ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
大きめボックスとマステで!頑張らなくていいストック管理術

2017年10月04日

夫婦漫才

大きめボックスとマステで!頑張らなくていいストック管理術

買いすぎも買い忘れも卒業しよう

大きめボックスとマステで!頑張らなくていいストック管理術

マスキングテープがラベルにも買い物メモにも!

中身を書いて貼るだけ!開けずに中身を把握

10年ほど前に個人向けの商品が登場して以来ブームが続き、今ではすっかり定番アイテムとなったマスキングテープ(マステ)。色柄も豊富でインテリアのデコレーションやかわいい小物づくり、ラッピングなどに大活躍ですが、実は片づけの場面でも便利なのはご存知でしょうか。今回はラベリングと買い物メモを兼ねたストック管理の方法をご紹介します。


ペンなどで簡単に書き込め、きれいにはがせてまた貼れるマスキングテープ。その特徴を生かすと買い物メモとしても活用することができます。


用意するのは以下の3つだけ。

  • 大きめのボックス
  • マスキングテープ
  • ペン

マスキングテープは、淡色の無地が読みやすいです。柄ものの場合は、淡い色合いがおすすめです。


あとは、マステでラベルを作るだけ。

  1. ボックスに入れる
  2. 入れたものをマスキングテープに書く
  3. ボックスに貼りつける

の3ステップです。


筆者宅ではゴミ箱の陰がストック用ボックスの定位置。上から見ることが多いのでラベルはフタに貼っている

仕切らないから入れるのがラク!たくさん入る!

ボックスは中を仕切ったりせず、基本的にどんどん放り込むだけ。仕切らないことで中身の変更に対応しやすく、大きさを最大限に活用できるのも、メリットのひとつです。

海苔は破れないようにボックスの内側に沿わせて入れる


入っているものの名前をマスキングテープに書いたら、ラベルとしてボックスに貼っていきます。このとき、パッケージ1つにつきラベル1枚を準備するのが鉄則。こうすれば、いただきものやまとめ買いで一時的に増えた場合も、手元にある量がひと目でわかります。種類ごとに色や貼る場所を分ければ、さらにわかりやすくなりますね。

ペンではっきりと書く。パスタは種類も忘れずに!

はがすと買い物メモに変身。買ったらまた貼り直す

在庫の管理には、何度でも貼ってはがせるという特徴を生かします。ボックスから中身を出したら、同じタイミングでラベルもはがしてボックス以外の場所に移動。そのまま買い物メモになります。


冷蔵庫の扉はよく目に入るので忘れにくい


貼りつける場所は、手帳やメモ帳、財布など常に持ち歩いているものや、冷蔵庫や玄関のドアなどよく目に入る場所がおすすめですが、生協などの宅配で買っているなら注文用のカタログに、ネットで注文しているならパソコンに……と、購入するときに必ず使うものに貼ると、さらに忘れにくくなります。

秘技(?)ポイントカード貼り。万が一忘れていても最後の砦・レジで気づける


食品が手に入ったらボックスに放り込み、ラベルを貼り直して完了。この流れを続ければ、ストックを過不足もストレスもなく管理できます。


リストを作ったり、メモに書き出したりしていても、今使いたい砂糖がなぜか切れていたり、逆に家にあるものを買ってきてしまったり……と、なかなかうまくいかなかった筆者宅のストック管理。シンプルなこの方法に行き着いてから、何も考えなくてもうまく回るようになりました。とても簡単な方法なので、お悩みの方はぜひお試しを!


(文/高柳涼子)

最終更新日:2017年10月04日


キーワードを入力してください

キーワードから探す

本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。