ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
保存性と美味しさが飛躍的にアップする!最新冷蔵庫の選び方

2017年03月15日

夫婦漫才

保存性と美味しさが飛躍的にアップする!最新冷蔵庫の選び方

家電パパのこれいいね!(7)

最新の冷蔵庫が搭載している機能をしっかり理解しよう(写真:アフロ)

最新の冷蔵庫が搭載している機能をしっかり理解しよう(写真:アフロ)

ファミリー向け、賃貸派向け、サブ用途。冷蔵庫あれこれ。

多くの家電製品の中でも一般家庭への普及率が最も高いのが、冷蔵庫です。総務省統計局が2015年7月31日に発表した「主要家電製品の世帯普及率」において、冷蔵庫は1位で、98.9%とほとんどの家庭に普及しているという結果でした。

しかし、最新の冷蔵庫が搭載している機能をしっかり理解して使っているでしょうか。また、買い換えるとき、ライフスタイルにあった冷蔵庫を選べているでしょうか。そこで今回は、最新冷蔵庫が搭載するさまざまな機能を紹介するとともに、ライフスタイル別の選び方を紹介いたします。

毎日料理をしっかりするファミリーは大型モデルを

まず、冷蔵庫を選ぶ上で大切なのは、できるだけ大きなサイズを選ぶということです。というのも冷蔵庫は庫内総容量が大きいほど省エネ効率が高まります。たとえば、400Lクラスの冷蔵庫よりも、600Lクラスの冷蔵庫の方が、年間消費電力量は低いという場合もあるのです。

もちろん、容量の大きな冷蔵庫の方が本体価格は高くなりますが、冷蔵庫は詰めすぎると冷蔵効率が下がるため(冷凍庫はぴっちり詰めた方がいい)、冷蔵効率の面でも大きめを選ぶのがオススメです。

そしてもうひとつ大型冷蔵庫をオススメする理由が、より多くの温度帯で食材を保存できる機能を搭載していることにあります。例えば三菱電機の冷蔵庫では、0~-3℃の「氷点下ストッカー」と-7℃で美味しく保存できる「切れちゃう瞬冷凍」を用意。すぐ食べる食材は、冷蔵庫へ、そして保存期間が長いほどに、より温度の低い部屋に入れるという使い方ができます。

より多くの温度帯で食材を保存できる機能を搭載する大型冷蔵庫(写真提供:三菱電機株式会社)

より多くの温度帯で食材を保存できる機能を搭載する大型冷蔵庫(写真提供:三菱電機株式会社)


三菱電機のMR-WX70A(実勢価格:40万6780円:2月13日著者調べ)は機能フル装備の700Lクラスの冷蔵庫。本体幅は80cmと大きいが収納力も非常に高い。同等の機能を搭載したモデルは470Lクラス(実勢価格:27万7200円:2月13日著者調べ)からも選べる。

また、パナソニックの冷蔵庫では、食材が凍り始めるぎりぎりの温度、-3℃で保存する「微凍結パーシャル」という機能を搭載。また、0℃前後で保存するチルド機能も備えています。この「パーシャル/チルド切替室」に食材を保存することで、通常の冷蔵(3~7℃)と比べて食材の鮮度を長く保持でき、さらに冷凍と違って解凍することなく、調理できます。

【各社の冷蔵庫が搭載する、主要な保存室と温度】
●冷蔵室(3~7℃)
・日立「真空チルド(0℃前後)」
・シャープ「うるおいチルド(0℃前後)」
・パナソニック「チルド室(0℃前後)」
・パナソニック「微凍結パーシャル冷凍(-3℃)」
・三菱電機「氷点下ストッカーD(-3~0℃)」
・三菱電機「切れちゃう瞬冷凍(-7℃)」
●冷凍室(-17℃前後)

複数の温度帯を設定できる保存室は、多くの場合、400Lクラス以上の冷蔵庫にのみ搭載されます。家庭で積極的に料理をするという場合、食材の美味しさを最適に保つ機能を搭載している点でも、大型モデルの冷蔵庫を選ぶのがおすすめです。

