ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
「民泊」はどうしてグレーゾーンと言われるの?

2015年10月19日

コージー 林田

「民泊」はどうしてグレーゾーンと言われるの?

大田区では正式にスタート!?

「民泊」はどうしてグレーゾーンと言われるの?

大田区はマンションなどの空き部屋をホテルとして活用できるようにする条例案を12月議会に提案する予定(写真はイメージ)

宿泊料を受け取る目的で定期的に宿泊させると旅館経営に

一般の家を宿泊施設として活用する「民泊」。自宅を宿泊施設として貸したい個人と安く泊まりたい旅行者などを仲介するAirbnb(エアー・ビー・アンドビー)というサービスが有名で、日本でも徐々に活況をみせつつある。しかし、現在の日本の法律では、宿泊料を受け取る目的で常態的に部屋や設備を備えている場合は旅館業法によって旅館経営と見なされる。「民泊」の場合はその判断が難しいのが、グレーゾーンといわれる所以だ。

農山漁村では体験型の宿泊が行われているが、この行為が可能なのは「農山漁村余暇法」によって、農林漁家体験民宿の営業が認められているから(写真はイメージ)

そんな「民泊」だが、推進派にとっては嬉しいニュースが報じられた。東京都大田区が国家戦略特区による旅館業法の規制緩和を活用して、2016年1月から「民泊」を始めるというのだ。大田区は羽田空港が近く、ビジネスマンや外国人旅行者の滞在も多い。2014年に宿泊した外国人は前年比45.5%増の約13万3000人、ホテル稼働率は91%とほぼ満室状態だったという。東京五輪に向けて、ホテル不足の解消は急務であり、今回の規制緩和はその施策の一環とみられる。

大田区で「民泊」ができる地域は「ホテル・旅館の建築が可能な用途地域」となる

特区で認められる「民泊」できる住宅とは?

とはいえ、どんな住宅でも「民泊」施設として営業ができるというわけではない。具体的な内容に関しては、旅館業法の所轄官庁である厚生労働省が健康局局長名義で「国家戦略特別区域法における旅館業法の特例の施行について」といった通知を出している。その通知によると、

・使用させる期間は7~10日
・居室の床面積は、原則として25㎡以上
・出入口及び窓には、鍵がかけられること
・居室と居室、廊下との境に壁がある
・適当な換気、採光、照明、防湿、排水、暖房及び冷房の設置
・台所、浴室、トイレ及び洗面設備の設置
・寝具、テーブル、椅子、収納家具があり、調理や清掃が出来る危惧や設備を持っている
・施設の使用の開始時に清潔な居室を提供
・施設の使用方法に関する外国語を用いた案内、緊急時における外国語を用いた情報提供など、外国人旅客の滞在に必要なサービスを提供できる

など、「ちょっとやってみようか」という軽い気持ちで始めるにはハードルが高い内容。ただ、利用者にとっては、ある程度の基準が設けられ、国や地方自治体が認可した住宅に「民泊」できるといった安心感はあるだろう。

大田区では「民泊」施設を提供する際は区への届け出が必要。また、地域住民への説明や宿泊者名簿の記載、外国人旅行者のパスポート番号を控えるなどの条件がある(写真はイメージ)

もし大田区で条例が可決されれば、それがモデルケースとなり、日本中で「民泊」を認める自治体が増える可能性もある。もしかしたら、住宅ローンの一部を「民泊」の収入で賄うなんてことが現実になるかもしれない。

最終更新日:2018年08月31日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。