ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
スマホ料金の滞納で住宅ローンが組めなくなるの!?

2018年05月08日

コージー林田

スマホ料金の滞納で住宅ローンが組めなくなるの!?

ブラックリスト掲載の条件とは?

スマホ料金の滞納で住宅ローンが組めなくなるの!?

ペイレスイメージズ/アフロ

スマホの使用料金には分割払い分も入っている

「ヤバイ、今月のスマホ料金、支払いを忘れてた」。そんな経験をしたことがある人もいるだろう。しかし、そういった行為が重なったり、延滞が続いて解約になってしまったりしたら、住宅ローンが組めなくなるかもしれない。なぜスマホ料金の支払いと住宅ローンが関係するのか。その秘密は、スマホ料金の支払い方法にある。


最近のスマホは高性能化が著しく、それに伴い価格も高価になっている端末は多い。「iPhoneX(256GB)」が税別で12万9800円で発売され話題になったのは記憶に新しい。これらの高機能端末を購入する場合に一般的なのが、分割払いだ。高機能端末でなくても「実質○円でスマホが持てる」という売り文句にひかれて、分割払いを選ぶこともあるだろう。


分割払いで購入した端末の代金は、スマホの利用料と一緒に支払うことになるが、スマホの料金体系は、通話料やデータ使用料、オプション料金、割引などが複雑。そこに端末代金が入っていても意識しないこともある。その場合、利用者はスマホの使用料を携帯会社に支払っていると思っているケースが多いのだ。


しかし、実際にはスマホを分割払いで購入する場合は、クレジット契約が結ばれる。分かりやすくいえば、クレジットカードで買い物やキャッシングをしたのと同じことになるのだ。よって、もしも支払いが遅延したときには、信用情報にキズがつくことになる。金融機関は、住宅ローンの審査では信用情報を非常に重視するので、スマホ料金の滞納が住宅ローンの減額や否認につながる可能性があるというわけだ。


最近は、ネットショッピングなどの料金をスマホ使用料と一緒に支払うこともできる。その場合、支払い額が高額になり、つい遅延してしまうことがあるかもしれない。こういった遅延が続くと、住宅ローン審査にマイナスに働くことはいうまでもないだろう。(写真:アフロ)

クレジットカードの利用状況がわかる信用情報機関

これまで何度か出てきた「信用情報」だが、具体的に何を指すのかご存じだろうか。これは、カード会社が加盟する信用情報機関から得られる情報のことだ。信用情報機関とは、カード会社などが共同出資して設立した機関で、CIC(株式会社シー・アイ・シー)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)、JICC(株式会社日本信用情報機構)が存在する。


信用情報機関には、加盟しているカード会社から個人属性や契約内容、支払状況、残債額などの信用情報が集まる。銀行やクレジット会社などは、その情報を照会して、融資判断の材料にしているのだ。ちなみに、支払いの遅延は「事故情報」として登録され、この登録を一般的に「ブラックリストに載る」などと表現する。


事故情報として登録されても、一般に知れ渡ることはない。しかし、その情報は概ね支払い完了から5年は残るので、その間は住宅ローンが組みにくくなるだけでなく、新規のクレジットカード作成やスマホの契約などがしにくくなることもある。


信用情報機関は、さまざまなクレジット情報を集めている。そのひとつCICは、保有する信用情報をホームページ上で公開している。写真はCICのホームページより。

スマホやパソコンで自分の信用情報を確認できる

もし、ある金融機関で希望の住宅ローン額に届かなかったり、否認されたりした場合、複数の金融機関で手当たり次第に申し込むのは止めた方がいいかもしれない。信用情報機関には、加盟会員が照会した事実を表す情報もある。つまり、どんな金融機関がその人の信用情報を照会したかが分かってしまうということだ。あまりに多くの金融機関が否認していたら、当然、いい印象を持たれない。この情報は、紹介日より6カ月で消滅するので、ある程度間を空けるか、絞って申し込みをしてみてはどうだろうか。


ちなみに、自分の信用情報は閲覧することができる。「CIC」では、本人であれば利用手数料1000円で、パソコンやスマートフォンから情報開示を申し込むことが可能だ。クレジットカードで購入した商品の残債や年間請求予定額、遅延発生日やクレジットカード会社への入金状況など、確認できる項目は多岐にわたる。


入金状況は「$・P・R・A・B・C・-」といった文字で記載。「$」は請求通りの入金あり。「P」は請求額の一部が入金された。「A」は約束の日に入金がなかった。「C」は入金されていないといった意味で、「CIC」のサイトでも説明されている。写真はCICの資料より


もちろん、住宅ローンの審査はクレジットカードの支払い状況だけで決まるものではない。しかし、全く関係がないわけでない。過去にスマホ料金やクレジットカードの支払いが遅れていないか、現在の残債はいくらあるかをCICで確認してみてはどうだろうか。また、将来、住宅ローンを組みたいと思っているなら、クレジットカードの使い方を計画的に見直すのもいいかもしれない。


【参考サイト】

  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)

最終更新日:2018年05月08日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。