ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
無職でも、部屋を借りられるの?

2017年03月17日

イダツカ・ノサ

無職でも、部屋を借りられるの?

不動産会社10社に聞いてみた

(写真:アフロ)

(写真:アフロ)

10社のうち5社は、「条件によっては借りられる」と回答!

結論から言うと、基本的に部屋は借りづらい様子。ただ、絶対に借りられないというわけではないようだ。不動産会社10社に電話で聞いてみたところ、5社が「借りられない」と断言。その理由は言うまでもなく、「無職=家賃を支払える保証がない」からだ。東京・台東区で30年近い歴史を誇る不動産会社「ワークオオツカ」の高橋さんも、「無職の本人が契約者となって部屋を借りるのは、難しいと思います」と答えてくれた。

ただ、残り5社は「条件によっては借りられる」と回答。では、その条件というのは何だろう。高橋さんによると、「たとえば就職が決まっていて、内定証明書などの書類を提出できる場合は借りられる可能性が高まります」とのこと。そのほか、銀行の残高証明書を提示し、家賃の支払い能力があると判断されれば、借りられるケースもあるようだ。

また、近年は部屋を借りる際に、連帯保証人を代行してくれる家賃保証会社を利用して契約しなければいけないケースも少なくない。「就職活動中など、働く意思があることが確認できたうえで、家賃保証会社の審査が通れば、貸主がOKしてくれる可能性は高まるでしょう」と高橋さんは教えてくれた。

無職でも借りられるが、選べる物件は絞られるのが現状!

無職でも部屋を借りることができるとはいえ、選択肢は一般の人と比べてかなり狭まるよう。ある不動産会社の担当者は、「結局は、貸主がどう判断するか次第。ただ、無職の方を大歓迎という貸主はいないので、借りられる物件には限りがあります。まずは、就職活動を頑張ってくださいね!」と励ましの言葉つきのアドバイスをくれた。

「だったら、無職であることを隠して部屋を借りればいいじゃん!」と考える人もいるかもしれない。けれども、契約時に交わす賃貸借契約書には、「告げた事実に重大な虚偽が判明した場合、契約が解除できる」という条文があるケースがほとんど。つまり、嘘がバレると部屋を追い出されてしまう危険性があるので要注意だ。

「現実問題として、契約を解除して退去してもらうかどうかは別として、貸主にとって嘘をつかれるのは一番嫌なもの。賃貸借契約はお互いの信頼関係の上に成り立っていますからね」と高橋さんは語ってくれた。

部屋を借りるためのカギを握るのは、実は不動産会社!?

(写真:アフロ)

(写真:アフロ)


では、無職以外ではどんな人が部屋を借りにくいのだろう。貸主は支払い能力のほかにどういうところをチェックしているのかを聞いてみた。「ごく一部独自の判断ラインを持たれている貸主の方もいらっしゃいますが、一般的には私が『大丈夫な方だと思いますよ』と言えば、入居OKとなるケースがほとんどです」と高橋さん。つまり、部屋を借りられるかどうかのカギを握っているのは、貸主ではなく仲介を行っている不動産会社だと言えるのかもしれない。

ちなみに不動産会社では、申し込み者の勤め先の情報をインターネットや謄本を使って調べるほか、連帯保証人の同意が得られているかなどを確認。さらに、年齢や引越し理由なども考慮して、部屋を貸しても大丈夫な方かどうかを総合的に判断しているという。

また、高橋さんによると会ってある程度話をすれば、部屋を貸しても問題ない人物かどうかがわかる場合もあるという。「たとえば、支払い能力が十分にある方でも、貸主にお勧めしないこともあります。『家賃を1年~2年分まとめて払うから、保証人不要か家賃保証会社との契約なしで部屋を貸してほしい』という方などは、非常にあやしい。貸主の方に不利益を与えないためにも、私の判断でお断りをするケースもあります」。

ということは、理想の物件と出会うためには、不動産会社にいかに好印象を与えられるかが意外と重要なのかもしれない。部屋探しでやりとりをする際、客だからといって横柄な態度で接したり、内覧などの約束を破ったりすることは慎んだほうが無難なようだ。

最終更新日:2017年03月17日


キーワードを入力してください

キーワードから探す

本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。