ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
もしかして泥棒かも? 家の近くにいる不審者の見分け方

2017年05月17日

イダツカ・ノサ

もしかして泥棒かも? 家の近くにいる不審者の見分け方

そのスーツ男、実は泥棒!?

もしかして泥棒かも? 家の近くにいる不審者の見分け方

(写真:アフロ)

不審者は、目立たない服装をしているケースが多い

この春から、ひとり暮らしをスタートさせた人も多いはず。家で何をしていても誰にも文句を言われないので、おおいに羽を伸ばしている人もいるだろう。けれども、ひとり暮らしには危険がいっぱい。そこで、危険の芽を素早く摘み取るためにも、家の近くにいる不審者の見分け方を紹介しよう。今回、その極意を教えてくれるのは、セキュリティー対策のエキスパート「セコム」だ。


まず、不審者というのはどういう服装をしているのだろう。手ぬぐいで頬かぶりをして唐草模様の風呂敷を背負った、「いかにも泥棒」という格好をした不審者など存在しない。実際、セコムによると不審者は目立たない服装をしているのだとか。なかでも多いのがスーツ姿。次に、作業着、普段着、ジャージが多いと言われているのだという。


不審者の多くがスーツを選ぶ理由は、もちろん住宅街をウロウロしていても目立たないからだ。もし、家の近くでスーツ姿の人を見かけても、「泥棒だ!」と思う人はいないはず。せいぜい、個人宅を営業してまわっている営業パーソンだと思うくらいだろう。

泥棒はいかに周りに溶け込んで、目立たないかということを考えている。 (ペイレスイメージズ/アフロ)


スーツほどではないが、作業着も周囲の目をそらすための最適ファッション。たとえば、「○○工務店」などと書かれた作業着を着た人が、隣の家の屋根にハシゴをかけてのぼっていても、怪しいと感じる人は少ないはずだ。

泥棒の習性を把握して、不審者を見抜こう!

では、まったく見分けがつかない不審者を、いったいどのようにして見分ければいいのだろう。そのためにもまず、泥棒の行動について説明しておこう。セコムによると、泥棒は事前に下見をするのだとか。


狙いを定めた家の住人の生活パターンを調べ、留守になる時間帯や来客数を把握したうえで犯行にのぞむケースが多いそう。さらに、扉や窓に鍵をかけているかや、忍び込みやすくて逃げやすいか、近所からの見通しがいいか、周辺に通行人が多いかなども事前にチェックしているのだ。


そういった泥棒の習性を把握したうえで、不審者かどうかを見抜くポイントを紹介しよう。セコムによると、下記に該当するような人物はターゲットとなる家を物色している不審者の可能性があるのだという。


【泥棒を企んでいる不審者の危険性が高い人物像】

  • 住宅街の中の公園で長い時間ベンチにすわり、周りの住宅の様子をうかがっている。
  • 目標もなくウロウロ歩いて、住宅が留守かどうか、様子をうかがっている。
  • 顔を見られないように、サングラスやマスクなどで顔を隠している。
  • 不審なバッグや手さげ袋などを持っている。
  • 見られても視線を合わさないようにしている。

(出典:セコム株式会社「家庭の防犯対策」)

不審者がいたら、家族や隣近所と情報を共有化して警戒しておくことが大事(写真:アフロ)

あいさつする習慣をつけることが、泥棒被害の抑止に?

仕事などで日中は留守がちなので、不審者の存在を知る方法がない。そういう人は、警察や自治体などが運営している「犯罪情報メール配信サービス」を利用するといいだろう。また、近所付き合いをしっかり行い、不審者の情報を共有しておくことも大切。もしも不審者の情報が多く集まった場合は、マンションの管理人や地域の交番に情報を伝えるなどし、地域を挙げて警戒するよう心がけたい。


またセコムによると、普段見かけない人が近所を歩いているのを見かけた場合は、「おはようございます」「こんにちは」とあいさつをする習慣をつけるのもポイントだとか。声をかけられるだけで心理的プレッシャーとなり、犯行をあきらめる泥棒が多いのだという。


そのほか、泥棒は下見の際に「女性のひとり暮らし」や「高齢者の家」といった、その家の特性を示す「マーキング」を現場に残すこともあるという。不審者の情報収集や情報共有、見慣れない人へのあいさつと合わせて、表札付近や玄関まわりに不審なマーキングが残されていないかをチェックすることも忘れずに。マーキングを見つけたらすぐ消すようにすることで、泥棒被害の抑止につながるだろう。


もちろん、外出時は必ず家のカギをかけておくなど、住まいの防犯対策も重要。できることをしっかりやって不審者に隙を与えないようにし、ぜひ快適なひとり暮らしをエンジョイしてもらいたい。


【取材協力】

【出典元】

最終更新日:2017年05月17日


キーワードを入力してください

キーワードから探す

本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。