ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
スマートホームハブの本命?Amazon Echoとは?

2017年06月14日

熊山准

スマートホームハブの本命?Amazon Echoとは?

日本では年内発売?

スマートホームハブの本命?Amazon Echoとは?

(引用元:Amazon.com)

IoT(モノのインターネット)だ、スマートホーム(家電をインターネットで管理して作るスマートな家環境)だと騒がれて久しい昨今、果たしてみなさんのおうちでの普及は進んでおりますでしょうか? 筆者もおうちマガジンで、宅外から操作できるヒーターや、宅内の空気環境を測定できるセンサーなどを試してみましたが、ごくごく限定的。スマホひとつで家中の家電を操作できるようなSF世界には遠く及んでいないのが正直な印象です。みなさんも、せいぜい「寝転んだら画面が消えるテレビ」や「家の外から来客の対応ができるインターホン」くらいの利便性を味わっている程度でしょう。それはそれで凄いんですけども、家電大国ニッポンならばもっと早くスマート家電やスマートホームが実現していてもおかしくはなかったはず。


そうこうするうち、いきなりスマートホームのプラットフォーム──パソコンでいうとOSのような、スマホアプリでいうとApp Storeのようなコアな部分──を一気に掌握する黒船が日本に上陸しようとしています。


それが「Amazon Echo(エコー)」です。


Amazon Echo(179.99ドル)(引用元:Amazon.com)

 

これは言うなればiPhoneのSiriのような音声アシスタント機能を持つスピーカー。家中に設置したEcho本体および子機のEcho Dotに話しかけるだけで、クラウド上の人工知能「Alexa(アレクサ)」により、音楽の再生をはじめ、ニュースや天気予報のお知らせ、Kindle(電子書籍)の読み上げ、Amazonでの日用品の買い足し、出前の注文、タクシーの迎車依頼、対応するスマート家電のコントロール……と、ありとあらゆることが可能になります。


例えばお料理中で手が離せない時でも、足りない食材をAmazon Prime Now(プライムナウ)で注文して、届いたらインターホンのスピーカーがわりに応対し、なおかつ玄関の照明を付けるくらいのことは、すべて音声だけでやってのけてしまうのです。


いわばスマートホームを一元管理するハブコントローラー。


さらにこの春には、カメラを内蔵することで、毎日のファッションスタイルを記録・スマホに送信し、スタイルを選ぶときにどちらがよいかをAIが教えてくれたり、記録に基づいて新しいブランドを紹介してくれたりする「Amazon Echo Look」や、カメラにくわえ液晶ディスプレイまで備え、ビデオ通話が可能になった「Amazon Echo Show」も登場するなど、ラインナップが増え続けています。


カメラ内蔵のAmazon Echo Look(199.99ドル)(引用元:Amazon.com)


液晶画面を備え、ビデオ通話も可能になったAmazon Echo Show(229.99ドル)(引用元:Amazon.com)


もちろんEchoに似た音声アシスタント機能のプロダクトは他にもあり、アップルはApple TVやHome Podをスマートホームのハブコントローラーにする構想があったり、グーグルもGoogle Homeという競合製品をアメリカで発売していたりします。しかし、何よりEcho(Alexa)が先んじているのは、2017年1月時点で700社というサードパーティーの数と、1500種類にもおよぶ対応製品の豊富さと言えるかもしれません。


筆者は比較的敬虔なアップルファンなのですが、残念ながら今からApple TVがスマートホームの覇権を奪うのは困難でしょう。ずいぶん前からApple TVは日本に上陸していますが、アップルのスマート家電規格「ホームキット」に対応していて、かつ日本で購入できる製品はいまだ10種類程度ですからね…。


2017年12月発売予定のアップルHomePod(349ドル)(引用元:Appleプレスリリース)


また、日本でもAmazon Echoに対抗すべく官民一体で日本語認識AIの開発を進めるようですが、規制でユーザーを囲い込みでもしないかぎり普及することはないでしょう。


そうこうするうち、Amazon Echoは、早ければ2017年内にも日本上陸を果たすと目されています。もちろんコントローラーだけでなく、対応家電がそろってこその利便性ですが、携帯音楽プレイヤー(iPod)といい、スマホ(iPhone)といい、通販サイト(Amazon)といい、使い勝手の悪い日本製を尻目にMADE IN USAが市場を席巻したように、ここでもまた負け戦になるんじゃないかと半分あきらめているところです。


みなさんはどう思われますか?

最終更新日:2017年06月14日


キーワードを入力してください

キーワードから探す

本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。