ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
貼るだけじゃない。イメージチェンジ効果絶大な「壁紙」の使い方...

2019年08月22日

夫婦漫才

貼るだけじゃない。イメージチェンジ効果絶大な「壁紙」の使い方いろいろ

ベルリン発シンプル家事ライフ19

貼るだけじゃない。イメージチェンジ効果絶大な「壁紙」の使い方いろいろ

ベルリンにあるホテルの部屋。バラ柄の壁紙で、エレガントな雰囲気に。壁紙の上に花の絵を飾っているのもポイント

壁に貼るだけではない、いろいろな壁紙の使い方

お部屋をガラッとイメージチェンジしたいときに、とっても効果的なのは壁紙。壁紙の柄によって、印象を自由自在に変えられます。最近は貼ってはがせる壁紙も多く登場しています。賃貸住宅でもあきらめる必要はありません。もっと自由にインテリアを楽しみましょう。毎日しあわせな気分で暮らせますよ。 

もともとは上流階級のものだった壁紙

ヨーロッパの宮殿を見学すると、どの部屋の壁も必ずタペストリーなどで装飾されていることに気づきます。王侯貴族の住まいには、そうした壁装飾が当たり前でした。17世紀になると、壁紙の原型ともいえる商品が生まれます。19世紀には産業革命によって壁紙が大量生産できるようになり、一般市民にも手が届くようになりました。


現在、一般的な住まいの壁は白が基本だと思います。だからこそ、壁紙を上手に取り入れると、お部屋が一気におしゃれな雰囲気になります。洋服でも同じですよね。モノトーンのコーディネートは素敵ですが、ちょっと無難すぎるかもしれません。そこに柄が加わると、印象に残る装いになるものです。

素材もデザインも幅広くそろう壁紙

ドイツのヴィンテージ壁紙の一例。レトロな柄で個性的に


では、壁紙にはどんなタイプがあるのでしょうか。 

代表的な素材としては、紙・ビニール・フリース(不織布)などが挙げられます。紙製壁紙はヨーロッパで主流のため、日本で買う場合は輸入品がほとんど。ヨーロッパらしいデザインが豊富で、サッと拭けるタイプもあります。

日本でもっとも使われている壁紙は、ビニール壁紙です。価格が手頃で汚れも落としやすいため実用的な一方で、壁紙の接着剤に含まれる成分によって、シックハウス症候群の可能性や、焼却時に有害物質が発生するデメリットもあります。

フリース(不織布)はパルプやポリエステルを素材としており、紙製に比べて丈夫で、湿気による収縮がしにくい特徴があります。


どの素材も白一色や、色柄もの、レンガや木材などの素材がプリントされたものなど、バリエーションがあります。


日本の住宅では、圧倒的に白いビニール壁紙が使われています。それは価格が安く、プロが効率よく施工できる広い幅(約91cm)の製品が主流だから(ヨーロッパの壁紙は幅約52cm前後が主流で、自分でも貼りやすいといえます)。今回は「壁紙を使って劇的なイメージチェンジ」をおすすめしたいので、ぜひデザインにこだわって壁紙を選んでみてください。

空間に合わせた壁紙の選び方

豊富な種類の中から壁紙を選ぶのは、難しいかもしれません。好みの柄を選ぶのは基本ですが、壁紙を貼る空間について考えると、さらに選びやすくなるかもしれません。


カフェの喫煙コーナーの小部屋。全面に壁紙が貼ってあることで、籠もった安心感が生まれます


  • 狭い空間の場合

初めて壁紙を貼る場合、狭い部屋やトイレで試してみるという方も多いと聞いたことがあります。その場合は、大胆な色柄だと圧迫感が生まれやすいので、淡い色柄のほうが安心でしょう。絵柄の大きな壁紙の一部だけを切り取って貼るという方法もあります。


  • 広い空間の場合

広い部屋ならば、大きな柄も存分に楽しめます。主張のある柄を選んだときは、ほかの部分はシンプルにまとめると、壁紙が生きてきます。


  • 部屋の目的に合わせる

それぞれの部屋には目的があります。例えば寝室は疲れを癒す場所なので落ち着く色柄のものを。子ども部屋ならば、子ども自身が好きな色や、元気が出そうなデザインを選ぶといいでしょう。キッチンならば、防汚効果が高くて汚れを落としやすいビニール製が、お手入れが簡単です。


私の寝室には、グレーのアリウム柄の壁紙を貼っています。真っ白い壁よりも温かみのある印象になりました


  • アクセント的に貼る

壁紙はすべての壁に使わなくてもいいのです。一面だけに貼れば、そこに視線を集中させることができます。また、腰板のような感覚で床から90cm程度の高さに貼ったり、ポスターのように部分的に貼ってみてもお部屋のイメージチェンジができます。


右側の窓部分だけに壁紙を貼った例。左側の写真や椅子の色とコーディネートされています


壁紙を壁にはらずに額装したり、棚の内側に貼るのも一つのアイディアです。これならば、壁に貼るよりも気軽にトライできるのではないでしょうか。


文と写真/久保田由希

東京都出身。日本女子大学卒業後、出版社勤務を経てフリーライターとなる。ただ単に住んでみたいという思いから、2002年にベルリンに渡り、そのまま在住。著書、雑誌、インターネットを通してベルリンやドイツのライフスタイルについて伝えている。主な著書に『ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方』(産業編集センター)『歩いてまわる小さなベルリン』『心がラクになる ドイツのシンプル家事』(大和書房)、『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)ほか多数。

最終更新日:2019年08月22日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。