ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
冬こそ勝負! 肌の乾燥を防ぐテクニック

2016年01月28日

イダツカ・ノサ

冬こそ勝負! 肌の乾燥を防ぐテクニック

これであなたも-5歳肌に!?

冬こそ勝負! 肌の乾燥を防ぐテクニック

写真:アフロ

老化を加速させる恐ろし~い乾燥


冬になると、多くの人が頭を悩ませる肌の乾燥。この乾燥、「カサカサして、メイクのノリが悪い~」「粉が吹いててかっこ悪い」などと、のんきなことを言っている場合ではない。実は放置しておくと、肌の老化を加速してしまうというのだ。


乾燥すると、どんなことが起こるのか。まずは、肌が厚く硬くなるうえに、シワができやすくなる。さらに、ちょっとした刺激で赤くなったりかゆくなったりする「敏感肌」にもなりかねない。というのも、肌が乾燥することで水によるバリア機能がなくなり、雑菌やアレルギー物質などの外敵に弱くなってしまうからだ。


さらに乾燥は、ニキビの原因にもなる模様。「え、乾燥でニキビ? ニキビって脂性の人ができやすいのに…。なんで水分?」と疑問に思う人も多いだろう。実は、水のバリアとともに肌を守っているのが、皮脂のバリア。乾燥により水分が失われると「オレが頑張らなくては!」と皮脂が奮起(?)する。そしてこの過剰な皮脂が、ニキビの原因になるという。


しかも残念ながら、肌の中にある水分をキープしてくれる「セラミド」には、歳を重ねると減っていく宿命が。「私、乾燥肌じゃないし♪」と思っている人も、実は年々乾燥肌になっているのだ。洗顔後に「肌がつっぱる」というあなたは、すでに乾燥肌への階段を確実に上っている。


洗顔方法と部屋の湿度を見直そう


老化を加速させ、さまざまなトラブルを招く肌の乾燥。そうと聞いたら、何としてでも食い止めなければ、おちおち春も迎えられない。ということで、すぐにできる対策を探ってみた。


まずは、洗いすぎをやめること。熱いお湯をやめてぬるま湯で、朝は洗顔料を使わずに水だけで洗うようにするだけでも、肌のバリア機能の低下を防げるという。またゴシゴシ肌をこすったり、洗浄力の高い洗顔料を使ったりするのもNG。肌のザラつきが気になる人は、敏感肌用のマイルドな洗顔料にチェンジしてみよう。もちろん、洗顔後はしっかり保湿することも重要だ。


さらに角質層の水分量は、湿度と深い関係がある。冬に肌が乾燥してしまうのは、空気が乾燥しているから。さらに暖房によって、どんどん肌の水分が失われていってしまうのだ。また、エアコンやファンヒーターの「風」は乾燥の大敵。できればホットカーペットやこたつ、石油ストーブといった風の出ない暖房器具を活用したい。


洗濯物や濡れたタオルを室内に干したり、洗面器やコップなどに水を入れて置いておくのも、部屋の乾燥を防ぐ有効手段。植物は吸収した水分を葉っぱから放出して湿度を上げてくれるため、観葉植物をいくつか配してみるのもオススメだ。もちろん、加湿器を活用するのもグッド。お風呂に入った後にドアを開けっ放しにしておいたり、鍋や煮込み料理に挑戦するのもいいだろう。


しつこい肌のかゆみにサヨウナラ!


冬の肌の乾燥と切っても切れない問題が、身体のかゆみ。冬は全身がかゆくて眠れなくなる、なんていう人もいるだろう。原因は顔同様、乾燥によりバリア機能が低下し、ちょっとした刺激にも過剰に反応してしまうこと。乾燥によって厚くなった角質は、剥離しやすい(=皮がむけやすい)状態になっており、さらに肌が無防備な状態になってしまう、という悪循環に陥るという。


そんな人にまず見直してもらいたいのが、バスタイムである。熱めのお湯は保湿バリアさえも流失させてしまうパワーがあるため、ぬるめのお湯に浸かるようにしたい。身体を洗うときに、ゴシゴシこするのもNG。ボディソープや石けんをしっかりと泡立て、泡で包み込むように優しく洗うのがポイントだ。できれば海綿やコットンなど、天然素材のものを使うと刺激が少なくなる。


また、キッチンでの洗い物にも注意が必要。熱いお湯ではなくぬるま湯で、できればゴム手袋を着用して洗うとよさそうだ。もちろん、入浴後や洗い物をした後には、すぐに保湿すること。ちまたには、乾燥によるかゆみを防ぐ保湿クリームが多く出回っているので、ぜひ活用したい。保湿効果のある入浴剤を入れるのもオススメ。この冬こそ乾燥肌を退治して、水もしたたるいい女(男)を目指そう! 



最終更新日:2018年08月30日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。