ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
住宅ローンの残高が0円になる、「団信」って何!?

2018年03月12日

イダツカ・ノサ

住宅ローンの残高が0円になる、「団信」って何!?

意外と知らない「団信」のすごさ!

住宅ローンの残高が0円になる、「団信」って何!?

(写真:アフロ)

住宅ローン返済中、万が一のことがあった時にマイホームや家族を守るための保険

住宅ローンを組む際、ほとんどの金融機関で借入れの条件とされている保険が存在する。それが、住宅ローンに特化した生命保険と言われる「団体信用生命保険」、通称「団信」だ。住宅ローンを利用したことがない人なら、ほとんどが「?」なこの保険。実際どのようなものなのか、カーディフ生命保険会社の広報・吉田さんに話を伺った。


「団信は、住宅ローンを返済中の方が死亡もしくは高度障害状態になってしまったときに、ご本人に代わって生命保険会社が住宅ローンの残高を支払うというもの。つまり、もしご自身の身に万が一のことがあった際に、マイホームやご家族を守るための保険だと言えるでしょう」(吉田さん・以下同)


マイホームは高額なので、住宅ローンの返済期間は30~40年など長くなりがち。今はまったく大丈夫でも、この先どうなるかは誰にもわからない。万が一のことがあった場合、残された家族には大きな負担がのしかかるだろう。そういったリスクに備えるための心強い味方が「団信」なのだ。


「ただ、一般の生命保険と違って、契約は住宅ローンを組む金融機関と保険会社との間で取り交わされるのが特徴。名称に『団体』という言葉がついているのは、個人と契約するものではないためです。万が一のことがあっても保険金で残りの返済を充当できるので、金融機関にとっても大きなメリット。つまり団信は、住宅ローンを借りられる方と金融機関、双方のリスクヘッジとなる保険なのです」

がんと診断された時点で、住宅ローンの残高が0円になるタイプも!

(ペイレスイメージズ/アフロ)※写真はイメージ


時代や世の中のニーズに合わせて、団信も大きく進化。今では、死亡もしくは高度障害状態になってしまった場合以外にも、保障が受けられるタイプが登場しているという。


「カーディフ生命保険では、業界に先駆けて2001年に『がん団信』という商品を発売しました。これは、がんと診断された時点で住宅ローンの残高を当社が保障するというものです」


もし、がんになって働けなくなった場合でも、住宅ローンの返済を心配せずに治療に専念できるのが大きなポイント。つまり「がん団信」は、がんになった人の経済的負担を軽減し、安心して生きることをサポートする保険であると言えるだろう。


「医学の進歩によって、がんは治る病気になりつつあります。治療によってカラダが回復し、再び元の生活が送れるようになった場合でも、住宅ローンを自ら返済しなければいけなくなる、ということはありません」


カーディフ生命保険会社では、姉妹会社であるカーディフ損害保険会社と協働し、その後も次々に業界の常識を覆す付加価値を提供。がんと並んで日本人の死因の多くを占める脳卒中や急性心筋梗塞で所定の状態となった場合や、5つの重度慢性疾患によって就業不能状態が続いた場合に、ローン残高を保障してくれる特約はその一例だ。


「そのほか、病気やケガになった場合や失業時などに、月々のローンの返済を保障するものや、ローンご契約者の奥さまが女性特有のがんと診断された場合に一時金100万円を支給する特約なども存在します」


(ペイレスイメージズ/アフロ)

住宅ローン借入れの際は、金利だけでなく団信も要チェック!

実際、団信のおかげでマイホームと家族の生活を守ることができたという人も多数。カーディフ生命保険会社にも、「住宅ローンから解放されたことで経済的負担が減り、これから落ち着いて治療に専念できる」「娘たちにはせめて大学まで行かせたいと思っていたので、最悪家を売れば学費を用意できると思うと安心」といった声が数多く寄せられているという。


また、昨年12月にカーディフ生命が発表した「住宅購入した未婚男女の意識調査」では、購入前・購入時にやっておけばよかったこととして、「団信の特約を付けておけばよかった」という声が23.6%と圧倒的に多かった。


住宅ローンを借りる金融機関を選ぶ際は、つい借入金利などを優先させてしまいがち。けれども、その金融機関がどのような団信を取り扱っているのかを、しっかりチェックしておくことも重要だと言えるだろう。


最終更新日:2018年03月12日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。