ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
浴槽の人気に変化―「掃除しやすさ」から「リラックス」へ!

2018年03月12日

コージー林田

浴槽の人気に変化―「掃除しやすさ」から「リラックス」へ!

おうちのお風呂でスパ気分を味わう

浴槽の人気に変化―「掃除しやすさ」から「リラックス」へ!

(ペイレスイメージズ/アフロ)

リラックスできる浴槽の人気が増えてきている

三寒四温という言葉もあるように、まだまだ寒い日が多い2月。そんなときには、やはりお風呂が恋しくなる。リラックスできて、疲れも癒される大事な空間なので、家探しのときにこだわる人も多いだろう。注文住宅なら自分が気に入るバスルームを設計してもらったり、中古住宅なら最新のシステムバスにリフォームしたりすることもあるだろう。


少し前までは、バスルームの大きなセールスポイントは、掃除のしやすさだった。乾きやすい床や髪の毛の掃除がしやすい排水口、汚れにくい浴槽。水アカの付きにくい鏡やカウンターなどが、代表的な機能である。もちろん、これらは今でも大事なポイントなのだが、今はこれらに加えて、浴室での心地よさやリラックス、美容や健康への効果も重要視されるようになっている。

お肌がツルツル、美容を手助けするお風呂

パナソニックの「酸素美泡湯」は、酸素を含んだ直径約18μm(マイクロメートル)の泡を発生させる浴槽。入浴剤を入れなくても、きめ細かい泡で湯が白く濁って見える。しっかり温まり湯冷めしにくいだけでなく、入浴後はお肌のしっとり感が長続きするという。また、新商品の「オイルヴェール酸素美泡湯」は、専用の美容オイルを10μmの粒子にしてお湯全体に広げ、肌の潤いを保ってくれる。

 

バスタイムが美容の時間に。写真は「オイルヴェール酸素美泡湯」のリリースより。(出典:パナソニック)


ほかにも、家電メーカーらしく、Bluetooth搭載のスマートフォンやタブレット、音楽端末とペアリングして音楽を流すことができる「シーリングバスオーディオ」といった製品もある。これは、天井点検口フタを振動させることにより、バスルーム全体を包み込むような臨場感あるサウンドを流してくれる。

首から肩にかけて流してくれる「肩湯」で血行促進

LIXILの「スパージュ」は、入浴を愉しむことに主眼が置かれている。曰く「お風呂を愛する国の、バスルーム」。最大の特徴は、「肩湯」と「サイレントジェット」からなる「アクアフィール」という機能。


「肩湯」は、厚さ約4mmのお湯を首から肩にかけて流してくれる。お湯は、浴槽につけられたヘッドレストの下にある吐水口から噴出される。滑らかに均一に流れ続けて、首や肩を直接温めることで、少ない湯量でも身体の血流量を増やして、全身を温めることができるという。半身浴と組み合わせると、効果が高いそうだ。

 

肩湯。半身浴でリラックスも。写真はホームページより抜粋(出典:LIXIL)


「サイレントジェット」とは、エアー(気泡)を含まない優しい水流が広範囲に体を包み込みこむことで、皮膚表面の湯温が常に温かい状態となり、通常の入浴よりも身体が温まるとのこと。静粛性にこだわったことで、マンションでも気兼ねなく使えるようになった。ほかにも、天井に吐水口をつけることで、打たせ湯を実現。温泉やスパリゾート施設のような心地よさを自宅のバスルームで味わうことができる。

ヒートショックの恐れを低減する「常夏シャワー」

クリナップのバスルーム「AQULIA-BATH(アクリアバス)」には、温度差によって血圧が急変し、心臓や脳に疾患が発生するヒートショックの危険性を軽減する機能である「常夏シャワー」が標準装備されている。これは、入浴前に脱衣所でスイッチを押すと、浴室内の床に向かって一気に噴出するお湯が、1分で床面の温度を25℃まで上昇させて、またお湯が蒸気となって浴室を足元からあたためる。

 

1分で床面が温まる。写真はホームページより抜粋(出典:クリナップ)


また、壁、天井、床と浴室全体を保温材で包み込みこむことで、入浴後30分経っても、浴室内に温かさがとどまる。浴槽のお湯を冷めにくくする技術は一般的になりつつあるが、浴室全体は珍しい。

水配管工事が必要ないジェットバス

ジェットバスに関しては、各社ともオプションで設定している機能だが、なかでもTOTOの「ブローバスSXII」は、浴槽側面4ヵ所からのブロー噴流を採用。腰や脚をやさしく刺激してくれる。ブロー噴射口と水吸い込み口を一体にしたコンパクトポンプは、水配管がなく水配管工事が不要。浴槽内から着脱ができ、吸い込み口部にはワンタッチ着脱のフィルターを内蔵することで、掃除も簡単にした。

 

気泡が全身をやわらかく包む。写真はホームページより抜粋(出典:TOTO)


また、「水中照明III」は、浴槽側面の照明から10色の光が差し込み、水の色が変化しているような、幻想的な光浴が楽しめる。水中照明に連動して、浴室内の照明が消灯するのも芸が細かい。入浴時のリラックスに一役買いそうだ。

お風呂に入ると疲労が軽減される理由とは?

今すぐ注文住宅を購入したり、リフォームで浴室を新しくしたりする予定がなくても、お風呂でリラックスする方法はある。しかも、難しいことではない。38℃程度のぬるめのお湯を張った浴槽に、ゆっくりと浸かるだけでいいのだ。


入浴は、最も手軽な血行促進方法のひとつ。マッサージしたりストレッチしたり、運動したりすることで血行は良くなるが、入浴も体全体を温めると全身の血行が良くなる。血行が良くなれば、新鮮な酸素や栄養が筋肉や細胞に届けられ、また、疲労物質も除去されて疲労回復につながるのだ。


さらに、入浴時に「バブ」や「きき湯」といった炭酸ガスを含む入浴剤をいれると、さらに血液の循環が良くなる。炭酸は血管拡張効果があり、天然の高濃度炭酸泉が多いドイツでは、心臓の湯と呼ばれ入浴療法が盛んに行われている。


寒い日がもう少し続きそうだが、寒さで凝り固まった体をお風呂でゆっくり癒して、明日への活力にしたいものだ。


最終更新日:2018年08月30日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。