ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
サービス付き高齢者住宅認定始まる

2011年12月20日

住宅新報

サービス付き高齢者住宅認定始まる

サービス付き高齢者住宅認定始まる

「ライフガーデン千葉浜野」

 「ライフガーデン千葉浜野」(千葉市中央区、総戸数72戸、4階建て)は12月1日にオープン、既に入居が始まっている。10月から募集を開始したところ、約250組が見学に訪れ、全体の約6割に申し込みが入るなど順調な滑り出しとなっている。

 ライブネットの木下寛社長は「3カ月以内には満室にさせたい」と自信を見せる。現地周辺は戸建て住宅が多く閑静な環境。JR内房線浜野駅から徒歩4分と利便性もいい。「見学に訪れる人の大半が浜野近辺か千葉市や隣接の市原市からだ」と言う。

 長谷工グループは1980年代後半に高齢者向け住宅に参入。これまでに首都圏で介護付き有料老人ホームを4カ所、近畿圏で旧適合高齢者専用賃貸住宅1カ所を開設。運営はグループ会社のセンチュリーライフが行っている。同じくグループ会社で、賃貸住宅の管理運営を行っている長谷工ライブネットが高齢者住宅に参入するのは今回が初めて。

 浜野の物件は長谷工コーポレーションが所有していた独身寮で、ライブネットが借り上げて改修した。国からの補助金は受けていない。建物の賃貸運営を同社が行い、入居者に対する介護などのサービス提供はやさしい手が担う。

 やさしい手の香取幹社長は「これまで介護保険が利用できなかった見守り・配食・買い物、5分程度の身体介護、生活支援などのサービスが、(サ高住のスタートで)介護保険の1割負担で利用できるようになった点が大きい。当社は介護保険制度が始まる前から訪問介護をやってきた会社だが、サ高住の始まりは大きな転機だと見ている。この浜野は、当社としても地域包括ケアの実現に向けた本格的態勢づくりの拠点になる」と強い意気込みを示した。

 地域包括ケアの実現に欠かせないのが、来年4月にも創設される見込みの「24時間地域巡回型訪問サービス」。そのため、ライフガーデン千葉浜野には、24時間巡回訪問介護事業所と、居宅介護支援事業所も併設される。

 入居費用は、高齢者の年金の範囲に抑える。具体的には建物賃料が3万6000~4万5000円、サービス費が2万5000円、共益費が2万円で合計8万1000~9万円。その他食事代(月4万7000円)、光熱費などを加えても月13万~14万円程度。

 サ高住は、建物への入居が借家法に基づく賃貸借契約となるため、不動産業の世界。そこに高齢者が安心して暮らすための生活支援や介護、医療との連携サービスが付加されたもの。大手不動産会社だけでなく、地元密着の地域業者にとっても今後は大きなマーケットになることが期待されている。(住宅新報社)

最終更新日:2018年08月30日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。