ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
子供部屋で姉妹愛を育むには、サイズではなくスケールが大事

2016年01月15日

夫婦漫才

子供部屋で姉妹愛を育むには、サイズではなくスケールが大事

明海大学不動産学部学生コラム 1

子供部屋で姉妹愛を育むには、サイズではなくスケールが大事

著者が姉妹で使っていた『こども部屋』。妹が独立したいまは独占している。

姉妹と間取りの関係

入学当初は他の学部に在籍していましたが、2年生から、この不動産学部に転部してきました。転部してすぐは、法律や不動産の専門的な授業に閉口していましたが、不動産学部で知り合った友達に助けられながら毎日楽しく大学に通えています。

このコラムでは、私の育った『子供部屋』に考えてみます。私には2歳下の妹がいます。妹が産まれてから、彼女が数年前に結婚して独立するまで、ずっと同じ『子供部屋』で育ちました。

小さい頃はよく喧嘩もしましたが、今ではくだらない話から悩みまで話せて、毎日連絡取り合っているくらい仲がいいのですが、その理由を考えてみると、やはり『子供部屋』に行き着きます。兄妹、姉妹が一つの子供部屋を共有して使うことのメリットを、実体験として上げていきたいと思います。

姉妹愛を育んだ子供部屋

まず1つ目に、「一緒の部屋であったこと」で生まれた膨大な会話量。
姉妹で同じ部屋と聞くと、1人になる時間がなかったり、友達を家に呼ぶことができないなど、デメリットばかりが浮かびがちですが、私たちは姉妹が同じ部屋であったため、けんかしてしまった日でも同じ部屋で寝ていたことで会話をしていました。

次の日朝起きたら、今まで通りおはようの会話で始まり、前日の喧嘩なんてなかったことになっていたのも、同じ部屋だからこそでした。

幼少期の写真。

2つ目は、「物を共有」して使えること。
ヘアアイロン、化粧水、テーブルや鏡など1つの部屋に2つも要らないようなものすべてを共有して使うようにしていました。部屋が物で溢れかえってしまい散らかってしまうからから自然の成り行きでしたが、共有して物を使っていると共通の話題が増えます。

朝、学校へ行く支度をしているときも同じ鏡台を使っていたので、必ずコミュニケーションする時間が作れました。同じものを使うという、些細なことで、必ず会話が生まれ、毎日その生活をしていると、お互いの生活パターンに変化があった場合にすぐに気付くことができました。

3つ目は、「姉妹でいる時間が長かったこと」です。
私たちは姉妹で同じ部屋で過ごしていたので、他の人よりも多く姉妹での時間を共有できましたが、私の家は親が朝から晩まで働いていたので、なおさら、姉妹で濃密な時間を過ごせました。

2段ベッドは寝ていても顔を合わせることがないので、1人の籠もり空間の雰囲気を味わえつつも、怖いくて心細い夜には下に妹がいると安心できました。
もちろん、私たちは、自分から希望して一緒の部屋にいたわけではなく、親の都合で自然とそうなっていました。もちろん、ずっと一人部屋に憧れてきましたが、今となっては同じ部屋でよかったと思います。

永井 由莉奈 明海大学不動産学部所属の不動産女子:将来の夢は、丸の内で働くOL。お金を貯めて、いろいろな国を旅すること。あとは、結婚して幸せになることです!

明海大学不動産学部小松広明准教授から一言


部屋はサイズではなく、スケールで考えたい

ヒューマンスケールという言葉があります。人の体や運動の能力を基準として空間のサイズを考えることを指します。不動産の価値を把握するうえでは、サイズとスケールを区別することが大切です。サイズは、部屋や土地などの具体的な大きさを示します。これに対して、スケールとは比であり、周囲との相対的な関係が考慮されます。一般に人の感性には、サイズよりもスケールが大きな影響を与えます。永井さんの例は、子供部屋の大きさが、幼少期の姉妹にとって、コミュニケーションを取るに相応しい空間サイズであったということの好例といえるでしょう。子供部屋であれば、すぐさま6畳というサイズに偏った慣例ともいうべき見方は、改める必要があるかもしれません。部屋と使用する人との相対的な関係に目を向け、ヒューマンスケールでそれぞれの家族にとっての幸せな間取りを考えたいですね。

明海大学不動産学部准教授 小松広明:専門分野:不動産ファイナンス、不動産投資行動論、筑波大博士(経営学)、不動産鑑定士、技術士(建設部門)

最終更新日:2018年08月31日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。