ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
「世界で最も住みやすい都市」ランキングにランクイン! 大阪が...

2018年10月31日

イダツカ・ノサ

「世界で最も住みやすい都市」ランキングにランクイン! 大阪が3位で東京は7位

東京より住みやすいという結果に!

「世界で最も住みやすい都市」ランキングにランクイン! 大阪が3位で東京は7位

(写真:アフロ)

それまでの10位以下から、大幅ランクアップで3位を獲得!

英誌エコノミストの調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」では、毎年「世界で最も住みやすい都市」ランキングを発表。世界140都市を、「治安」「衛生」「文化・環境」「教育」「インフラ」などの項目で評価し、ランク付けを行っている。


直近の3年間を振り返ってみると、2015年から2017年まで3年連続で、1位に「メルボルン」、2位に「ウィーン」、3位に「バンクーバー」がランクイン。ところが、今年8月に発表された2018年版で大きな変化が起こった。


ウィーン国立歌劇場(写真:アフロ)


7年連続王者だった「メルボルン」が首位陥落。1位に輝いたのは、音楽の都としても知られる「ウィーン」だったのだ。さらに驚くべきことに、日本第二の都市「大阪」が大躍進。なんと、前年10位以下だったにもかかわらず、世界の名だたる有名都市を差し置いて3位に急上昇したのだ。ちなみに東京も、前年の10位以下から7位にランクアップしている。


【2018年版「世界の最も住みやすい都市」ランキング】

1位 ウィーン   (オーストリア)

2位 メルボルン    (オーストラリア)

3位 大阪       (日本)

4位 カルガリー    (カナダ)

5位 シドニー     (オーストラリア)

6位 バンクーバー   (カナダ)

7位 東京       (日本)

7位 トロント     (カナダ)

9位 コペンハーゲン(デンマーク)

10位 アデレード      (オーストラリア)


※「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」の調査より

ひったくり件数が約95%以下に! 犯罪件数の減少が高評価につながった!?

(ペイレスイメージズ/アフロ)


大阪が高く評価されたポイントは、世界的に見た「公共交通機関の利便性」「治安のよさ」のよう。ただ、「治安のよさ」について言えば、大阪は日本においては犯罪件数上位の都市。特に、ひったくりの件数が多いことで知られている。この評価ポイントに、疑問を覚える人も少なくないだろう。


ところが近年、大阪府内の重点犯罪の認知件数は減少傾向にある。長年問題になっていた、ひったくり件数は646件(2017年)。ピーク時の2000年が1万973件だったので、なんと約95%も減少したという計算になる。


大阪府警では、自治体に防犯カメラ設置を促したり、自転車かご用のひったくり防止カバーを無料配布したり、防犯教室を開催したりと対策を強化。こういった地道な努力による犯罪率の低下が、今回の躍進理由のひとつになったのかもしれない。

東京を差し置いて3位に入ったのは当然!?

(ペイレスイメージズ/アフロ)


では、「世界の最も住みやすい都市」ランキング3位の理由について、当の大阪人たちはどのように考えているのだろうか。実際に大阪で暮らしている友人たちに話を聞いてみた。


「『くいだおれのまち』なのでゴハンがおいしい!」「人情味があって人があたたかい!」「日本第二の都市だけあって、ショッピングやコンサートに行くのが便利!」「都会と自然のバランスがちょうどいい!」「再開発の影響で、大阪駅周辺がすごくオシャレになった!」などの声があがった。


そのほか、「東京と比べると物価や家賃が安い!」「東京ほど電車が混雑していないし、路線も複雑すぎない!」「東京と違って街がコンパクトで住みやすい!」など、東京を差し置いて3位に入ったのは当然と言わんばかりの回答も少なくなかった。


進学や就職、転職を機に、都会で暮らしてみたいと思っている人は多いはず。東京に行こうか、大阪に行こうか迷った際は、「世界で最も住みやすい都市」ランキングの結果も参考にしてみるといいだろう。


【参考サイト】

 ※3.重要窃盗犯(1)重要窃盗犯 認知・検挙状況を参照

最終更新日:2018年11月01日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。