ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
住民の「街に対する思い」を数値化したら●●市が強すぎた!

2017年10月05日

コージー林田

住民の「街に対する思い」を数値化したら●●市が強すぎた!

イメージが良いのは神戸と横浜

住民の「街に対する思い」を数値化したら●●市が強すぎた!

「住めば都」ということわざもあるが、できれば住みやすい街に住居を構えたい物だ。写真はイメージ。(写真:アフロ)

愛着と誇りを持っているのは福岡市、持っていないのは相模原市

誰しも、自分の住んでいる土地や出身地に愛着はあるだろう。都道府県の自慢やあるあるネタを取り上げるテレビ番組「秘密のケンミンSHOW」が人気なのも、そういった心理の一端を表しているのかもしれない。郷土愛といえば、ブランド総合研究所が出している「郷土愛ランキング」を元にメディアが取り上げることが多いのだが、そこでは北海道や沖縄県、京都府などが愛着度の高い都道府県として報じられることが多い。


しかし、地元意識は都道府県レベルではなく、市レベルなのでは?と感じることもしばしば。そんなとき、興味深いニュースリリースをみつけた。三菱UFJリサーチ&コンサルティングが発表した<住民のまちに対する思いを数値化した「市民のプライド・ランキング」>だ。


この調査は、政令指定都市と東京都区部の21団体の住民を対象にアンケートを実施。自分が暮らしている街に対して感じている愛着や誇り、お勧め度合い、イメージなどを数値化し、順位付けを行ったものだ。


気になる結果だが、「現在お住まいの都市に愛着や誇りを感じますか?」という設問に対して、「愛着」と「誇り」で共にトップだったのが福岡市だった。以下、「愛着」がある都市は、札幌市、京都市、仙台市、北九州市と続く。また、「誇り」がある都市は、京都市、神戸市、札幌市、仙台市と続いた。愛着と誇りは相関関係が高いことがわかる。


「愛着」と「誇り」度が高い京都市(写真:アフロ)


一方、「愛着」と「誇り」を感じるに対しての回答が低かったのは、いずれも相模原市だった。以下、「愛着」が低い都市は、さいたま市、堺市、千葉市、岡山市と続く。「誇り」は、岡山市、千葉市、さいたま市、堺市と続いた。こちらも、やはり相関関係が高い。これらの都市に共通するのは、大都市圏が近くにあることだろう。相模原市と千葉市には東京が、堺市には大阪が存在。岡山市は大阪と広島の中間地点に位置している。


個人的な分析だが、「誇り」を感じる都市は観光地としても有名。一方、感じない都市はあまり観光地の印象はない。外の人間からの評価も「誇り」につながっているのかもしれない。

福岡市の魅力は都市機能の集中と都市部から近くに自然があること

では、「現在お住まいの都市について、友人・知人に勧められますか」という設問についてはどうだろうか。「住むこと」という観点でトップだったのも、福岡市。以下、札幌市、仙台市、神戸市、横浜市と続いた。ちなみに福岡市は、「全体的によいまちであること」「働くこと」「子育てすること」「アフターファイブを楽しむこと」「いろいろな友人と交友を深めること」「趣味や教養を深めること」「デートすること」「多様性があること」でもトップ。友人・知人にオススメしたい街として圧倒的な強さを誇った。


写真は福岡市いちの繁華街、天神。夜の街では中州も有名だ。(ペイレスイメージズ/アフロ)


筆者は九州出身で、福岡市に居住している友人も多く、度々彼の地を訪ねたこともある。都市機能がコンパクトにまとまっており、空港・新幹線からのアクセスも良い。一方で、少し足を伸ばすと山も海も愉しむことができ、また、食の面でも豊富な食材が揃っている。なにより、賃貸物件の家賃が安いことも魅力だろう。中心部でも5~6万円もあれば、オートロックつきのシングル向けマンションを借りることが可能だ。


ちなみに、「現在お住まいの都市について、友人・知人に勧められますか」という設問で2位だったのは札幌市。「買い物・遊びなどで訪れること」でトップ、「趣味や教養を深めること」で3位だった以外は、すべて2位だった。札幌市も仕事で訪れることが多いのだが、千歳空港からのアクセスが福岡空港よりも悪い以外は、様々な条件がかなり福岡市に近い印象を受ける。


札幌大通公園(ペイレスイメージズ/アフロ)

東は横浜、西は神戸。明治以来の港町はブランド価値が高い

「都市のイメージに対する共感度合い」も興味深い。これは、「現在お住まいの都市にあてはまると思うイメージを全て選んでください。」という問いへの回答だ。


例えば、福岡市ならば「にぎわいがある」「成長」「便利」で1位、「近代的」「エネルギッシュ」「おしゃれ」で3位だった。現在、地の利や政策優遇などから、福岡市にオフィスを構えるスタートアップが増えているが、このイメージと成長企業が求めるものは、確かに通じるものを感じる。


「保守的」で「ゆったり」としており「落ち着きがある」のは静岡市だ。「保守的」と「ゆったり」で1位、「落ち着きがある」で2位を獲得している。


「おしゃれ」で「ハイセンス」、「ロマンチック」で「美しい」「国際的」な街は神戸市。全てで1位を獲得している。ちなみに、「美しい」を除く、それぞれの2位を獲得したのは横浜市だった。いずれも、文明開化によって大きく発展した東西を代表する港町だ。


神戸は夜景も有名。写真は六甲山山頂からの夜景。(ペイレスイメージズ/アフロ)


居住者が感じる街への印象。その土地の出身者は懐かしく見ることができるだろう。また、もし、進学や就職などに伴う引っ越しでその土地に住むことになれば、街を知る参考になりそうだ。


最終更新日:2017年10月05日


キーワードを入力してください

キーワードから探す

本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。