ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
マグネット収納でバスルームを快適に!収納力不足も解消

2018年05月10日

夫婦漫才

マグネット収納でバスルームを快適に!収納力不足も解消

取りつけも移動もラクラク!

マグネット収納でバスルームを快適に!収納力不足も解消

壁にピタッとつくので、備えつけの収納のようなスッキリ感も魅力

ユニットバスの壁に磁石がくっつくって知ってる?  

突然ですが、ユニットバス(システムバス)の壁に磁石がくっつくことはご存じですか? 表面がプラスチックでも内側は鋼板の場合が多く、壁面のどこにでもくっつきます。また、最近はカビ対策のために表面に凹凸加工が施されていて、吸盤や両面テープが使えない壁面も。そんな場合にもマグネット収納グッズが便利です。

新生活を迎える人も多いこの時期。「引っ越してみたら収納が足りない」「前の住まいで使っていた吸盤タイプが使えない」「置きたいアイテムが増えた」といった人にはとてもおすすめです。

まずは壁面に磁石を近づけてみると……くっついた!

マグネット収納にするとこんなにいいことが!

筆者宅で以前から改善したいと思っていたのが、備えつけの収納に収まりきらなくなって直置きしていたボトルと、かける場所がなくて浴室乾燥機用のバーが定位置になってしまっている掃除用具の収納でした。

引っかけることでカビの心配はほとんどないものの、湯船につかるといつも目に入るのがネック


そこで、ボトルを収納するラックタイプと、フックをかけて使えるバータイプの2種類を購入してみました。実際に使って感じたメリットを、吸盤やテープなどで壁に接着するタイプやステンレスワイヤーラックなどとの比較も合わせてご紹介します。

底面全体にスリットが入って水切れがよい、バスルーム用ならではのつくり


マグネット収納のアイテムはキッチン用でも数多くありますし、100円ショップなどでも買えますが、それらをバスルームで使うとサビる危険があります。少し割高ですが、必ずバスルーム用を選びましょう。

接着する面にはサビにくいラバータイプの磁石が全体に張ってある 


実際に使ってみると、想像以上のメリットがありました。

  • 設置場所の自由度が高い

壁面のどこにでも好きなところにつけられて、微調整も簡単。使いにくさを感じたらすぐ別の場所を試せる。シールタイプや、吸盤タイプにくらべて自由度が高い

  • 移動がラクラク

簡単に外せるので移動も簡単。使うときだけ目の前に置いてそれ以外は壁に戻す、掃除のときはまるごとバスルームの外に出す、危険なものを子どもの手が届かない高さに置く……などの使い方ができる

  • 手入れが簡単

水切り穴やスリット、凹凸が少ない形状のおかげで、汚れがたまりにくく掃除もしやすい。接合部などが意外と掃除しにくく、ズボラには清潔感を保ちにくいステンレスワイヤータイプに比べて手入れが簡単

少し高い位置に取りつけて大人用のアイテムを収納


かけたいものの構造がまちまちなので、シンプルなタオルバーとフックを併用


購入前に少し心配していた耐荷重も、まったく問題ありませんでした。全面に磁石が張ってあるおかげで、落ちてこない頼もしさがある一方で、少し力を入れればちゃんと外れるという絶妙な接着力で支えてくれています。


今回ご紹介したタイプ以外にも、小さなフック1つずつや石けん置き、長めのバーにいくつかフックがついたタイプ、シャワーフックやミラーなど、さまざまなマグネットタイプのバスルーム収納があります。増やしたいときはもちろん、ちょっと使いにくいところを改善したいときにも強い味方となってくれます。


バスルームの使い勝手をどうにかしたいと思ったら、まずは磁石が壁につくかどうか試してみましょう。


(取材・文/高柳涼子)

最終更新日:2018年08月30日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。