ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
トイレットペーパーのシングルとダブル、何が違うの?

2017年01月06日

イダツカ・ノサ

トイレットペーパーのシングルとダブル、何が違うの?

肌触りやコスパに大きな差が!

トイレットペーパーのシングルとダブル、何が違うの?

(写真:アフロ)

二枚重ねになっているぶん、肌触りはダブルのほうが◎

普段、何気なく使用しているトイレットペーパー。シングルとダブルの2つのタイプがあることを、知らない人はいないだろう。こだわりなく選んでいる人が多いのかと思いきや、意外にもシングル派、ダブル派が存在する模様。そこで、シングルとダブルでどのような違いがあるのかを調べてみた。

まずは、見た目。当たり前だが、ペーパーが一枚のシングルと違ってダブルは二枚重ねとなっている。また同じ商品を比較すると、1ロールの長さはダブルがシングルの半分というのが一般的。つまり、トータルの紙の長さは同じというわけだ。

肌触りのよさは、二枚重ねになっているだけにダブルに軍配が上がる。それも、そのはず。ダブルのトイレットペーパーは、質感の向上を目的として70年以上前にイギリスで開発されたのだという。つまり、肌触りがよいのはダブルの「アイデンティティ」だといえるのだ。

ちなみに、二枚重ねになっているのでダブルのほうが厚みがあるが、一枚あたりで比べるとシングルのほうが厚くつくられているという。

ダブルだからといって、使用量が半減するわけではない!

ところで、人は一回にどれくらいの量のトイレットペーパーを使っているのだろう。「全国家庭用薄紙工業組合連合会」の調査によると、大のときに使用するトイレットペーパーの長さはシングルで177cm、ダブルで146cmという興味深いデータがある。

ダブルは二枚重ねだからといって、単純に使用量が半減するわけではないようだ。1ロールの長さはシングルのほうがダブルの倍なので、この事実からシングルのほうがコスパが高いということがよくわかる。実際、「節約するため」という理由で、シングルを選んでいるという人も多いようだ。

ただ、コスパよりも肌触りのよさを優先し、ダブルを選ぶという人も少なくない。なかには、「痔を患っているのでダブルでなければツライ」という深刻な事情を抱えている人も存在している。そのほか、「何度もペーパーを引っ張らなくて楽」「自宅がシャワー付きトイレなので、ダブルのほうが破れにくくて拭きやすい」といったところも、ダブルのメリットのようだ。

ちなみに、気づいている人も多いかもしれないが、実は公共施設のトイレでダブルのトイレットペーパーを目にすることはあまりない。オフィスビルやコンビ二のトイレも、しかりだ。その理由はおそらく、シングルのほうがコスパが高いからだと思われる。ただ、おもてなしを重視するホテルなどのトイレでは、ダブルのトイレットペーパーを目にすることも多い。

シングルorダブルのほかにも、こだわってみよう!

大切な人への贈り物としても人気の高級トイレットペーパー

大切な人への贈り物としても人気の高級トイレットペーパー

トイレットペーパーへのこだわりポイントは、何もシングルかダブルかだけではない。実は、最近はワンランク上の高級トイレットペーパーなるものが人気を博しているのだ。皇室献用として使われているものから、手漉き和紙の技術を用いたもの、肌触りをとことん追求した三枚重ねのものなどは、そのほんの一例にしか過ぎない。

また、ビビッドカラーのものや柄付きもの、香り付きのものまで、実はさまざまなタイプが存在。ぜひこの機会に、トイレットペーパーにこだわってみてはいかがだろう?

最終更新日:2017年01月06日


キーワードを入力してください

キーワードから探す

本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。