ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
リサイクルやリユースで不用品を捨てずに気分よく手放そう!

2017年07月03日

夫婦漫才

リサイクルやリユースで不用品を捨てずに気分よく手放そう!

そのまま捨てる以外にできること

リサイクルやリユースで不用品を捨てずに気分よく手放そう!

(写真:アフロ)


片づけをがんばると必ず出てくる不用品。ためらいなく捨てられるものばかりなら問題ないのですが、正しい捨て方がわからないものや、ただ捨てるのはどうしても惜しい……というものもあります。そんな不用品たちを気分よく手放すには? 「なごみスタイル」の整理収納アドバイザー、澤田真美子さんに教えていただきました。

捨てずに処分するにはどんな方法がある?

衣類や食器、本、CDやDVD、電化製品などさまざまなタイプの不用品が出る家庭の片づけ。ほとんど使っていないものや、壊れていないものなど、自分にとっては不用品でも、そのままゴミとして処分するのは気が引けるものも出てきます。そんなものたちを「気分よく捨てずに処分する」にはどんな方法があるのでしょうか。


「大きく分けて3つの方法があります。1つは洋服や靴などの下取り。引き取ってもらうお店での買い物に使えるクーポンや値引きなど、お金に近い形に換えられます。2つめはネットオークションやフリマアプリで個人に売る、リサイクルショップに持ち込むなどして現金化する方法。3つめが、不用品を誰かに譲る、代わりに売却して利益を寄付してくれる業者に引き取ってもらうなどの方法で、直接的・間接的に社会に貢献できる方法です」(澤田さん)

どれが自分に合う? サービスの選び方

不用品を処分する3つの方法は、それぞれどんなケースに向くのでしょうか? 選ぶときの注意点もお聞きしてまとめてみました。


方法1:下取りでクーポンや値引きに換え、買い物に使う

下取りの対象を自社製品に限定しているところから、他社製品や穴があいているものもOKのところまであり、条件はさまざま。また、クーポンに有効期限があったり、「○○円以上のお買い物で1枚使える」などの条件があるケースが多いので、そのお店に日ごろから行っていたり、確実に買い物をする予定があるなど、条件を無理なく満たせる場合におすすめです。


方法2:リサイクルショップや個人間取引で現金化

・リサイクルショップなどの買い取り

本、雑誌、写真集、ゲーム、携帯電話、衣類、楽器、靴やカバンなどはリサイクルショップで買い取ってもらえます。ただし、想定している価格より安くなる場合も多いので、少額でもよいので現金にしたいと考える場合におすすめ。店舗が近くにある場合や、車で持ち込める場合は、もっとも早く手放すことができます。


・ネットオークション、フリマアプリなどの個人間取引

「絶対に○○円以上で売りたい」という希望がある場合には、自分で値段をつけられる方法がおすすめ。メッセージのやり取りや、発送など細々した作業が煩わしくない人に向いています。


「例えば洋服や着物などは、着るために落札する人だけでなく、リメイク用の素材として欲しいと思う人もいます。過去には、壊れた家電や組み立てたプラモデルも、パーツ取りとして落札された経験が。意外かもしれませんが、ノートパソコンのACアダプタ単体、家電類のコンセントも買い手がつきます。衣類、雑貨、趣味のもの、景品の類はまとめて出品した方が成功率が高いですね」(澤田さん)


方法3:リサイクルやリユースで社会に貢献

お金にならなくてもいいけど、捨てるには忍びない。使ってくれる人に譲りたい……という場合におすすめなのが、お金が発生しないリユースやリサイクル。


「ジモティー」などの掲示板やSNSサイトを使って近くの地域内でリユースする方法。発送すると高い料金がかかる家具やベビーカーなども、近くの人なら手渡しが可能。粗大ゴミとして出すよりもお金をかけず、しかも気持ちよく処分できます。他に発展途上国に送って使ってもらうなどの方法もあります。


