ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
子どもだけじゃもったいない!AR地球儀を比較してみた

2018年02月20日

夫婦漫才

子どもだけじゃもったいない!AR地球儀を比較してみた

おうちガジェットのすすめ #3

子どもだけじゃもったいない!AR地球儀を比較してみた

興奮の大きさに対し、安全に遊べるのが親としてはありがたい

いま話題のAR地球儀型。ほぼ日のアースボールとOrboot

2歳児と夫の3人暮らしの筆者が、家庭をラクに、楽しくするガジェットをご紹介する連載です。


今回はいま話題のAR(※)連動の地球儀型おもちゃ2つを比較してみました。

※拡張現実。現実にコンピュータにより視覚・聴覚・触覚情報を重ねて現実を強化・増強する技術


比較したのは以下の2つです。 


  • ほぼ日のアースボール(ほぼ日)
  • Orboot(PlayShifu)


おおまかな仕組みは似ていますが、遊び比べてみるといろいろな違いがありました。

ほぼ日のアースボールを試す

  • 材質:ビニールのボール(空気で膨らます)
  • 地球儀に書いてあるもの:日本語と英語併記。イラストなし。
  • AR認識対象:地球儀全体


2歳児が持つとこれくらい。大きめのビーチボールという感じ。


「ほぼ日のアースボール(以下、アースボール)」はその名の通り、ほぼ日手帳でおなじみの「ほぼ日刊イトイ新聞」が販売している、AR連動の地球儀です。

本体は地球儀というよりは「地球ボール」という感じの、空気でふくらませるビニールボールです。


そのため、AR連動がいまいち理解できないうちの2歳児も、とりあえずボールとして楽しんでいるようです。親としては怪我の心配をしなくていいのがとにかく安心!


兄弟のいるご家庭でも、上の子はアプリと連動して、下の子はボールとして楽しむことができそうです。

ふわふわのアースボールは日本語コンテンツ

AR連動コンテンツは、専用アプリをスマホにインストールし、アプリにAR連動コンテンツをダウンロードして使います。

2017年12月20日現在で、楽しめるのは、「世界の国々」「小学館の図鑑NEO新版『恐竜』」「せかいをはっけん!NHKの映像セレクション」など7種類。


AR連動コンテンツ「世界のアイコンを見てみよう」を起動したところ。


ただし、アプリをインストールしただけではすべてが楽しめるわけではないので、要注意です。特に映像コンテンツはダウンロードに時間がかかるので、お子さんと楽しむ際には、事前に余裕をもってコンテンツをダウンロードしておくのがおすすめです。

インド発のOrbootはプラスチック地球儀

  • 材質:プラスチックの地球儀
  • 地球儀に書いてあるもの:言葉なし。イラストあり。
  • AR認識対象:地球儀に描いてあるイラスト


アースボールより一回り小さい地球儀。


「Orboot」はインドのPlayShifu社が提供する、AR連動地球儀で、我が家はキックスターターで手に入れました。


Orbootはアースボールと違い、地球儀として机の上に置いて使う想定で作られているようです。

そのため、ある程度固定できる分、ARマーカーの読み取りはしやすいです。

また、アースボールはボール全体がカメラに入るように、かなり引いて操作する必要がありましたが、Orbootは地球儀上にプリントされているイラストを読み取るので、比較的安定して操作できます。


材質はプラスチックなので、2歳児には、ちょっと早すぎたかもしれません……、いつOrbootを叩き割るかとヒヤヒヤしました。

「日本の城」のイラストにAR読み取りカメラをかざしたところ。

全部英語で説明してくれるOrboot。英語教育にいいかも

コンテンツはすべて英語で、かなり作り込まれた内容です。


例えば、動物のイラストを読み込むと、その動物の説明がかなり詳細に英語のナレーションで読み上げられ、かつ、動かすこともできる3Dモデルも表示されるなど至れり尽くせり。


生物や社会の勉強としてはもちろん、大人の英語教材としてもかなり活躍しそうです。


ただ、起動時にほぼ半強制的にコンテンツのアップデートを促されるので、こちらもやはり、時間に余裕をもってアプリを起動しておくことがポイントです。


「日本の城」代表は姫路城でした!3Dモデルと説明が表示されました。


親としてのざっくりの対象年齢でいうと、アースボールは3~10歳くらい、Orbootは5~12歳くらいが楽しめそうだなという印象でした。


読み取るコンテンツによって、幅広い年齢が楽しめるのが、AR連動地球儀の特徴かもしれません。


子どもはもちろん、大人にも新鮮な体験を与えてくれるAR連動地球儀、これからさらに増えていくかもしれませんね!


著者プロフィール:ルミエ(Twitter :@lumie007)

都内在住・在勤、一児の母。特技はゾンビメイク

【参考サイト】

最終更新日:2018年09月13日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。