ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
入居後、部屋に不備が見つかったら、どうすればいいの?

2019年04月23日

イダツカ・ノサ

入居後、部屋に不備が見つかったら、どうすればいいの?

自分で対処しようとしないこと!

入居後、部屋に不備が見つかったら、どうすればいいの?

写真:アフロ

管理会社や大家さんに連絡するのが基本!

無事に引っ越しを終えて、新たな賃貸住宅で希望に満ちあふれた新生活がスタート。と思っていたら、「エアコンがつかない」「お湯が出ない」「水栓から水漏れする」など、部屋に不備が見つかった。そんなときは、いったいどうすればいいのだろう。東京都台東区の不動産会社「株式会社ワークオオツカ」の高橋さんに聞いてみた。


「入居後に不備が見つかった場合は、管理会社や大家さんに連絡するのが基本。連絡先は、契約書に記されているので確認してみてください。どうしても連絡先がわからない場合は、不動産会社に連絡すると教えてもらえるでしょう」(株式会社ワークオオツカ・高橋さん/以下同)


備え付けの設備に不備が見つかった際に、自分で修理業者さんに依頼するのは避けたほうがいいとか。なぜなら、たとえ領収書をもらったとしても、不備の証拠が残っていないため、修理代金を負担してもらえない可能性が高いというのだ。賃貸住宅で不備を発見したら、管理会社や大家さんに即連絡。これが、鉄則だ。

入居後に後悔しないためには、部屋の内覧が重要!

GYRO PHOTOGRAPHY/アフロ


高橋さんによると、生活に支障が出る設備の不具合だけでなく、床や壁に目立つ傷や汚れを発見した場合も、管理会社や大家さんに連絡しておいたほうがいいらしい。


「生活する上で支障がなく、お客様が納得してくださればそのままでお使いいただきますが、退去時にそのお客様の責任にならないようにしっかり記録しておきます」


つまり、そのまま黙っておくと退去時に自分がつけた傷や汚れとみなされる可能性があるということだ。ただ、ちょっとした傷や汚れを発見したからといって、いちいち連絡するのは面倒。できれば部屋の内覧時に、しっかりチェックするようにしておきたい。


不備というほどではないにしても、賃貸広告の内容と一致しているかを確かめるためにも部屋の内覧は重要。最寄り駅からの時間、日当たり、記載されている設備が揃っているかなど、内覧時には情報が正しいか自分の目でキチンと確かめるようにしよう。内覧ができない場合は、せめて間取り図と室内写真を照らし合わせるなどして確認しておきたい。


「引っ越し後に、部屋の間取りの誤りや設置されている設備の有無など、賃貸広告の内容と違うことに気づいた場合は、不動産会社に連絡すべき。もちろん、責任をとってもらう必要があるでしょう。ただ、不動産会社としても情報発信の際は細心の注意を払っています。ですから、あくまで当社の場合ですが『賃貸広告の情報と違う』というクレームを受けたことはありません」

騒音問題の場合、直接クレームをつけるのは避けるべき!

写真:アフロ


部屋自体の不備とは言えないものの、内覧時には発見しづらく、後々に大きなストレスになりかねない問題がひとつある。


「それは、集合住宅ならではの騒音問題。たくさんの人が暮らすマンションなどの場合、上下階や左右の部屋の音に悩まされるというケースがあります。集合住宅に住む限り、ある程度の生活音が聞こえてくるのはやむを得ません。ただ、度を越した騒音は大きなストレスになりがち。

こればかりは、騒音を出している側か自分が引っ越しをする以外、スッキリ解決することはないでしょう」


というわけで、不動産会社の担当者にヒアリングするなどして、引っ越す前に近隣住民の情報を集めておいたほうがよさそうだ。とはいえ万が一、引っ越してきたばかりの新居で騒音問題に遭遇してしまった場合は、どうすればいいのだろうか。部屋の不備を発見した場合と同様に、まずは管理会社や大家さんに相談すること。その部屋の住人にクレームがあることを伝えてくれるはずなので、ある程度の効果は期待できるだろう。


穏便に事を進めるためには、直接クレームを言ったり、壁を叩いたりするのは避けるべし。関係がこじれると住みづらくなるほか、恨みを買われると後々大きなトラブルに発展する危険性があるからだ。



賃貸の部屋で不備や不都合が発生した場合は、自分で解決しようとするのではなく、まず管理会社や大家さんに連絡することが大事。困ったことがあったら、遠慮せずに何でも気軽に相談してみよう。


最終更新日:2019年04月23日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。