャンドルホルダーなどの小物たち。長く丁寧に使い続けることで、家族への感謝と愛情を示しています。

メインテーブルとTV台がわりのマガジンラックは、母が昔アメリカで購入したL.L.Beanのカントリー調アンティーク。要所要所でナチュラルな木材が使われたデザインは、「Union」の色調にぴったりハマりました。特にテーブルは、この部屋のインテリアを考える際の基準にしたほど気に入っていのだとか。

インテリアの中心となったテーブルは、ラグやソファなどと好相性なデザイン。こちらも、素敵なくつろぎスペースの1つです。

テーブル下のカーペットやハンモック、ソファにかけたブランケット、靴から小物に至るまで。慣れ親しんできたモノたちと一緒だったからこそ、安心して引っ越しできたそうです。

お気に入りはメインテーブルと、ベッドにもなるソファ。自分の心と体を癒やす家具に囲まれて、安心感に浸る幸せ。

自宅でも少し仕事をするので、ワーキングデスクだけは新調しましたが、すべての家具を新しく買い替える選択肢は全くなかったというO.Sさん。モノを大切にするあたたかい気持ちと姿勢が、部屋全体の雰囲気からも伺えます。改めて、部屋は住人の心を映す鏡なのかもしれませんね。

カスタマイズはまだまだ進行中。次々に浮かぶ楽しいひらめきとは

「壁のアートは、もっと広範囲にやってみたいと考えています。とにかく、部屋全体をどんどんハチャメチャにしていきたいんですよ。だから、この部屋のシンプルだけど自由なつくりは、とてもありがたく感じています。だって、そのほうが遊びがいがあるじゃないですか!」

そう熱く語るO.Sさんはいま、この秘密のアジトをもっと色濃く自分仕様にカスタマイズするという野望に燃えています。“秘密基地”を彷彿させる場所だけど、友だちもたくさん呼びたいから、“秘密主義”ではない。「そこがまた楽しい」とO.Sさんは話します。

少し前、引っ越し祝いにと友だちが7人ほど泊まりがけで遊びに来た時には、みんながそれぞれに居心地のよさを満喫して、笑顔で帰って行ったそうです。そんな風に人を幸せにする力が、この部屋には満ちあふれているのかもしれません。

子どもの頃に憧れていたモノたちが、今はすぐ目の前に勢揃い。”大人のアジト"とは、夢を具現化した形なのかもしれません。

オンとオフを切り替えたり、自分自身を表現したり、趣味を満喫したりetc. ここは、O.Sさんが持つあらゆる面を受け入れて、個性を120%発揮させてくれる部屋。過ごしているだけで人間性が磨かれそうな、素敵で不思議なこの空間は、これからも目を見張る進化を続けていくのでしょう。とめどない部屋への愛情と、たぎる情熱とともに。

キッチンとのゾーニングをキレイな光で演出してくれる、お気に入りの小窓。いつもここに居るため、料理の腕がメキメキと上達中。

INFORMATION

Union

永く愛され続けるモダンデザインをベースにしたリノベーションシリーズ。パーケット調の木床と鉄素材を所々に用いたシンプルな部屋は、経年変化で味わい深い変化を生みだします。時代に左右されない、上質なモダンにこだわった空間です。

https://www.re-ism.jp/search/series/union/


REISM STYLE

リノベーション賃貸ブランドREISMによる公式WEBマガジン。ライフスタイルをエンジョイし、物件に“住みこなす”人々を紹介する「REISMなHito」や、モノを通じたライフスタイルの楽しみ方をREISMの視点でレクチャーする「REISMなMono」などのコンテンツを掲載中。

https://www.re-ism.jp/reismstyle/


最終更新日:2019年11月12日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。