ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
こんがり派、ヘルシー派、あたため派? 最新オーブンレンジ

2017年09月13日

夫婦漫才

こんがり派、ヘルシー派、あたため派? 最新オーブンレンジ

家電パパのこれいいね!(19)

こんがり派、ヘルシー派、あたため派? 最新オーブンレンジ

牛肉のあぶり焼きも(写真:シャープ)

最新のオーブンレンジはこんなにすごい。焦げ目、シンプル、あぶり焼き。

多くの家電製品で普及率が高いのが電子レンジです。一人暮らしでも炊飯器はないけど電子レンジはあるという家は多くあります。今や電子レンジは家庭に欠かせない製品なのです。お惣菜や冷凍食品の温め直しから、レンジ加熱を利用した料理、下ごしらえができます。さらにオーブン機能やグリル、スチーム機能があれば、食材の表面を焦がす、焼き調理や蒸し調理なども可能。今回はそんなオーブンレンジのなかから特徴のある3機種を紹介します。

チンして焼くが一度の操作で。背の低い、コンパクトな三菱電機「ZITANG」。


コンパクトで焦げ目が香ばしい、こんがり調理が得意(写真:三菱電機)


オーブンレンジのカテゴリーで際立つ存在なのが、三菱電機の「ZITANG RG-HS1」(実勢価格7万990円 、7月26日著者調べ)です。一般的なオーブンレンジとは異なり、背の低さが特徴。庫内容量も137Lと小さめです。「ZITANG」はヒーターで直接具材を焼き付けるグリル機能を搭載しています。このため、短時間ですばやく焦げ目をつけられるほか、庫内が小さいため、素早く庫内温度が上昇。余熱なしで調理がスタートできます。朝食にトーストを準備するご家庭では、便利です。


また、さらに便利なのが「リレー調理機能」です。(自動で「レンジ→グリル」をリレーさせる独自の機能)レンジで具材の内部を加熱し、最後にグリルのヒーターで焼き上げます。この連続調理が全自動でできるのです。冷めた揚げ物なども、短い時間で中まで温まり、外はサクッと仕上がります。余熱いらずで、途中操作も不要。しかもコンパクトなのが、「ZITANG」の魅力です。

お料理好きな方必見。過熱水蒸気の先駆け、シャープ「HEALSIO」

ヘルシーで味を追求した本格調理(写真:シャープ)


過熱水蒸気による加熱調理機能をいち早く搭載したのがシャープの「HEALSIO(ヘルシオ)」です。なかでも最新の「AX-XW400」(実勢価格19万2240円 、7月26日著者調べ)はさまざまな最新機能を搭載した、本格的にお料理をする人に注目のモデルです。


「HEALSIO」はレンジ以外の加熱調理を過熱水蒸気だけで行います。このため製品名は「ウォーターオーブン」となっています。新たに搭載したのが、この過熱水蒸気を使って食材の表面をこんがりと焼き上げる「あぶり焼き」機能。オーブン調理時の約8倍の熱量で表面を焦がすことができます。


また、便利なのが「まかせて調理」機能です。これは具材の量や温度帯などをいちいち合わせることなく、食材を調理できる機能。冷凍の肉と常温の野菜、冷蔵庫に入っていた副菜などを一緒にトレイに入れて調理できます。


この時、選択するのは「焼く」「炒める」「揚げる」「蒸す」といった加熱方法を決めるだけ。過熱水蒸気は温度の低い具材から順番に加熱していくため、完成時にはすべての食材の温度が一緒になります。食べたい食材をセットするだけで簡単に料理できます。


「おはなし」ボタンやインターネット接続機能が気になるUI


また、最新技術として面白いのが、音声認識機能を搭載していること。ネットに接続すると、音声でレシピを相談したり、新しいレシピをダウンロードしたりできます。さらにAI(人工知能)による学習機能も搭載しているので、好みのメニューも覚えてくれます。


「HEALSIO」といえば、過熱水蒸気によるヘルシー調理のイメージが強くありますが、最新版なら、こんがり調理や音声認識機能も重宝しそうです。

基本性能が高いマルチなオーブンレンジパナソニック「ビストロ」


煮物まで作れるオーブンレンジ(写真:パナソニック)


オーブンレンジをメインの調理家電として活用したいと考えるなら、電子レンジ機能、オーブン機能、グリル機能などすべての機能が高いレベルにある、マルチな製品が求められます。そのニーズを満たすのがパナソニックの「ビストロ NE-BS1400」です。


一番のポイントは使用頻度が高い電子レンジ機能が優秀なこと。マイクロウェーブをらせん状に放射することにより、食材を内部から温めることができるため、凍った肉なども真ん中が凍ったままということがありません。また、センサーが、庫内の温度や食材の分量などを見分けて温め・解凍してくれるため、短時間で効率よく料理が進められます。これらの機能を利用して、電子レンジでパスタやカレー、煮物を作ることも可能です。


さらにオーブンやグリル、スチーム調理機能も充実。なかでもグリル機能では、庫内上部の大火力極め焼きヒーターとビストロスピードグリル皿で上下同時に食材を焼くことが可能。これらの機能を利用した短時間メニューやグリルとレンジ加熱を同時に行う2品同時調理機能も用意。コンロなどを使わずに素早く多彩な料理ができるのが「ビストロ」ならではの魅力です。



ここまで、筆者が気になっている最新オーブンレンジ、3製品をご紹介しました。それぞれ、手軽にこんがりと焦げ目を付けられる機能やヘルシーな肉のあぶり焼きができる本格調理、煮物まで作れるセンサー機能が特徴です。


まずは、ご自宅にある調理器具を確認して、どの機能があるとうれしいのかを確認してみて選ぶといいですね。


コヤマタカヒロ(3人娘を育てる子だくさんの家電パパ)


【参考サイト】

最終更新日:2017年09月13日


キーワードを入力してください

キーワードから探す

本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。