ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
誤配の郵便物が届いたら、どうすればいいの!?

2017年12月08日

イダツカ・ノサ

誤配の郵便物が届いたら、どうすればいいの!?

知っておきたい郵便物トラブル対策

誤配の郵便物が届いたら、どうすればいいの!?

(写真:アフロ)

他人宛の郵便物、さあどうする?

諸外国に比べ、非常に優秀な日本の郵便配達サービス。けれども配っているのが人間である以上、どうしたってミスは生じるものだ。自分の家のポストに、他人の郵便物が紛れ込んでいた、という経験をもつ人は多いだろう。同じマンションに住んでいる場合などは正しいポストに入れればすむが、さっぱり手掛かりがないときには、途方にくれてしまうものだ。


では、こんなときはどうしたらいいか。郵便局のサイトによると、

「万一、他人さまあての郵便物が配達された場合は、郵便物の表面に誤配送である旨記載した付せん等を貼っていただき、郵便差出箱(郵便ポスト)に投函していただくか、郵便物のご配達があったことを最寄りの郵便局、又はお客様サービス相談センターにご連絡ください」

とある。さらに参考として、

「郵便法第42条(誤配達郵便物の処理)郵便物の誤配達を受けた者は、その郵便物にその旨を表示して郵便差出箱に差し入れ、又はその旨を会社に通知しなければならない。」

との法律を紹介。つまり誤配とわかるようにしてポストに戻すか、郵便局にもっていくのが法律的にも正しいのだ。


「面倒くさいし、そんなの無理!」と、処分するのは厳禁。勝手に捨ててしまうと、刑法によって処罰されてしまう可能性も。器物損壊罪として、最悪、3年以下の懲役または30万円以下の罰金を課されてしまうのだ。捨てた郵便物が重要書類などの場合、さらに罪は重くなる危険性もあるので注意したい。

もし誤配の郵便物を開けてしまったら?

宛先などろくに見ずに、郵便物を開封したことは誰にでもあるはずだ。筆者も日々、宛名を確認してからオープン、なんてことは滅多にしていない。そのようにして開けた結果、郵便物が他人宛であると判明した場合はどうすればいいのだろう?


同じく、日本郵便のサイトをチェックしてみると、

「お手数ですが、郵便物を補修の上、郵便物の表面に誤って開封したこと、氏名、住所を記載した付せん等を貼っていただき、郵便差出箱(郵便ポスト)に投函していただくか、郵便物の誤配達があったことを最寄りの配達局、又はお客様サービス相談センターにご連絡ください」

とある。


対処法は煩雑になるが、誤って開けてしまったのは確かにこちらの落ち度。誤配に気づいたらすぐに、いさぎよく「開封してしまいました」という告白に名前と住所を添えて、ポストに戻すのがベストだろう。もちろん、封筒などに入っているものを破損したり、自分のものにしたりするはもってのほかだ。


(写真:ペイレスイメージズ/アフロ)

誤配を防ぐための注意点とは?

というわけで、誤配されてきた郵便物への対処法はよくわかった。では、自分宛の郵便物が誤配された(届かない)場合はどうしたらいいのだろう。郵便局には調査制度が整っているので、まずは最寄りの郵便局に相談してみよう。すると郵便物の流れに沿って、関係する郵便局を調査し、結果を報告してくれるという。


さらには、自分が出した郵便物が誤配されてしまう可能性だってある。その防止法としては、住所や氏名をしっかり記入することがあげられるだろう。またもしかしたら、郵便ポストに投函した後で「宛先を書き忘れた!」「間違った封筒をポストに入れてしまった!」と気づくこともあるかもしれない。その場合は、ポストに貼られている担当郵便局に連絡して、事情を話せばOKだ。


また、引っ越した場合は、すぐに郵便局に「転居届」を提出しよう。すると1年間無料で、旧住所宛の郵便物などを新住所に転送してもらえるのだ。ネットで届けられる「e転居」を活用するとより便利。これを怠ると、もとの住所にクレジットカードが届いて現在の住人が開けてしまい、出来心で使われてしまう……なんていうこともあり得るのだ。ただし、この転居届は郵便物にしか適応しないので、宅配便を送ってもらうときは、送り主に新住所を必ず伝えるようにしよう。


無用のトラブルに巻き込まれないためには、届いたときも出すときも、郵便物の宛先をしっかり確認する習慣をつけることが大事。また、引っ越した場合は「転居届」を提出するとともに、クレジットカードやキャッシュカードなどの重要なものについては、発行元に住所変更を伝えることも忘れずに!


参考サイト

最終更新日:2017年12月11日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。