賃貸暮らしなら「どっちもドア」が便利

大きい冷蔵庫がオススメとはいったものの、課題はあります。まずは、置き場所です。たとえば、マンションでは、一般的に幅60cmのスリムな冷蔵庫を設置できるようにしてあります。しかし、幅ギリギリの冷蔵庫を設置すると、ドアが大きく開かなかったり、背面の熱が逃げず、冷却効率が下がってしまったりすることもあります。大型冷蔵庫の機能や性能は見逃せませんが、まずは、設置場所を確認して、そのサイズ内の最も大きなモデルを選びましょう。

もうひとつ重要なのが搬入です。特にリビングが2階にあるような戸建ての場合、階段を回れるサイズを選ぶ必要があります。クレーンなどを使って窓から入れる方法もありますが、買い換えや、引っ越しなどがあるとそのときに手間や余計な費用がかかったり、搬入がそもそもできずに買い換えになってしまったりする場合があることは知っておきましょう。

将来的に引っ越しをする可能性のある、賃貸住宅の方におすすめしたいのが、シャープの「どっちもドア」タイプの冷蔵庫です。

冷蔵庫は400L後半以上の容量になると、真ん中が分かれて左右にドアが開く、フレンチドアが主流になります。これならドアの開きを気にする必要はありませんが、400L以下になると、右開き、左開きを選ぶ必要が出てきます。引っ越しなどで冷蔵庫の設置位置が変わると、この開きの向きで冷蔵庫が使いにくくなることがあるのです。

しかし、シャープの「どっちもドア」タイプの冷蔵庫なら、左右どちらからでも開けるので、その心配が不要。420Lクラスまで選択できます。

「どっちもドア」タイプは引っ越しなどで冷蔵庫の設置位置が変わる賃貸住宅の方におすすめ(写真提供:シャープ株式会社)

「どっちもドア」タイプは引っ越しなどで冷蔵庫の設置位置が変わる賃貸住宅の方におすすめ(写真提供:シャープ株式会社)


シャープのSJ-GT42C-W(実勢価格:24万6240円:2月13日著者調べ)。400Lクラス最大級容量の冷凍室「メガフリーザー」を搭載し、冷凍品をたっぷり保存できる。

サブ用途で使えるコンパクト冷蔵庫にも注目

これまで冷蔵庫といえば、キッチンに設置するのが当たり前でした。しかし、最近では便利な小型冷蔵庫が続々と登場しており、書斎などに冷蔵庫を設置するシーンも増えています。たとえばシャープでは、デザイン性を重視したガラスドアを採用した小型冷蔵庫を140Lクラスでも用意。ドアの開きは左右で変更できるため、模様替えや別の部屋に置くことになったときも安心です。

書斎などの利用シーンが想定される小型冷蔵庫(写真提供:シャープ株式会社)

書斎などの利用シーンが想定される小型冷蔵庫(写真提供:シャープ株式会社)


シャープのSJ-GD14C(実勢価格:6万4800円:2月13日著者調べ)。写真のピュアブラックのほか、クリアホワイト、メタリックベージュも用意している。

コンパクトな冷蔵庫ながら46Lと大きな冷凍庫を装備しているのが特長。食材をたっぷりと保存できます。

また、もっとコンパクトで飲み物だけを保存できればいいといったニーズなら、レコルトの「Personal Cooler Box」(実勢価格:1万1664円:2月13日著者調べ)も選択肢に。これは350mL缶なら12本収納できる、コンパクトな冷蔵庫。冷却方式にペルチェ方式を採用しているため、庫内温度は室温から-15℃まで調節できます。ベッドサイドやソファの横などに気軽に置いて、冷たい飲み物を取り出す、という風によりカジュアルに利用できます。

ベッドルームやリビングルームに飲み物だけを気軽に保存する(写真提供:ウィナーズ株式会社)

ベッドルームやリビングルームに飲み物だけを気軽に保存する(写真提供:ウィナーズ株式会社)


冷蔵庫は1度購入すると10年近くは使う家電です。しかも、365日、24時間使い続けます。だからこそ、できるだけ省エネ性が高く、家族構成や住宅条件にあった機能を搭載する製品を選ぶのがおすすめ。そのときは、置ける範囲でちょっと大きめのサイズを選ぶのがコツです。また、ライフスタイルが変化するなか、サブとして2つ目の冷蔵庫を持つのもひとつの手といえそうです。

コヤマタカヒロ(3人娘を育てる子だくさんの家電パパ)

最終更新日:2017年03月15日


キーワードを入力してください

キーワードから探す

本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。