ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
派遣会社を取材!マンションコンシェルジュの仕事と待遇

2017年06月05日

平賀功一

派遣会社を取材!マンションコンシェルジュの仕事と待遇

平賀功一の最旬コラムNo.113

派遣会社を取材!マンションコンシェルジュの仕事と待遇

(写真:アフロ)

芸能人宅への不法侵入事件 レアケースなのか、それとも氷山の一角なのか?ーー

今回の騒動がなかったら、これほど注目されることはなかったでしょう。一体、マンションコンシェルジュ(以下、コンシェルジュ)とはどのような職業なのか。このニュースが一気に世間の注目を集める契機となりました。


その騒動(契機)とは、俳優で歌手の福山雅治さんと、その奥さんで女優の吹石一恵さん夫妻が住む東京都渋谷区の高級分譲マンションで、コンシェルジュとして働いていた女性が夫妻の部屋に合鍵を使って無断で侵入。住居侵入罪に問われ、懲役1年・執行猶予3年の有罪判決を昨年9月に言い渡された刑事事件のことです。


被害者が有名芸能人ということもあり、マスコミがこぞって事件を報道したため、コンシェルジュという名称の認知度が高まった一方、合鍵による不法侵入という蛮行がコンシェルジュに悪いイメージを植えつけてしまいました。ちょうど事件の最中に当該マンション4階の一室を売却活動していた不動産仲介業者に話を聞くことができたのですが、騒動以降、コンシェルジュは鍵を預からなくなったそうです。キーボックスが新たに設置されました。


もともと、このマンションでは管理会社がコンシェルジュの派遣会社にコンシェルジュ業務を再委託(外注)していました。犯人の女性は管理会社の社員ではなく、コンシェルジュ派遣会社のパート従業員でした。


事件以降、再発防止策に打って出たマンションの管理組合は、犯人が勤務していたコンシェルジュ派遣会社からの派遣を取りやめ、管理会社が直接、コンシェルジュサービスも行うよう体制を見直しました。すべての責任は派遣会社にあると管理組合は判断したのでしょう。管理会社の変更まではしませんでした。その管理会社の親会社は取材に対し、「今回の事態を極めて重く受け止め、二度と起きないよう再発防止を徹底し、信頼回復に努めてまいります」(広報)とコメントしています。


不法侵入が発覚した2016年5月から1年。改めて、一連の騒動を振り返って気になったのが、今回の事件が1人の女性による愚行に過ぎなかったのか、それとも氷山の一角なのか?―― 被害者が芸能人でなかったら、これほどのニュースにはならなかったはずです。


今や億ションやタワーマンションで、コンシェルジュサービスは必須となっています。同様の被害に遭わないためには、相手を知ることが先決です。そこで、コンシェルジュの仕事内容や教育体制、さらには処遇などについても取材を敢行。その現状を調べてみました。

コンシェルジュではなく、管理会社が鍵を預かるケースは珍しくない

(写真:アフロ)


今回、取材に応じてくれたのが、コンシェルジュ事業を核とした多彩な人材サービスを展開する株式会社クオリティライフ・コンシェルジュの高木淳・副社長です。同社は2002年に創業し、今やサービス提供物件数は329物件(2017年4月現在)、2017年3月期の売上高は約30億7000万円と右肩上がりの好業績を続けています。マンションコンシェルジュのパイオニア的存在です。


その副社長に冒頭、質問したのが、合鍵を使ってコンシェルジュが不法侵入するという事件を耳にした感想でした。高木氏いわく「鍵を預かったこと自体が驚き。当社ではあり得ない」と、一連の騒動がレアケースであるとの認識を示しました。


ただ、その半面、居住者からの鍵を預かってほしいという要望は少なくないといいます。たとえば、帰宅が夜遅い共働き夫婦の場合など、留守中に届いた郵便物や宅配の荷物を部屋の中まで運んでおいてほしいという思いが居住者側にあるのです。