また、パソコンや家電を引き取って分解し、部品や材料としてリサイクルする業者も。貴重な資源をムダにしないというひとつの社会貢献になります。


「いずれの場合も、引き取ってもらったものが不法投棄などされていたら、元も子もありません。自分の家から出た不用品を業者がどのような流れで処分し、どこに向かうのかをしっかり調べて納得してから依頼しましょう。業者のホームページでも多くの情報を得られます」(澤田さん)


宅配便が簡単に利用できる「買い取りキット」などを送ってくれる業者も多い。箱につめて送るだけで処分できる(写真:アフロ)

整理収納アドバイザーおすすめ! サービス6選

個人宅の整理収納サポートを手がけることも多いという澤田さん。これまでに自分が実際に使ってみてよかったサービスや、整理収納サポートの際におすすめしているというサービスを教えていただきました。


下取りでクーポンや値引きに換え、買い物に使う

●AOKI

スーツ・コート・ベルト・靴・シャツ・ネクタイなどを下取りしてクーポンに引き換えてくれます。新しく購入したい商品によって、500円~最大2万円の割引券があり、同社の製品を購入する際に利用できます。1回につき5点まで持ち込むことができ、他社製品も受け入れてもらえます。


リサイクルショップや個人間取引で現金化

●ドンドンダウン

洋服、カバン、靴など衣類全般をほぼ無条件で引き取ってくれます(着用できないほど傷んでいるものや片方だけの靴などは不可)。シーズンオフのものもOKなので、衣替えで出た衣類をすぐに処分したいときは強い味方。店舗で売れなかったものは海外に輸出してリユースされます。


●エコリング

ブランド品だけでなく、家電や日用品、使いかけの香水や化粧品など幅広く買い取ってくれます。海外にも支店があり、国内で販売できないものは輸出するため、他店では断られるものも買い取ってくれる場合があります。店舗への持ち込みのほか、出張や宅配での買い取りも対応してくれます。


リサイクルやリユースで社会に貢献

●パソコンファーム 

パソコンだけでなくケーブルやソフト、衣類、壊れた家電など、さまざまな品を幅広く引き取ってくれます。送料はかかりますが、引き取り自体は無料です。パソコンはデータを消去してから、それ以外のものも修理や分解を経てリユース、リサイクル。「捨て方がわからないものをまとめて処分できて助かった」という声も多いそう。自分で持ち込めれば車やバイクなどの大物もOKです。


●ワールドギフト 

文房具、洋服、雑貨、ぬいぐるみ、おもちゃなどを宅配便で送ると、発展途上国に輸出してリユースしてくれます。半分くらい残っていれば、使いかけのノートやえんぴつなども受け入れ可能。子どもの成長に従ってどうしても出てしまう不用品を役立ててもらえます。


●Closet for Somebody

整理収納アドバイザーが片づけサポートの際に出た不用な服をその場で引き取るサービス。他の人の服と合わせてプロのスタイリストがコーディネートすることで商品価値を高め、ネットオークションで販売。売り上げは経費を除いて全額日本赤十字社に寄付されます。


捨てずに処分する方法、こんなにあるんですね! 処分にかかる費用や対象となる品物、手間などもさまざまですが、自分にとってラクで気分のよい方法が見つかれば、住まいも心も一気にすっきりします。今回ご紹介した以外にもたくさんのサービスがあるので、片づけを始める前に調べておくのもおすすめです。


(取材・文/高柳涼子) 


監修/なごみスタイル 主宰:澤田真美子さん

小学校教員の経験を持つ整理収納アドバイザー・澤田真美子さんが主宰。個人宅での整理収納サポートは東京、神奈川、千葉、埼玉(一部)が対応エリアとなっている。整理収納アドバイザー講座などの講師も務め、分かりやすくキープしやすい整理収納方法を伝授。ウェブサイトなどでコラム執筆なども務める。


最終更新日:2017年07月07日


キーワードを入力してください

キーワードから探す

本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。