ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
実はとっても使える! 保冷剤の活用法

2017年06月06日

イダツカ・ノサ

実はとっても使える! 保冷剤の活用法

家のあらゆる場所で大活躍!

実はとっても使える! 保冷剤の活用法

保冷剤には、さまざまな大きさやタイプのものが存在している

 まずは正統派「保冷剤」として活用


アイスやケーキなどの生菓子を買ったり、高級スーパーやデパートで生モノなどを購入したりすると付いてくる保冷剤。ついつい冷凍庫にほうり込んでそのまんま……、という人も多いはずだ。けれども実はこの保冷剤、隠れた実力者らしい!


まずは、保冷剤の中身を見てみよう。その正体は、およそ98%が水分。そのため固まっていると氷、溶けてくると水のような感触になる。では残り2%は何かと言うと、高吸水性ポリマーと呼ばれている物質なのだ。紙おむつや簡易トイレなどにも活用されている物質で、水を吸収して固める性質をもっている。


中身がわかったところで、どんなときに活躍するかを見てみよう。これからの季節にオススメなのが、お弁当の上下に二つ入れること。怖い食中毒から自分や家族を守ってくれるのだ。野菜を冷やしたり料理の余熱を取ったりするときには、氷代わりにボウルに入れてみよう。


さらに暑い時期はベビーカーやチャイルドシート、さらにはペットサークルに置いておくと、赤ちゃんやペットがより快適になる。そのままでは冷たすぎるので、タオルやガーゼにくるんでおこう。また日焼けや虫刺されで肌が熱をもっているときに当てて、冷やすのも効果的。さらには入浴後に顔に当てて冷やせば、毛穴引き締めにも使えちゃうのだ。

保冷剤のさらなる可能性を模索! 

中身が水と高吸水性ポリマーであるため、保冷剤ではなく保温剤としても利用できる。つまりカイロなどとしても使えるのだ。作り方はとっても簡単。40度前後のお湯に3分間ほど湯せんすればOKだ。思わず電子レンジで「チン!」したくなるが、袋が溶けて破れる可能性があるのでやめておこう。


保冷剤の保温剤利用は、市販の携帯用カイロほど持続性はないので、アウトドアには不向きかもしれない。オススメは、部屋のなかで体を温めるアイテムとして使うこと。冷える足元に置いてもいいし、アイマスク代わりに目を温めてもいい。お腹をこわした際に、下腹部を温めるのもオススメ。熱くなりすぎないので、低温ヤケドの心配もなさそうだ。


続いての活用法は、旅好き&植物好きは見逃せないはず。長期の旅行や帰省などで直面する「植物の水やり」問題が、保冷剤のおかげで解決するのだ。具体的には、解凍してジェル状になった保冷剤の中身を、植木鉢やプランター、花壇の土に敷き詰めておくだけでOK。吸水性ポリマーから水が徐々ににじみ出し、植物たちを潤してくれるのだ。ただし効果は3日間ほどなので、長期間不在にする際には、これまでと同様に「枯れずにいてくれ!」と祈ることになる。


保冷剤の中身のおかげで、家庭菜園のパセリを枯らすことはなさそうだ

保冷剤deお手製消臭剤を作っちゃおう

最後に、保冷剤のとっておきの活用法を紹介しよう。それは、自分好みの香りを放つ消臭剤だ。市販の消臭剤のいくつかは、透明の容器のなかにジェル状の物体が入っている。そう、あれこそが水分と高吸水性ポリマー! つまり、保冷剤と入っている物質はほぼ一緒なのだ。


というわけで、さっそく消臭剤を作ってみよう。まずは解凍してジェル状に戻し、グラスや瓶などお好みの容器に移し替える。色を付けたい場合は、この時点で好きな色の絵の具を加え、割り箸などの棒でかき混ぜよう。最後に、好みの香りのアルマオイルを垂らせば完成だ。さらにデコりたい方は、容器にペンやマニキュアなどでアートを施したり、ビーズやシールを貼り付けたりしてもグッド。


まずは保冷剤の中身をグラスに移す


そこへ、ブルーの絵の具を投入!


割り箸でかき混ぜて絵の具を馴染ませ、アロマオイルをイン!


このように、思いのほか高いポテンシャルをもっている保冷剤。冷凍庫の肥やしにしておくのはもったいない! と思いきや、実は冷凍庫のなかでも私たちのために健気に働いているのだ。というのも、モノを入れすぎると電気代がアップする冷蔵庫とは違い、冷凍庫はギッシリ詰まっていたほうがいいと言われているから。そのほうが、保冷効果が高まるというのだ。冷凍庫にあってよし、外で活用してもよし。これからは保冷剤をもらうたびに、密かにテンションが上がってしまいそうだ。


ただ、保冷剤の中身の高吸水性ポリマーを誤って口にしてしまう子どもや高齢者の事故が多発しているのだとか。保冷剤の中身を出す際は、子どもや高齢者が誤飲しないようにくれぐれも注意してもらいたい。

最終更新日:2017年06月12日


キーワードを入力してください

キーワードから探す

本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。