ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
犯罪の現場と化す空き家 多発する「空き部屋詐欺」に要注意

2015年09月10日

平賀功一

犯罪の現場と化す空き家 多発する「空き部屋詐欺」に要注意

平賀 功一の最旬コラムNO.50

犯罪の現場と化す空き家 多発する「空き部屋詐欺」に要注意

特殊詐欺の被害額は今年上半期で236億円余り

今年(2015年)5月26日に「空き家対策特別措置法」が全面施行されました。全国で820万戸とされる空き家の利活用あるいは適正除却を推進させるべく、「所有者」「自治体」「国」による三位一体での空き家対策が本格的に動き出しました。

それから3カ月半。さらなる空き家の適正管理や有効活用を図ろうと、国土交通省は2016年度予算の概算要求として、市町村の行なう空き家対策の支援に20億円を計上しました。民間事業者や専門家との連携を推し進め、空き家対策の先駆的モデル事業への支援を行なう考えです。

しかし、そうしたなか今年8月、警察庁から空き部屋を悪用した特殊詐欺についての広報がなされました。特殊詐欺とは、被害者に電話をかけるなどして対面することなく被害者を欺(あざむ)き、指定した預貯金口座へ振り込ませるなどの方法で不特定多数の人から現金をだまし取る犯罪の総称です。「オレオレ詐欺」や「還付金詐欺」が、その典型例となります。

警察庁によると、今年上半期に発生した特殊詐欺は7007件にのぼり、昨年の同じ時期に比べて約900件の増加です。被害額は236億円余りに達し、撲滅への早期取り組みが急がれます。

そこで、本稿では被害に遭わないためにも「空き部屋詐欺」の現状と対応策を考えます。

部屋の内見時、鍵の隠し場所やキーボックスの解錠番号を盗み見る

今回、取り上げた「空き部屋詐欺」というのは、だまし取ろうとする詐取金を誰も住んでいない空き家に送付するよう指示し、その部屋を現金の受け渡し場所として悪用する詐欺の手口です。「受け子」役の人物が部屋の住人になりすまし、郵便や宅配で送られてきた現金をだまし取るのです。

たとえば、不動産業者に「部屋を借りたいので内見したい」と申し出て、担当者が鍵の保管場所から鍵を出すのを盗み見し、後日、その保管場所から勝手に鍵を取り出し、空き部屋に侵入します。そして、荷物(現金)を持った宅配業者などが配達に来る時間だけ室内に居合わせ、住人のふりをして伝票にサインし、現金を詐取するのです。空き部屋が犯罪の現場と化すわけです。

警察庁は被害の増加に伴い警戒を強めており、次のような文面を例示して広く注意を呼びかけています。

<現金の受け渡し場所として空き部屋を悪用>
・特殊詐欺の被害金を宅配業者に配達させ、空き部屋で受け取る。
・室内に侵入はしないものの、住人を装って玄関前で被害金を受け取る。

<空き部屋の郵便受けを不正利用>
・被害金の送付場所を空き部屋に指定する。
・郵便受けに届いた被害金を回収する。
・不在を装い、投函された不在伝票で再配達を依頼して荷物を受け取る。

<内見を装って情報を入手>
・不動産業者に室内を内見したいと連絡し、空き部屋の住所を入手する。
・内見の際に、鍵の隠し場所やキーボックスなどの解錠番号を盗み見る。

特に狙われやすいのが、ポストにチラシがたまっていたり、検針のための電気メーターが止まっているような部屋です。生活感が感じられず、きちんと管理が行き届いていない空き家は要注意といえます。

「配送厳禁」のステッカーを貼付し、空き部屋の悪用を未然に阻止

対策として、警察庁は定期的な空き家の巡回を実施するよう、建物の所有者や管理会社に呼びかけています。

また、埼玉県戸田市では県警と協力し、「配送厳禁」と書かれたオリジナルシールを作成。アパートやマンションの空き部屋が特殊詐欺事件の詐取金の送付先として悪用される事件が相次いでいることから、集合ポストにシールを貼り付ける取り組みをしています(産経新聞7月25日より引用)。郵便局員や宅配業者への注意喚起を目的とした施策です。

だましの手口として、「最近は犯人が現金やキャッシュカードを直接、被害者の自宅などに取りに来る『現金受取り型』や、宅配便などを利用して犯人が指定した宛先に配達させる『現金送付型』という‘振り込ませない”振り込め詐欺の手口が増加しています」(警察庁)

監視の目が厳しくなったため、従来の金融機関を通じて現金を振り込ませる手口や、私書箱・貸金庫を利用した犯行がしにくくなっており、新たな代替策として空き部屋を詐取金の受け渡し場所として悪用するようになっています。

不動産業に携わる者として、空き家が犯罪の温床となるのは許せません。不動産業者と一般消費者がタッグを組み、被害撲滅に努める必要があります。

最終更新日:2015年09月10日


キーワードを入力してください

キーワードから探す

本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。