ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
生活感ひかえめ、心地よいワンルームの作り方

2020年01月16日

夫婦漫才

生活感ひかえめ、心地よいワンルームの作り方

ベルリン発シンプル家事ライフ24

生活感ひかえめ、心地よいワンルームの作り方

ちょっとした工夫で心地よいワンルームに

生活感が出がちなワンルームの住まい

ワンルームのアパートに住んでいる方は多いと思います。食べる、寝る、くつろぐという、暮らしのすべてにかかわる行為をひとつの部屋で行うのはコンパクトで便利な半面、生活感がどうしても出るものです。

人が暮らしているのですから生活感があるのは当然で、悪いことではありません。でも、部屋で静かにくつろぎたいのに周りのものが目に入ったり、乱れた寝具を見ながら食事をするのは落ち着かないのではないでしょうか。


そこで今回は、生活感を感じさせないワンルームのインテリアについて考えてみたいと思います。ポイントはベッドコーナーと家具の選び方、そして照明です。

ベッドにはたくさんのクッションを並べて、ソファ感覚に 

クッションは色数やデザインを絞って。すべて柄物でもテイストが同じなら大丈夫


柄物に無地を混ぜると引き締まります


まずはベッドコーナーから。ベッドには寝具やパジャマなどがあって、もっとも生活感が出る部分です。ここを工夫するだけで一気に印象が変わります。以下の3ステップで、ふつうのベッドが素敵なくつろぎコーナーになります。


1.マルチカバーをかぶせる
できれば布団やまくらはベッドの下などに収納するのがベストですが、しまう場所がなければ上からかぶせてもOKです。 


2.クッションをいくつも並べる
クッションをたくさん並べます。クッションは大小2種類ぐらい、色は2~3色にとどめるか同系色で素材違いにするなど一定の基準でコーディネートするのがコツ。こうすればゴチャゴチャな印象になりません。

 

3.ブランケットを置く
ブランケットを添えると、くつろぎ感が一気にアップします。

家具の選び方

  • 収納家具
    ワンルームでは収納も悩みどころ。毎日使うものや押し入れに入り切らないものは部屋の中に置くわけですが、収納家具を少しずつ買い足していくとデザインも大きさもバラバラになってしまいます。
    収納家具を買うときは同じ規格のものでそろえて、ひとつのコーナーにまとめて置くのがおすすめです。1か所にまとめることでお部屋がすっきりし、動線もよくなります。扉付きの収納家具を選べば、中のものが見えずにさらに生活感をなくせます。収納家具を選ぶ際、扉付き・なしのどちらにするかは、中に入れるものの使用頻度や内容、扉の開閉の手間などを考えて決めましょう。


  • ソファ
    ベッドにクッションを並べてソファのようにできれば、ワンルームに無理やりソファを置く必要はありません。買う前に、ソファが必要なシーンや頻度を考えてみましょう。たまにしか使わないのに、ソファで限られたスペースが狭くなってしまうのはもったいないものです。ソファベッドを買うのもひとつの選択です。


ゲストを呼ぶことが多ければ、ソファベッドもいい選択

照明で雰囲気を切り替えて

食事のときにテーブルをスポット的に照らせば特別感が出ます


ベルリン発シンプル家事ライフ8「照明ひとつで、お部屋が別世界。リラックスできるドイツ流・照明テクニック」でも取り上げたとおり、照明はお部屋の雰囲気づくりにとても重要です。


天井からの照明以外に、ぜひスタンドライトかクリップライトをくつろぎコーナーに置いてください。それだけで雰囲気がぐっとよくなります。もし余裕があれば、複数のライトを部屋の各所に置いてシーンによって使い分けると、同じ部屋でも気分が変わります。

スタンドライトやクリップライトは移動も簡単なのでとても便利。おすすめアイテムです。


ワンルームの住まいでできることは、じつはいろいろあると思います。大切なのは自分にとって心地よいこと。そこを意識しながら、いろいろ試してみてください。


さて、24回に渡って心地よい暮らしのアイデアをお伝えしてきた「ベルリン発シンプル家事ライフ」は、今回でおしまいです。素敵なインテリアも合理的な家事も、毎日を生き生きと過ごすためのものだと私は考えています。ベルリンからお届けした情報がヒントになったことを願いつつ、この連載を終えたいと思います。これまでご愛読いただき、ありがとうございました。


文と写真/久保田由希

東京都出身。日本女子大学卒業後、出版社勤務を経てフリーライターとなる。ただ単に住んでみたいという思いから、2002年にベルリンに渡り、そのまま在住。著書、雑誌、インターネットを通してベルリンやドイツのライフスタイルについて伝えている。主な著書に『歩いてまわる小さなベルリン』『心がラクになる ドイツのシンプル家事』(大和書房)、『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)、『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)ほか多数。

最終更新日:2020年01月16日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。