ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
掘り出し物が見つかる? 個人の住宅用に「国有地」って買えるの...

2018年11月19日

meatcombo

掘り出し物が見つかる? 個人の住宅用に「国有地」って買えるの?

国有地の概要と「買い方」を紹介

掘り出し物が見つかる? 個人の住宅用に「国有地」って買えるの?

写真:アフロ

最近はニュースなどでよく見聞きするようになった「国有地」。文字通り、国が保有する土地のことだが、じつは個人でも購入できることをご存じだろうか?
財務省のウェブサイトには「国有財産の売却情報」というページがあり、全国の都道府県が管轄する財務局などによる公開情報へのリンクが貼られている。では、実際にはどんな物件があり、購入する場合どのような手続きが必要なのだろうか?

国有地は個人でも買える



まず、そもそも国有地、国有財産とはどのようなものなのだろうか ? 財務省のウェブサイトによれば、 

国有財産とは、国の負担において国有となった財産等であり、国有地、庁舎・宿舎、政府保有株式などです。財務省・財務局等は、これら国民共有の貴重な財産について、国有地の売却などを通じ国の財政に貢献するとともに、地域と連携した国有財産の有効活用を通じ、地域・社会へのニーズに対応しています。

とある。


基本的には教育や福祉といった公益性の高い団体・事業者からの利用要望を優先するが、そうした要望がなかった土地については個人でも取得できる。もちろん、住宅を建てるための土地として利用することが可能だ。なお、最新の公開情報では、平成28年度末の国有財産現在額は106.0兆円。そのうち、土地は総額で17.9兆円   となっている。

一般競争入札で落札するか、各財務局のウェブサイトで売却情報をチェック

では、こうした土地はどうやって取得できるのか? 国有地は原則として、各財務局などで年3回程度行われる「一般競争入札」によって売却される。基本的な流れは、入札受付開始日の約20日前に公示され、各財務局などで配布される入札案内書を入手できるようになる。入札保証金の納付や必要書類を提出し、落札となれば30日以内に売買契約を締結するというものだ。なお、売買代金は契約締結時に全額支払い(もしくは契約保証金を納付の後、20日以内に残額を支払い)となる。

ちなみに、一般競争入札で落札されず不調に終わった物件については、先着順で売却が行われる。各エリアの財務局のウェブサイトでは「すぐに購入できる物件」を開示しており、国有財産情報公開システムでも売却情報を検索することが可能だ。

たとえば、財務省関東財務局が管轄する1都9県  (東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県)の売却情報を見ると、「すぐに購入できる物件(土地)」として平成30年9月26日時点で69件がヒットした。宅地として登記されている土地で最も高額なのは川崎市宮前区の宅地184.97㎡で5020万円、最も低額なのは千葉県山武郡九十九里町の宅地186.19㎡で103万円となっている。各財務局のサイトでは写真や、用途地域、建ぺい率などの詳細も確認できるため、興味があればチェックしてみるといいだろう。


国有地のメリット・デメリットは?

気になるのは国有地のメリットだが、最も大きいのは通常の市場には出てこない「掘り出し物」が見つかる可能性だろう。しかし、当然ながら中には宅地として条件の悪い土地なども含まれる。その良し悪しを見極め、さらには建ぺい率などの専門的な情報も理解したうえで購入するには、それなりの勘や知識が求められる。不動産仲介業者を通さないぶん、ある程度は自ら情報収集し、学習することが必要になってくるだろう。

また、契約締結から代金支払いまでの期間がタイトで抵当権の設定ができないため、住宅ローンの利用が難しいというデメリットもある。

これらのデメリットをふまえ、それでも良い土地を安く手に入れたいと考えるなら、国有地は一つの選択肢。希望エリアの入札情報を、逐一チェックしておくといいだろう。


【参考サイト】

最終更新日:2018年11月19日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。