実は、コンシェルジュではなく、管理会社や警備会社が鍵を預かるケースは珍しくなく、ある関係者は「タワーマンションの約半分で鍵を預かっている」と証言します。


過日、私が相談者からの依頼で、東京・港区内の新築タワーマンションの売買契約に立ち会った際の出来事です。そのマンションでは「警備業務にかかる鍵の預託に関する承諾書」を契約者すべてに記名・押印させていました。「預託した鍵は警備上の異常事態が発生したとき以外は、いかなる理由があろうとも取り扱わない」「管理室内の警備業務専用の鍵箱(警報付き)に厳重に保管する」との条件で、鍵の預託を受領させていました。契約時の必要書類ですので、鍵の預託は「強制」というわけです。


承諾書の提出が是か非かの議論は別として、今般、本人(マンションの区分所有者)以外の人が鍵を預かるケースは決して珍しくなくなっているのです。

コンシェルジュは共用設備の1つのような存在/高木副社長

(写真:アフロ)


やや話が脱線しましたが、話題を戻して、コンシェルジュが具体的にどのような仕事をしているかを列記すると、次のようになります。


  • 来客への対応(フロントサービス)
  • 荷物の預かりやクリーニングの取り次ぎ
  • タクシーやハイヤーの手配
  • 花の宅配や年賀状印刷の受付
  • デリバリーやケータリングの紹介
  • ハウスキーパーやベビーシッターの紹介や手配
  • マンション共用施設の利用案内や予約の受付業務


「コンシェルジュはマンションの顔」というのが、クオリティライフ・コンシェルジュの考え方です。毎日、居住者や来客への笑顔とあいさつを絶やさず、同時に誠実さや責任感も持ち、安心で快適な暮らしの手伝いをするのがコンシェルジュの使命であり、役割でもあるというわけです。


高木副社長はコンシェルジュについて、「マンションの共用設備の1つのような存在」とおっしゃっていました。マンションの資産価値の一角を担う重要な“人財”(人的財産)という意味です。

長く務める人が多く、中堅社員で年収は400万円台 

マンションの価値向上に資するためには充実した研修制度やサポート体制が必要になるわけですが、同社では基礎から学べる研修プログラムを用意しており、新卒や未経験のスタッフでも着実にスキルが身に付けられる仕組みを整えています。


ちょうど取材した日も本社で社内研修をしており、その様子を見学させてもらいました。その時は新人とベテランが一緒に同席し、少数での密度の濃いレクチャーが行われていました。社員・パートいずれも、入社時だけではなく、入社後も定期に研修が受けられるのです。


特別な資格を要し、専門的な知識やスキルが求められる仕事ではありませんが、接客業としてのマナーや身だしなみ、言葉づかいなどが習得できるようになっています。おもてなしの心を養うための講義が定期に開催されています。


こうしたフォローアップ体制もあってか、「長く務める人が多い」と高木副社長。ずばり処遇について尋ねると、「中堅の社員で年収は400万円台」だそうです。新卒の募集要項には、専門卒で月給17万8190円、大学・大学院卒で同18万5110円と記載されていました。また、中途採用(マネージャー候補の正社員)では同20万~28万円です。いずれも年2回の賞与が合わせて支給されます。


(写真:アフロ)


騒動を起こした女性が勤務していたコンシェルジュ派遣会社にも取材を依頼したのですが、あっさりと断られてしまいました。この会社も業界の中では老舗に分類される会社です。


取材を通じて多くのコンシェルジュが、やりがいや充実感、責任感を持ちながら業務に従事している姿を想像すると、愚行に手を染めた女性コンシェルジュはレアケースといって間違いなさそうです。ホテルライクなサービスを求め、分譲マンションでのコンシェルジュ採用ニーズは高まっています。その資産価値を構成する“人財”としての役割も、今日、同時に高まっています。

最終更新日:2018年08月31日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。