ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
おうちから出ないで名店の料理を味わえる時代が到来!

2018年04月11日

コージー林田

おうちから出ないで名店の料理を味わえる時代が到来!

スマホをタップすれば1時間で到着

おうちから出ないで名店の料理を味わえる時代が到来!

働き方が多様化して在宅勤務が増えれば、ランチなどを気軽に頼める便利なデリバリーサービスの需要は高まる。(写真:アフロ)

芸能人が多用したことで話題になった「ファインダイン」

「休日は家から一歩も出たくない」という引きこもり体質のあなた。それでもお腹は空くことだろう。そんなとき味方になってくれるのが、宅配サービスだ。一昔前、宅配と言ったら、そばやピザのように、そのお店で提供する料理を出前してくれるのが一般的だった。しかし、最近では、デリバリーをしていないレストランの料理を配達してもらうサービスが充実してきている。


この分野の老舗で有名なのが「fineDine(ファインダイン)」だ。配達エリア内でファインダインのサービスに登録しているレストランの料理を、通常30分~60分程度で届けてくれる。


注文は電話かウェブサイトから。支払いは現金かウェブサイト上のクレジットカード決済。1回の注文につき、1つのレストランでの注文に対応しており、基本的には配達にかかる手数料は合計金額の15%、最低配達金額は2000円からとなっている。ただし、配達手数料と最低配達金額はレストランや配送地域によっても異なり、正確には注文時に表示される。


配達可能エリアは以下の通り。


宅配寿司日本一の銀のさらを運営する株式会社ライドオンエクスプレスホールディングスだからできるレストラン・飲食店宅配代行サービス(「fineDine」ホームページのキャプチャー)


筆者の居住地は新宿エリアに該当するのだが、とんかつ茶漬けで有名な「新宿すずや」や天ぷらの名店「つな八 つのはず庵」、カレーマニアなら誰もが知る「もうやんカレー利瓶具」なども入っていた。(ただし、「新宿すずや」は名物のとんかつ茶漬けがデリバリーメニューになくて残念だった……)。

話題の「ウーバーイーツ」の使い勝手が格段に良くなっている

以前は、このファインダインに頼むことが多かったデリバリーサービスだが、2016年秋に、消費者にとっては非常に嬉しいサービス、ファインダインにとっては強力なライバルが出現した。「Uber Eats(ウーバーイーツ)」である。提供しているのは配車サービスを手掛ける「Uber(ウーバー)」。都心部では黒くて四角い大きなリュックを背負って自転車を漕いでいるサイクリストをよく見かけるだろう。


サービス開始当初はエリアも狭かったが、1年半で急成長し、サービス開始から1年で約10倍に拡大したという。現在では、東京・横浜エリアを中心に配達範囲が広がっている。また、レストラン数も1000店舗以上に増えた。ウェブサイトやアプリに配達してほしい住所を入力すると、対応可能なレストランが到着までの目安時間とともに表示される。


料理の注文はアプリまたはウェブサイトから。支払いは登録したクレジットカードで行う。サービス開始から約4カ月は配送料が無料だったので「神サービス」などと話題になったが、現在は380円の配送料がかかる。ちなみに、東京メトロの初乗り運賃が170円と考えると、個人的にはかなり安いと感じる。


嬉しいのは、最低配達金額が設定されていないこと。一人暮らしでも、気軽に注文できる。また、配達が開始されると、位置情報をリアルタイムで確認できるので、料理を待っている間に、コンビニに飲み物を買いに行くといったこともできそうだ。


ほかにも、デリバリーサービス事業には、楽天の「楽天デリバリープレミアム」やドコモの「dデリバリー」などもある。「楽天デリバリープレミアム」は、地域によってはお酒やドリンクの配達にも対応している。食べたい料理や料理に合わせるお酒に合わせて、複数のサービスを組み合わせてもいいだろう。

 

(写真:アフロ)

ホームパーティーならその場で料理してくれる「出張シェフサービス」もオススメ

「出来たてが食べたい」とか「ホームパーティーで使いたい」という人は、出張シェフサービスを使ってみてはどうだろうか。


「PRIME CHEF(プライムシェフ)」は、スマホやパソコンからメニューと場所と時間を指定すれば、当日プロのシェフが食材を持って自宅や会場を訪問し、その場で調理した料理を楽しめる。提供するコース料理価格は、出張費や交通費、食材費、消費税などを含んで、最も安いプランで3000円~とのこと。


(写真は「PRIME CHEF」のホームページのキャプチャー)


同じく「マイシェフクイック」も、リーズナブルな出張レストランサービスだ。本格料理をサービススタッフが持参して出張。自宅で最終調理して提供し、食事の後片付けまでしてくれる。前菜、前菜、パスタ類、メインの4品コースで、1名分は4000~5000円だ。


ちなみに、鮨の名店「銀座久兵衛」もケータリングサービスを行っている。こちらの価格は桁違いで、料理代12万円から受付とのこと。ホームページにあった東京23区の見積もり例は、

お料理 1万5000円×8名様 12万円

サービス料 15% 1万8000円 

人件費(2時間) 2万円×2名4万円

出張費(車両・運搬・設営・撤収費) 4万円

合計 21万8000円(税別)

とのこと。8人なら一人当たり約3万円だが、一度は経験してみたい。


休日の引き込もりはもちろん、ホームパーティーにも使えるデリバリーサービスや出張シェフサービス。時間の有効活用にもなるし、行ってみたいレストランの味を試すといった使い方もできそうだ。サービス地域に住んでいるなら、一度、試してみてはどうだろうか。


最終更新日:2018年08月30日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。