ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
部屋を借りるときに注意したい「重要事項説明」「賃貸借契約」の...

2018年12月05日

イダツカ・ノサ

部屋を借りるときに注意したい「重要事項説明」「賃貸借契約」のチェックポイント

事前によく確認してトラブル回避を

部屋を借りるときに注意したい「重要事項説明」「賃貸借契約」のチェックポイント

写真:アフロ

のちのちのトラブルを防ぐためにも、しっかり確認することが大事!

部屋を借りる際、理想の物件が見つかった段階でついホッとしてしまいがち。けれども実は、その後の手続きが終了するまで、気を抜くことはできないのだ。まず、契約前に不動産会社から物件や契約条件に関する重要事項説明を受けることになる。その内容について納得して申し込みを行い、審査が通れば賃貸借契約を結ぶというのが一般的な流れだ。


その際に目にする「重要事項説明書」と「賃貸借契約書」には、専門的な用語がいっぱい。難しい印象を受けるので、キチンと中身を確認しないという人も多いだろう。けれども、しっかり確認しておかなければ、のちのちトラブルに発展する危険性も。「知らなかった!」と後悔しないためにも、重要事項説明と賃貸借契約のチェックポイントを紹介しよう。


その前にまず、重要事項説明と賃貸借契約について簡単に説明しておこう。重要事項説明とは、宅地建物取引業法という法律で定められた行為。「対象物件に関する事項」と「取引条件に関する事項」について、契約前に宅地建物取引士の有資格者から口頭と書面で説明を受けることになる。


賃貸借契約とは、物件オーナーと部屋の貸し借りに関する契約を結ぶこと。契約の内容はそれぞれで異なるものの、一般的に契約書には下記の内容が記されている。


【賃貸借契約書の主な項目】

  • 契約期間と更新の定め
  • 賃料や管理費(共益費)の額、支払い、滞納時のルールなど
  • 敷金など
  • 反社会的勢力の排除
  • 禁止事項
  • 修繕
  • 契約の解除
  • 借り主からの解約
  • 原状回復の範囲と内容
  • 特約事項

重要事項説明のときから敷金の清算や原状回復費は要チェック!

写真:アフロ


ここからは、重要事項説明時にチェックしておきたいポイントを紹介しよう。まず、飲用水・電気・ガスなどインフラの整備状況をしっかり確認。特別な負担金などが発生するケースもあるので、利用する際の費用負担についても事前に聞いておきたい。


台所・浴室・トイレ・エアコンといった部屋の設備の状況もしっかり確認。さらに、それらが壊れた場合などの費用負担の有無を見ておこう。


契約の期間と更新に関する取り決めや、礼金・敷金・更新料など家賃以外に必要になるお金のことも丁寧に確認。契約開始日と賃料の発生日についても、あわせてチェックしておくといいだろう。


また、敷金などの精算に関する事項も忘れずに見ておくべきポイント。家賃の滞納や室内の破損、汚損がなければ敷金はほとんど戻ってくるのが一般的だが、敷金の清算については退去時に物件オーナーとトラブルになることが多いので、どういう状態であれば原状回復費がいくら必要になるのかを確認しておくといいだろう。


なお、物件オーナーが不動産会社の場合、重要事項説明の義務はない。物件や契約について気になることがあれば、自ら積極的に不動産会社に質問するようにしよう。

禁止事項の見落としが原因で、退去を求められるケースも!?

ペイレスイメージズ/アフロ


次に、賃貸借契約時のチェックポイントを見ていこう。重要事項説明のときと同様、契約期間や更新手続きの流れ、更新料の有無などを確認。家賃や管理費(共益費)の支払い方法や期日、滞納した場合の延滞利率も把握しておきたい。また、賃料の改定についての取り決めがある場合は、その内容の確認も忘れずに!


物件によっては、入居時の禁止事項がいろいろと設けられている。ペットの飼育や楽器演奏、石油ストーブの使用などが、その一例。違反した場合、退去を求められるケースもあるので、しっかり目を通しておきたい。


快適な暮らしを維持するうえで、設備の修繕に関する取り決めも見逃せないポイントだ。通常の使用による故障などでの修繕は、物件オーナーが行うのが一般的。ただし、故意や過失によって必要となった修繕は自身で行わなければいけない。入居中のトラブルを防ぐためにも、その詳細についてキチンと把握しておこう。


退去時に不快な思いをしなくて済むよう、敷金の返還に関する手続きのほか、原状回復に関する取り決めも念入りにチェックしよう。まれに、「原状回復に関する費用はすべて借り主の負担とする」といった不利な条項が賃貸借契約書に記載されているケースもあるので、特約事項についてもじっくり目を通しておきたい。



改めて以下にもまとめたように、重要事項説明と賃貸借契約で注意すべきポイントはさまざま。事前に確認することで、不安が解消できるだけでなく、のちのちのトラブルも回避できるだろう。


【重要事項説明時のチェックポイント】 

  • 飲用水・電気・ガスなどインフラの整備状況
  • 台所・浴室・トイレ・エアコンといった部屋の設備状況や、壊れた場合などの費用負担の有無
  • 契約の期間と更新に関する取り決め
  • 礼金・敷金・更新料など家賃以外に必要になるお金
  • 契約開始日と賃料の発生日
  • 敷金などの精算に関する事項


【賃貸借契約時のチェックポイント】

  • 契約期間や更新手続きの流れ、更新料の有無
  • 家賃や管理費(共益費)の支払い方法や期日、滞納した場合の延滞利率
  • 賃料の改定についての取り決め
  • 入居時の禁止事項
  • 設備の修繕に関する取り決め
  • 敷金の返還に関する手続き
  • 原状回復に関する取り決め



【参考サイト】

最終更新日:2018年12月05日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。