ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
どうしても捨てられない服を、簡単リメイク!

2017年04月19日

夫婦漫才

どうしても捨てられない服を、簡単リメイク!

直線縫いだけでOKの作り方

どうしても捨てられない服を、簡単リメイク!

素材はいろいろ、サイズも少しずつ違うが作り方はほぼ同じ

捨てられない服には次の役目を

気づけばどんどん増えてしまい、なかなか捨てられない服。気に入って買ったけど似合わない、サイズが合わなくなった、プレゼントしてもらった思い出があるなど、好きな服であればなおさらですね。


そんな服たちに「第二の人生」を送ってもらう形でお別れするのはいかがでしょうか。少し変わった方法ですが、一気に片づく簡単リメイクをご紹介します。

子どもの服として着倒して気分よく処分する

捨てられなくて箱にしまいこんでいた服の山。しかもこれで全部ではない


今回おすすめするのは大人の服から作る子ども服。「サイズアウトしたら心おきなく捨てられる」「着た姿がいい思い出になる」など、「たまった服を罪悪感なく減らす」という視点で見るとたくさんのメリットがあります。そして、リメイクするのに「ギャザースカート」はとくにおすすめです。


ギャザースカートの場合、上記のメリットに加えて

  • 小さな傷みや汚れ、テクニック不足がギャザーに隠れて目立たない
  • ウエストサイズの幅が取れれば長さはいろいろでOKなので、手持ちの服を活用しやすい
  • 直線縫いだけなので短時間でどんどん作れる
  • 型紙を使わず、直接しるしをつけてもOK

など、初心者にもうれしいポイントがあります。

リメイク成否のカギ、服の選び方

大人の服には子ども服とは違った色柄や素材感のものも多く、意外性も楽しみの一つですが、残念ながらリメイクに向かない服もあります。作る前の見極めが大切です。初めてでも作りやすいのは適度なハリと厚みがあって柔らかく、すべらない生地の服。ツルツルしたものや薄すぎるものは縫いにくいので避けます。平織りやごく薄手のコーデュロイ、ネルなどの綿や麻などが向きます。シャツ程度をイメージすると間違いありません。


また、子どもの服は洗濯回数も多いので、洗濯機洗いに耐えるものを。心配な場合は作る前に一度洗っておくと確実です。材料選びをしながら着ていない服に袖を通して素材感などを確認してみると、「着ることはなくリメイクにも使えない服」が出てくるので、処分に弾みがつくかもしれません。


【サイズ100(3~4歳)くらいのギャザースカートを作る場合、必要な布の大きさ】

  • 幅:90~100cm+ぬいしろ分(1~3cm程度)
  • 長さ:22~28cm程度+ぬいしろ分(上下それぞれ5~8cm程度)

これくらいの大きさの布が取れるかどうかもチェックしましょう。型紙を作っておくと、当てるだけで確認できて便利です。

いちばん簡単な作り方、2パターン

メンズSサイズのシャツとレディースMサイズのチュニックを使った2種類のリメイクをご紹介します。これ以外に用意するものは、ウエストに入れるゴム(長さ45~50cmくらい)と縫い糸と針。ミシンがあるとラクですが、手縫いでもなんとか作れます。


どちらもサイズ100(3~4歳)くらいのギャザースカートが作れますが、別のサイズの服を使う場合は上記の必要サイズを目安に。服をつないで合計してもOKです。


●「メンズSサイズのシャツ」を使ってリメイク

メンズSサイズのシャツ。身頃だけ使う

シャツのポケットははずして再利用。テープやボタンなどでデコレーションしてもかわいい


●「レディースMサイズのチュニック」を使ってリメイク

レディースMサイズのチュニック。裾をそのまま生かして下半分を使う

縫うのは1か所だけ!3ステップで完成


ぬいしろは「三つ折り」でも「ジグザグミシンで端を縫う」でもOK。ゴムの通し穴は、縫い合わせて輪にするときに少し残して作ったり、ボタンホールをあけるなどの方法もあります。ゴムは幅2cm程度のものを1本入れても、パジャマなどに使う細いゴムを2本入れてもOK(どちらも100円ショップで購入可能)。持っている道具や仕上がりの好みに合わせます。

アイデアしだいでいろいろ作れる

洗濯で縮んでしまったブラウスは手持ちの子ども服を当てて袖下と脇をカットし、チュニックに。後ろがファスナーで開くフレアスカートはファスナー部分を生かして後ろあきのワンピースに。


素材としてイマイチな服を処分し、使えるものを子ども服にリメイクすることで、筆者宅では写真の服の山がほぼ消滅。
新品に近い服を素材にした場合は、ちょっとしたプレゼントにしたり、バザーやフリマで売るといった手放し方もできそうですね。子どもが着る姿を見ていると、眠っていた服も喜んでいる気がします。ご自分や身近にお子さんがいる方、簡単なのでぜひおためしを。


(写真・文:高柳涼子/イラスト:ウエノレイコ)

最終更新日:2017年04月19日


キーワードを入力してください

キーワードから探す

本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。