ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
退去前の物件も内見できる⁉ VR内見を体験してみた

2019年09月11日

イダツカ・ノサ

退去前の物件も内見できる⁉ VR内見を体験してみた

これぞ新時代の内見!驚きの臨場感

退去前の物件も内見できる⁉ VR内見を体験してみた

VR内見サービスを活用した接客の様子(撮影:筆者)

実際に部屋を内見したときとまったく同じ感覚!

今や、さまざまなビジネスに活かされているVR(バーチャルリアリティ)技術。不動産業界でも、VRを用いた物件の内見サービスが話題になっている。賃貸仲介の店舗にいながらにして、部屋の様子をリアルに見ることができるのだ。果たして、その実力とは!? さっそく、VR内見サービスを開発している会社に突撃してみた。


今回訪れたナーブ株式会社は、「VR元年」と呼ばれる2016年から、VRを使った不動産の内見にフォーカスしたサービスを展開してきた会社だ。同社が開発したサービスは、大手不動産会社を中心に全国約5000店舗に導入(2018年9月末時点)。VRを使って内見ができる部屋の数は、約150万戸にのぼるという。


同社を訪れて手渡されたのが、かわいいデザインのVR端末「クルール」。これを目の前に構えるだけで、部屋の内見の疑似体験ができるのだという。実際どんなものなのか、さっそく体験させてもらった。


身につけた「クルール」の先に映し出されているのは、部屋のリアル空間。覗きながら首を右に向けると部屋の右側の映像が、首を上に向けると天井の映像が映し出される。想像していた以上に見え方がリアルで、実際に部屋を内見したときとまったく同じ感覚を味わうことができた。

効率よく部屋探しができ、部屋選びの選択肢も広がる!

VR内見の魅力について語るナーブ株式会社の小山義幸さん(撮影:筆者)


「クルール」の向こうに広がる映像を実際に見て、VR内見のすごさはよくわかった。では、実際に部屋を見に行かずに、VRで内見するメリットは何なのだろう。ナーブ株式会社のプロダクト部サービス企画グループのマネージャー・小山義幸さんを直撃した。


「間取り図や写真では伝わらない部屋の広さを、感覚的に理解できるのが大きなメリット。実際に部屋を見てみて想像以上に狭かった、という経験をした人も多いと思うのですが、数字上の広さと感覚の広さはまったく別物。VRで内見をすればそのギャップを埋めることができるのです」(ナーブ株式会社の小山義幸さん/以下同)


また実際の内見と違って、店舗にいながら多くの物件を見られるのもメリット。効率よく複数物件の内見を済ますことができるのだ。


「VR内見だと、退去前の物件も内見することができます。通常、退去が決まっている部屋でも、まだ人が住んでいる場合は中を見ることができません。ですが、VR内見なら入居者の有無にかかわらず、部屋の様子を見られるのです。VR内見を活用すれば、部屋選びの選択肢が広がると言えるでしょう」


そのほか、現地に足を運んで内見する時間がないという人にとっても、VR内見は大助かり。進学や就職、転勤などで遠い街に引っ越すときなどに、おおいに役立つだろう。これから賃貸物件を探す際は、VR内見ができる賃貸仲介の店舗に足を運んでみてはいかがだろうか。

ショッピングモールでマイホームを探せる時代に!?

8月10日にオープンした「イオンハウジングVR住宅展示場 イオンモール幕張新都心店」(写真提供:ナーブ株式会社)


VRを活用した内見サービスが導入されているのは、何も賃貸の世界だけとは限らない。ナーブ株式会社のサービスは、売買不動産のモデルルームに変わる存在として注目を集めている。しかも、同社ではショッピングモールなどに一坪程度の無人店舗「どこでもストア」を設置。そこで気軽にVR内見ができるサービスを提供している。


「住宅購入を何となく考えている段階で、不動産会社やモデルルームに足を運ぶのはけっこうハードルが高いはず。なので、ショッピングモールなどでのVR内覧を通して、最初の一歩を踏み出してもらえたらいいなと考えています。遠隔でコンシェルジュが対応し、家族構成や年収、予算などをもとに住宅購入のアドバイスを行うことも可能。今後は、『どこでもストア』をもっと広めていきたいと思っています」


このようにVRの活用によって、賃貸、売買を問わず、不動産選びのスタイルは大きく進化を遂げているところ。ぜひ最新のテクノロジーやサービスの力を借りて、理想の住まいを見つけよう。


最終更新日:2019年09月12日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。