ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
自宅を売っても住み続けられる!「リースバック」って何!?

2018年08月02日

イダツカ・ノサ

自宅を売っても住み続けられる!「リースバック」って何!?

住宅購入のリスクヘッジにも!?

自宅を売っても住み続けられる!「リースバック」って何!?

写真:アフロ

マイホームの購入を考えているなら、知っておきたいサービス!

憧れのマイホームを手に入れたいけど、何十年も住宅ローンを返済していけるのか心配。そういった理由で、住宅購入に二の足を踏んでいる人も多いはずだ。「住宅ローンの返済が厳しくなったら家を手放しつつも、その家に住み続けられる方法があれば買えるのに……」と夢想しながら悶々としている人もいるだろう。


そんな都合のいい話はあるわけないと思いがちだが、実はあったのだ。それが、「リースバック」を活用するという方法。住んでいる家を第三者に売却し、そこと賃貸契約を結んで家賃を支払いながら住み続けることができるというものである。


ペイレスイメージズ/アフロ


この夢のようなサービスを提供しているのは、不動産会社や金融関連会社など。それらの会社や提携先の会社が、査定や現地調査をもとに買取価格や家賃を決定し、家の買い取りを行う。その後、売買契約と賃貸契約を結んで売買代金を受け取り、あとは普通の賃貸物件の場合と同様に家賃を支払えばいいという流れだ。最短2週間で契約が可能な会社もあるなど、比較的スピーディーに事を運べるのも大きな魅力だろう。


住宅ローンの返済が厳しくなった場合の助け舟があるとわかれば、マイホーム購入が一歩前進するという人もいるはず。万が一のリスクヘッジとして、「リースバック」についての知識を深めておきたい。

住宅ローンの返済から開放される以外にも、こんなメリットが!

写真:アフロ


「リースバック」の魅力は、住宅ローンから解放されて、そのまま自宅に住み続けることができるだけではない。固定資産税やマンションの必要経費である管理費などの支払いも不要に。また、子どもの学区変更の問題もない。さらには、一度手放した住まいを買い戻すこともできるという。


【リースバックのメリット】

  • そのまま住み続けることできる
  • 住宅ローンの返済から解放される
  • 固定資産税の支払いが不要になる
  • (マンションの場合)管理費などの支払いがなくなる
  • 将来的に買い戻すことができる


売却によってまとまった現金を手に入れられるので、住宅ローンの返済苦以外の目的でも「リースバック」を活用することが可能。子どもの教育費問題で行き詰まった場合や、大病を患って路頭に迷った際などにも有効である。


また、「子どもがいないので資産を自分たちで使い切りたい」「セカンドライフをアクティブに楽しみたい」「元気な今のうちに、家を処分しておきたい」「相続問題で子どもに迷惑をかけたくない」というシニアにもオススメのサービスだと言える。

メリット、デメリットをもとに、理想のマイホームプランを!

「リースバック」はメリットばかりかといえば、決してそうではない。売却価格が相場より安くなりがちなほか、毎月の家賃が相場よりも高くなることがあるなどのデメリットをはらんでいる。また、売却価格よりも住宅ローンの残債が多くなる場合など、「リースバック」を活用したくてもできないケースも存在する。


ただ、マイホームを手に入れたいけど住宅ローンの返済に不安を覚えている人にとっては、心強い存在となるはず。すでに住宅を購入したものの、住宅ローンの返済で苦しんでいる人にとっても、ありがたい選択肢のひとつとなるだろう。さらには、住宅ローンの返済が終わって今後のことを考えたいシニアにとっても、有意義な老後を考えるうえでの参考になるはずだ。

最終更新日:2018年08月02日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。