ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
育児もラクに! 家事のストレスを下げるAIスピーカーの便利な...

2018年08月08日

夫婦漫才

育児もラクに! 家事のストレスを下げるAIスピーカーの便利な使い方

おうちガジェットのすすめ #7

育児もラクに! 家事のストレスを下げるAIスピーカーの便利な使い方

育児にはもちろん、おうちに便利な機能満載のAmazon Echo

そもそもEchoとかAlexaってなんなの?

2歳児と夫の3人暮らしの筆者が、家庭をラクに、楽しくするガジェットをご紹介する連載です。以前の記事「Google HomeとChromecastで未来のTV」でスマートスピーカー「Google Home」をご紹介いたしましたが、今回は「Amazon Echo」をおうちで楽しむための方法と、「Alexaスキル」を5つご紹介いたします。 

テレビCMを目にする機会も増え、なんとなく便利そう、興味はあるけど、「Amazon Echo(エコー)とかAlexa(アレクサ)とか、一体なんなの?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ものすごくざっくり言うと、


Amazon Echo=iPhone

Alaxaスキル=iPhoneアプリ


みたいなものです。


iPhoneは指で操作しますが、Amazon Echoは声で操作します。Amazon EchoにさまざまなAlexaスキルを追加し有効にすることで、Amazon Echo端末で使える機能が増えていきます。

Google HomeとAmazon Echo、結局どっちがいいの?

スマートスピーカーといえば、Google Homeもあります。Amazon Echoと比べてどちらを買えばいいのか、迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


結論から言ってしまうと、現状できることはそんなに変わりませんが、それぞれ得意分野があります。


Google Home : Googleカレンダーの予定などの個人データ連携や、検索

Amazon Echo : Amazonでいきなりお買い物ができる(後述)


また、呼び出しの掛け声(ウェイクワードと言います)が、Googleは「OK、Google」や「ねえ、Google」なのに対し、Echoは「アレクサ」と呼びかけるだけなので、より人と話しているような感覚で使うことができます。

些細なことのようですが、1日に何度も呼びかけていると、だんだん親近感が湧いてきます。ちなみに、歌をうたうのはEchoのほうが上手でした。

「ただいま」で一気に電気がつく! 定型アクション

両手がふさがっているときでも、声で家電をコントロールできる。


帰宅したとき、最初にまず何をしますか? 電気をつけますよね。

我が家の場合は保育園のお迎え帰り、ベビーカーを押しながら家の扉を足で押さえつつ、両手には大量の荷物とカギ……。電気のスイッチをひじで押して、ああ、テレビを急いでつけないと子どもが泣き叫ぶ…なんていうことが日常茶飯事でした。

ところが、Amazon Echoの「定型アクション」機能を使えば、複数の家電製品を一度に声でコントロールすることができるのです。


「アレクサ、ただいま」

・リビングの電気がつく

・テレビがオンになり、Eテレが流れる

・リビングのエアコンがオンになる


びっくりするほどストレス軽減!

寝るときには「おやすみ」ですべての部屋の照明が消えるように設定しておけば、いちいち起き上がる必要もありません。

また、朝の定型アクションもおすすめです。


「アレクサ、朝の支度」

・「今日は何の日」などの豆知識を教えてくれる

・天気予報が流れる

・ニュースが流れる


シンプルな呼びかけで情報が得られるので、忙しく時間のない朝にぴったりです。

何も触らずに声だけでお買い物!

お買い物やタイマーなどの機能が使えるので、キッチンに置くのもおすすめ。


やっぱりAmazon、お買い物との連携がすごい!

何もさわらず、声だけでお買い物が完結します。


「アレクサ、食器用洗剤を購入」

「除菌ジョイ コンパクト 食器用洗剤 詰め替え 超特大 1065mL が最初に見つかりました。税込み合計はxxxx円です。購入しますか?」

「はい」

「注文するには買い物コードを言ってください。」

「xxxx(事前に設定したコード)」

「ありがとうございます。お届け予定はTomorrowです。詳細はAlexaアプリをご覧下さい。」


お買い物リストに入れておいて、あとでゆっくり、ということもできますが、洗い物で手がふさがっているときや、お風呂上がりなどに、すぐ注文できるのは本当に便利です。

最安値やこまかい条件での検索は、パソコンやスマホからのほうが確実ですが、パッと注文できる方法として覚えておきたいですね。

おうちにおすすめ! Alexaスキルベスト5

日本でも1000件近く公開されているAlexaスキル(2018年6月現在)の中から、ご家庭で使える・楽しめるスキルをご紹介します。


■1.JTBホテル(JTB)

呼びかけ例「アレクサ、JTBホテルを開いて」

行きたい場所を伝えると、宿を検索してくれるスキルです。宿泊したい日程が決まっていれば、金額や空き状況も教えてくれます。しかも、クーポンがもらえる場合も! 嬉しい機能ですね。



■2.保険市場(Advance Create Co.,Ltd.)

呼びかけ例「アレクサ、保険市場で同世代の平均保険料を調べて」

性別や年齢などの簡単な質問に答えると、同世代の保険料を教えてくれます。もしかして、保険料払いすぎ? など疑問に思ったら、さくっと確認してみることができます。ご夫婦でリビングにいるタイミングなどにぜひお試しください。



■3.旬の食材(Sho Tachibana)

呼びかけ例「アレクサ、旬の食材を起動して」

旬の食材って、安いし栄養価も高いけれど、とっさには出てこないですよね。お買い物に行く前や献立を考える前に、一声かけておさらいしておくと便利です。



■4.ピカチュウトーク(The Pokemon Company)

呼びかけ例「アレクサ、ピカチュウを呼んで」

何を言っても「ピカ~」とピカチュウが返す、本当に他愛もないスキルですが、これが子どもに大受け!

うちの子は現在2歳半ですが、ずっと何か会話しています。ただ、なぜピカチュウと意思疎通ができているのかは、大人にはわかりませんが……。



■5.鷹の爪団のクイズパーティー(DLE Inc.)

呼びかけ例「アレクサ、クイズパーティーを開いて」

「秘密結社 鷹の爪」の吉田くんが次々にクイズを出題してくれる、楽しいスキルです。

このスキルのおすすめの使い方は「Echoを車に乗せる」こと!

最近はシガーチャージャーからUSBに給電できるタイプの車も多いので、Echo(特にEcho dotがコンパクトでおすすめ)をBluetoothでスピーカー接続すれば、あっという間に車載スマートスピーカーの出来上がりです。

お子さんと一緒にドライブ中、渋滞にでも巻き込まれたとき、どうしますか?

しりとりしたり、手元のタブレットでなんとかごまかしたり……。そんなとき、このスキルが活躍すること間違いなし!

難易度もほどほどで、特に小学生くらいのお子さんから大人まで、おおいに盛り上がること間違いなしです。



4月より一般に販売が開始されていて、スマートスピーカーが本格的に普及の兆しです。

まずはぜひ、ご家庭でも試してみましょう!


(文・写真:多田ルミエ)


【参考サイト】

  • Amazon Alexa アプリ

iOS:App Store(Apple)

Android OS:Google Play(Google)

最終更新日:2018年09月13日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。