ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
やる気を引き出す!子どもに掃除・片付けの習慣を身につけさせる...

2018年06月22日

夫婦漫才

やる気を引き出す!子どもに掃除・片付けの習慣を身につけさせる方法

子ども用の記録シートを作ってみた

やる気を引き出す!子どもに掃除・片付けの習慣を身につけさせる方法

毎日コツコツ片づければ散らからない…はずですが。(写真:アフロ)

学校の課題カードがヒント!子ども用の記録シート 

習慣にするのはなかなか難しい、子どもの片づけや掃除。子どもは遊ぶのを優先しがちですし、何かに集中しているのを中断されるのもイヤなものです(言われる前にやれればいいんですけどね)。わが家の小学生もそんな日々が続いていたので、対策を考えることにしました。


最終的には自分でキレイな状態を保ってほしいものですが、まずは「毎日の習慣にする」「掃除・片づけの心理的ハードルを下げる」「キレイにしておくと気分がいいことを知る」あたりを目標に定めました。


取り組みにあたって参考にしたのが、小学校で使っているさまざまなカードやシート。毎日の「音読」や「植物の観察」から「社会科見学の記録」「将来の自分」まで、実にいろいろなものを作っています。ただ記録するだけでなく先生に見てもらうことでやる気が続き、感想やまとめを加えることによって自分の気持ちや課題の意義を見つめ直せている様子。子どもを導くプロである先生の工夫はきっと役に立つはずです。

やる気を引き出す/なくさないポイント 

今回は小学校風に「そうじ・かたづけがんばりシート」と題し、Excel(エクセル)で作ります。


固定の項目として設けたのが、「日付/がんばったこと/確認」の表と「おすすめのそうじ・かたづけ」というフリー記入欄、感想や意見などを書くための「ふりかえり」です。


毎日少しでも何かやろう!という呼びかけも加える


それぞれの項目の目的やルールは以下の通りです。


・日付

できれば毎日やってほしいですが、体調不良や外出などで無理な日も。日にちが空いてしまってイヤにならないように、やった日を自分で書き込む方式に。


・がんばったこと

まずは習慣にしてもらうのが目的なので、本当にちょっとしたこともOKというルールに。「やったこと」ではなくあえて「がんばったこと」とします。


・確認

細かいことでも必ず仕上がりをチェックして、コメントすることに。


・おすすめのそうじ・かたづけ

「だってどこからやればいいかわかんないもん」という言い逃れを防止します。こちらが気になった箇所を「おすすめ」という形で伝えることで、自主的にやってもらう効果も。


・ふりかえり

書き出すことで整理するとともに、取り組みの改善材料にします。

学校の課題をまねた「ふりかえり」項目


シートはきょうだいに1枚ずつ用意して取り組みの理由やルールを説明し、新品のハンディモップと一緒に“プレゼント”。雑巾や掃除機も自由に使っていいことを伝えてスタートです。


専用にすることで愛着を持ってもらおうという企み

小学校高学年&低学年が使ってみた結果

ふたりとも2~3週間で記入完了


春休みの外出や気のゆるみで少し滞りつつも、なんとか記入終了。「学校の掃除も入れていい?」「ダメ!」といった予想外の会話や、「これもカウントしちゃうの?」という内容もありましたが、楽しく習慣にしてもらえるよう、多少のことは目をつぶりました。


低学年の次男は1年間のプリントや教科書を自分のルールで整理してスッキリ。どちらかといえば片づけのほうが好きなようです。最後の日は来客前の片づけをはりきってくれました。


まだまだ子どもな次男。「絵も描いて」「花まるにして」など内容と関係ないリクエストも


感想を聞いてみると「片づけのやり方がわかって力(片づけ力?)がついた気がする。これからは間が空かないようにしたい」とのこと。なかなかいい感触です。


ふりかえり――これは質問の仕方がまずかった…! 2枚目以降は「すきなこと/とくいなことはなに?」に変更することに


一方、高学年の長男の「ふりかえり」は「好きなことも得意なこともなく、片づけは苦手で嫌い」という残念な結果に。よく聞いてみると片づけより掃除のほうが好きだが、キレイにしておく気持ちよさは実感できたよう。「片づいていたほうが掃除しやすいよー」という方向に話を持っていくことにしました。今回は想定範囲外の共有スペースにも掃除機をかけてくれていたので、掃除要員として期待できそうです。


ゴールはまだ遠いですが、たった1枚でも好みや得意・不得意、ルールや記入方法の改善点がしっかり見える結果に。また、本人たちにも事前にしっかり説明したことで、“毎日やるべきこと”という認識はしてもらえたようです。「今日はあれ(シートのこと)がんばった?」という声かけはまだ必要ですが、「散らかしすぎて怒鳴られ、あわてて半泣きで片づける」というような場面はなくなりました。


子育て中はくり返し教えなくてはいけないことも多いですが、毎日のように同じことを言い続けるのは親のほうも疲れてしまうもの。少しでも負担を軽減したいですね。今回はExcelで作りましたが、もちろんメモやノートでもOKです。お子さんの好みや性格に合わせて、ぜひお試しください。

(取材・文/高柳涼子)

最終更新日:2018年06月22日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。