ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
縁もゆかりもない新天地で、友だちをつくる方法

2017年03月25日

イダツカ・ノサ

縁もゆかりもない新天地で、友だちをつくる方法

自ら動けば、意外と簡単!?

縁もゆかりもない新天地で、友だちをつくる方法

(写真:アフロ)

まずは、職場の仲間とのコミュニケーションが大事!

この春から、新生活をスタートさせた人も多いはず。なかには、就職や転勤などで縁もゆかりもない土地に引っ越した人も少なくないだろう。そういう人が陥りがちなのが、オフの日のロンリーブルー。職場以外に知り合いがひとりもいない場合、休日に誰とも接することなく寂しい時間を過ごすことになりかねない。そこで、新天地で友だちをつくる方法を紹介しよう。

職場の人間とプライベートで付き合うことに抵抗がない人は、仕事関係の人を中心にネットワークを広げていくのが有効。「初めての土地でよくわからないので、案内してほしい」という話をすれば、面倒見やノリのいいタイプの人がきっとナビゲーター役を買って出てくれるだろう。オフの日も同僚と一緒に過ごすことで、新しい職場にもスピーディに馴染むことができて一石二鳥だ。

スポーツ観戦やパンづくりといった、自分の趣味や興味があることを、職場で公言しておくのもポイント。関連したイベントなどがある際に、まわりから声をかけてもらえるチャンスも増すはずだ。人を誘うのが苦手なタイプの人は、このようにできるだけ自分のことをさらけ出し、周囲にどんな人間かを早く知ってもらうようにしよう。

ちなみに筆者は、当時付き合っていたカノジョに振られた翌月に上京。慣れない土地での新生活に加えて失恋のダメージもあり、「東京砂漠」で何度も心が折れそうになったものだ。そんな私を救ったのが、仕事関係者との飲み会。毎週いろいろな人と飲み歩くことで寂しさを紛らわすことができ、プライベートでも一緒に遊ぶような仲間を見つけることができた。新生活のロンリーブルーを回避したければ、ぜひ仕事関係者との「飲ミュニケーション」を大切にしてもらいたい。

(写真:アフロ)

行きつけの店や趣味を通して、ネットワークを拡大!

仕事とプライベートはしっかり分けたい、と考えている人も少なくないはず。そこでここからは、職場以外をキッカケに友だちをつくる方法を紹介しよう。オフの日に家にこもっていても、人間関係は広がらない。まずは「積極的に外出する機会を増やすこと」を心がけてほしい。

手っ取り早く人間関係を広げられる方法は、行きつけのカフェやバーをつくること。何度も足を運ぶことで、店員さんや常連客と次第に仲良くなることができるだろう。友だち関係にまで発展しなかったとしても、自分だけのとっておきの場所は、リフレッシュするうえでもありがたい存在となるはずだ。「いつもの顔」と会って他愛のない話をすることで、寂しさを紛らわすこともできるに違いない。

趣味をキッカケに、ネットワークを広げるのもオススメ。引っ越しを機に、新たな習い事をスタートさせたり、スポーツジムに通ってみたりするのもいいかもしれない。「続けられるか心配」という人は、より気軽に参加できる社会人サークルに入るのもいいだろう。同じ趣味を持つ仲間が集まるオフ会に参加するのもテ。共通の話題があるので会話が弾みやすく、比較的スムーズに距離を縮めることができるに違いない。「仲良くしたい!」と思える人がいたら、恥ずかしがらずに積極的に声をかけてみるようにしよう。地元の人と仲良くなれれば、その人を糸口にして、芋づる式に地域のコミュニティーに入ることも可能になる。

住んでいる部屋がペット飼育OKなら、動物を飼ってみるのもいいかもしれない。たとえば犬を飼った場合などは、散歩を通して地元の「ワンちゃんコミュニティー」に参加できるかもしれない。

SNSで情報を発信することで、ドラマティックな再会も!?

SNSで引っ越した事をアピールしてみよう!(写真:アフロ)


SNSなどを活用して、新しい土地へ引っ越したことを周囲にアピールするのもポイント。今は疎遠になってしまった学生時代の友人など、意外な人物が実は身近なところに住んでいることが判明するケースもあるからだ。そういった思いがけない再会をキッカケに、友人関係を再構築していくのもいいだろう。ドラマティックな再会は起こらなくとも、SNSの友人が自分に合いそうな現地の友だちを紹介してくれる、ということもじゅうぶんにあり得る。

また、近所付き合いを大切にすることも大事。マンション住まいなら、廊下ですれ違った際に笑顔であいさつをするなど、率先してコミュニケーションを取るよう心がけているうちに、友人関係へと発展していくかもしれない。盆踊りや餅つき大会など、地域で開催される行事やイベントに積極的に参加してみるのもいいだろう。

縁もゆかりもない新天地で新生活をスタートさせるということは、自分の過去を知らない人たちと新たな人間関係を築いていくということ。つまり、これまでと違う「新しい自分」になれる大きなチャンスでもあるのだ。ぜひ、この機会を有効に活用し、新生活をエンジョイしてもらいたい。

最終更新日:2018年08月31日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。