ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
昔ながらの蔵のある家。そこには何が入っている?

2017年07月18日

イダツカ・ノサ

昔ながらの蔵のある家。そこには何が入っている?

友人の実家の蔵を見せてもらった

昔ながらの蔵のある家。そこには何が入っている?

昭和初期に建てられたという立派な蔵

気になる現役バリバリの「蔵」を直撃!

田舎に行くとよく目にする、庭の一角に鎮座する「蔵」。石造りの石蔵や漆喰でつくられた土蔵など、地方によってその様式は異なっている模様だ。それはそうと、あの中には、いったい何が入っているのだろうか? というわけで、「うちの実家、蔵あるよ」とカミングアウトしてくれた(別に隠すようなことでもないのだが)友人の実家がある、栃木県宇都宮市に向かった。


宇都宮駅から車で25分ほどの友人の実家に向かう途中にも、数々の「蔵保有家庭」を発見。どれも、白っぽい石でつくられた石蔵だ。その多くが、田んぼや畑に囲まれた農家。蔵の材料として使用されているのは、加工しやすく耐火性にすぐれている宇都宮市大谷町特産の「大谷石」だ。ちなみにこの石は、帝国ホテルの「ライト館」の材料にもなっているという、由緒正しい石だそう。


そうこうするうちに、ついに蔵のある友人の実家に到着! 門を入るとすぐに、堂々とそびえる二階建ての大谷石による蔵が鎮座していた。1階には瓦屋根の広めのひさしがあり、自転車やバイク、庭の手入れ用の芝刈り機やリアカーなどが軒下におさめられていた。「農業をしているお家だと、農作業に使う機械なんかも蔵の前に置いてあるよ」と友人。それではいよいよ、蔵の内部に潜入だ!

何が入っている? 蔵の内部に突入!

重い鉄の扉を開き、中へと足を踏み入れる。ひんやりとした空気と、少しカビ臭い臭いに包まれた。壁にあるスイッチを押したところ、蛍光灯が灯り2階建ての蔵の内部が浮かび上がった。1階にはいろいろな棚があり、段ボールやドラムセットなどが置いてある。「ウチの息子が、高校時代にバンドをやってて」と、案内してくれた蔵所有のマダム。1階にはそのほか、とくに目をひくものは置いていなかった。


30年以上放置されたままのドラムセットの一部

なんと蔵の中に階段が!後から取り付けられたという

そこで鉄製の階段を上り、2階に向かった。なんと、床に畳が敷き詰められているではないか! 壁側は一面、押し入れのような収納になっていた。収納を開けてみると、古い布団や衣類と思われるものが詰まっている。古いタンスも置いてあった。マダムによると、「このタンスや押し入れには、家族の着物なんかが入っていたの。この畳で着付けをしてたのよね」。蔵の中で着付け。なんだか風流だ。


意外にも畳が敷かれていた蔵の2階

収納を開けると布団がぎっしり!


奥にもうひとつ扉があり、開けてみると大量の衣類がラックに吊されていた。しかも大半の服に、クリーニング店のビニールがかかっている。「あ、それは、結婚当時の私と夫の服。ちなみに、3年前に結婚50周年を迎えたんだけど」とマダム。50年前!? とはいえ、保存状態はとてもよく、虫などにも食べられていない。おそるべし、石蔵の保存力……。


キレイな状態で保存されている、50年前のヴィンテージウェアたち!

米蔵から物置へ……。ライフスタイルとともに変貌!

この蔵が建てられたのは昭和初期、なんと今から80年以上も前。かつてマダムの家は代々続いた呉服店でもある地主で、こうした蔵が5つも並んでいたそう。そのうち4つほどは、小作人から納められた米などの食料が保管されていたらしい。


マダムの家に飾られている当時の蔵と呉服店の写真


残る1つの蔵は、着物が保存されていたという。そのほか、仏事に使用する漆塗りの椀やお膳、金庫なども入っていた。それらは、今、どこに?「昨年、母が他界したのをきっかけに、全部古物商に売っちゃったわ。昭和の教科書とか昔のお釜とかもあったわね」。そのマダムの話を聞いていた友人が、「えっ、そんなの売っちゃったの!? お椀とかお膳とか、私、欲しかった!」と激怒。蔵の中は突如、地獄絵図と化した。


怒りがおさまらない様子の友人によると、蔵イコール「怖いところ」だという。いたずらをしたり、大人に反抗をしたりすると、もれなく蔵に閉じ込められたそうだ。当時は日本人形の入ったガラスケースなんかも置かれていたそうで、それはそれは怖かったという。暗闇に浮かぶ日本人形の姿。確かに、それは怖い……。


このように、かつての食料貯蔵庫から物置に変貌を遂げている蔵。なぜ中身もだいぶなくなっているのに壊さないのか、とマダムに聞いてみたころ、「え、だって別に壊す必要ないでしょう?」とのこと。確かに、庭は広いし物置にもなるし、壊す必要はなさそうだ。筆者のマンションの何倍も広い蔵。さらに石造りで、夏は暖かく冬は涼しそう……。あの、マダム、ここに住まわせてもらえませんか!?

最終更新日:2018年09月26日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。