ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
賃貸契約や引っ越しにかかる予想外の初期費用とは?

2015年10月13日

熊山准

賃貸契約や引っ越しにかかる予想外の初期費用とは?

立退き騒動で思い知る

賃貸契約や引っ越しにかかる予想外の初期費用とは?

どうも、マンション取り壊しにつき引っ越し待ったなしの熊山です。すでに物件も決まったので、後は本契約ののち引っ越すだけなんですが、いわゆる地上げ屋さんからいただいた立退料で懐があったまりそう!と思いきや、意外な初期費用がかさんで「こりゃ赤字なんじゃないか」とおののいております。


それはいったいどんな費用なのか? その前におさらいとして、賃貸契約で必要な初期費用を確認しておきましょう。

・敷金 家賃の1~2カ月分
・礼金 家賃の1~2カ月分
・仲介手数料 家賃0.5カ月~1カ月分に消費税
・日割り家賃
・前家賃 1カ月分
・火災保険料 1.5万~2万円(2年)

以上です。うちの場合は敷金1カ月分に礼金1カ月分、仲介手数料1カ月分という条件だったので、なんだかんだと4カ月分+日割り家賃+火災保険料で、およそ5カ月分の初期費用をガツンと振り込むことになりました。例えば家賃12万円だと、いきなり60万円ほどの大金が必要になるわけです。

しかしそれだけでは終わりません。

当然、「引っ越し費用」もかかります。こんかいは同一区内の引っ越しなので距離は問題ではないのですが、なんせ洋服、本、おもちゃなどやたらモノが多いので、当初はなんと16万円と見積もられてしまいました。もっとも、その後他社でも見積もりを取ったところ、10万円以下で済むことが判明しほっとひと安心。

相見積もり、ゼッタイ!です。

ではこれ以外にどんな隠れた費用があるのでしょうか?

まず、ベタなのが「鍵交換費用」です。こちらが1万5000円ていど。まあ、これはわかります。

不可解なのが、前回も記事化しました「保証会社の利用」です。家賃の滞納があった場合、代わりに取り立ててくれる債権回収業者のことですね。これが家賃の0.5カ月分。地上げ屋さんいわく、たとえ自前で連帯保証人が立てられるとしても、「大家さんのトラブルを回避したいニーズから、最近の賃貸業界ではデフォ」とのことで加入必須なのだそうです。

しかし、問題なのはこの後。たとえ保証会社を利用したとしても、今度は保証会社に対して連帯保証人を立てなくてはいけないのです。なんだそりゃ! じゃあ、連帯保証人が用意できない人はどうなるかと言いますと、保証会社の手数料がほぼ倍増するのです。

最近敷金ナシや敷金1カ月といった物件が増えているのは、この保証会社の台頭によるものでしょう。そもそも家賃滞納時に充当する目的で事前に預かっておく敷金ですが、それを最初から債権回収業者の利用料として使ってくれという構図。これまで一度も家賃を滞納したことのない筆者のようなマジメな人間にしてみれば理不尽な負担です。と言いながら、今回は地上げ屋さんに負担してもらったんですけどね。

また、今回しれっと加入させられようとしたのが「緊急かけつけサービス」。これは水のトラブルや、鍵の紛失、ガラスの破損など、賃貸物件のトラブルに対して24時間サポートしてくれるというもの。ほんらいは大家さんに相談するものですが、深夜早朝休日に呼び出されるのは勘弁な、というニーズから、加入を求める物件が少なくないのだようです。

料金は2年で1万5000円ほど。

こちらは「自分でどうにかするので加入したくないんですが」と相談することで、カットすることができました。

その他には「エアコンの取り外し・取り付け費用」「カーテン、ブラインドなどの購入費用」「新しい家電、家具の購入」「不要家電、家具の処分費用」「(自動車がある場合)駐車場の契約費用」「ネット回線の工事費用(免除されることも多い)」などちょこちょこと費用がかさみまして、なんだかんだと立退料を軽くオーバーする勢い。唯一救いがあるとすれば、今回マンションの取り壊しなので、不要なゴミや家具は残置していけるくらいでしょうか。

まとめます。

・引っ越し費用
・保証会社 0.5カ月~1カ月分
・鍵交換費用 1.5万円
・緊急かけつけサービス 1.5万円
・エアコンの取り外し・取り付け費用
・カーテン、ブラインドの購入費用
・新しい家具、家電の購入費用
・不要な家具、家電の処分費用
・駐車場の契約費用
・ネット回線の工事費

これらを考慮すると、引っ越し費用は半年分では不十分です。当初現在の家賃5カ月分の立退料で納得していた筆者ですが、とてもじゃないけど足りませんでした。これが普通の引っ越しだと、「旧家賃と新家賃の二重負担」も発生しますしね。

みなさんも引っ越しをされる場合は、最低でも10カ月分くらいの余裕を見て計画された方がよいかと存じます。立退きの場合も、それくらい現金でいただいた方がいいかもしれませんね。

最終更新日:2018年08月30日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。