ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
DIYで畳からフローリングに(10)フローリング張り終了!

2018年04月20日

池内 万作

DIYで畳からフローリングに(10)フローリング張り終了!

俳優・池内万作のおうちコラム

DIYで畳からフローリングに(10)フローリング張り終了!

お疲れの筆者。残す作業もあとわずか。

前回までのあらすじ

前日の様子。


ようやく床材か!

と意気込みつつも開始した作業ですが、寸法を測り、床材を切り、床材をトントンと叩いて隙間をなくし、ドリルで下穴を開け、フロアー釘を打ち、また寸法を測り……

同じ作業が延々と続き、ついに集中力とフロアー釘がなくなり、作業は終了!

ここまでが前回。


自宅の和室をDIYで直してみる(9)フローリング張りに着手!


今回はその翌日からの始まり~。

近所のホームセンター「ハンディ」で買い出し

作業着でホームセンターに繰り出した筆者。


というわけで翌日、さっそくホームセンターへ。

前日に使い尽くしたフロアー釘の補充です。

「大工の棟梁は設計図を見たら、必要な建材とおおまかな費用をはじきだせる」

なんていいますが、たかだか小さな部屋の床を張るだけで、筆者は一体何回ホームセンターに来たことでしょう(笑)。

別に棟梁を目指してるわけじゃないけど、全然まだまだですね~。


フロアー釘を購入。

どういう風に床材は張り終わるのか?

着実に進んでいく作業。


さてさて。

釘も買ったところでさっそく作業を再開。

右手にトンカチ、左手にドリル、膝の上にはノコギリ、床の上にはメジャーとポンチが。

こんな風に、必要な物と共に右から左へと移動しながら床材を張っていきます。


残すところ後一列。残った隙間は床材の幅よりもだいぶ狭い。


そんな風にして作業を進めること数時間、ついに最後の一列に!

今までとは違って、上の写真のように、最後の一列はどうしても少し「余り」が出ちゃうんですね。

いったいどういう風に床材は張り終わるのでしょうか?

ここからが床張りのクライマックスとなります!

最後の一本 

今回は下の図のように、上から床材を張っていきました。

最後に床材よりも若干狭い隙間が残ったので、それに合わせて細く切った床材をはめ込んだら出来上がり。


ちょっと面倒なのは、床材の幅が10cmなのに最後に残った隙間が1cm、みたいな時なんだそうです。

長い床材を1cm幅に切るのも難しいし、見栄えもあまりよろしくない。

そんな時は下の図のように、床材を一本取り外し5.5cm幅のを二本作って対応するようです。


とまあ、色々とやり方はあるんでしょうけど、こういう風に床材の「割り付け」をちゃんと考えておくことが、床を張るときには重要なんだそうです。 

で、今回はですね……

以前助っ人に来てくれた一級建築士のミノルさんが、床材の幅だとか部屋の大きさなんかを測って、この「余り」部分にあたる「最後の一本」を作ってくれていたのです!

それが、こちら。


割り付け用の床材。隙間とほぼ同じ幅だ。


こいつがキレイに隙間にはまれば、床材張りは晴れて終了となります!

許されるのは数ミリの誤差です。

だから床材を釘で打つ前にトンカチで床材を叩いて、出来るだけ隙間をなくしていたというわけ。

さあ~床張り最後の一本、うまくいくのかいかないのか、どっち!?


ソロソロと床材をはめる筆者。 

運命の瞬間

まったく入らない最後の一本。


あかん(笑)。

叩いたり押し込もうとしても、角が引っかかって入りませんでした。

ホント惜しいんですけどねえ~。

でも、こいつをなんとかしないと終わりませんから。

では、どうするのか? 

そういえばうちに鉋(かんな)があったじゃないか! 


よく分からずに削る筆者。 


意気揚々と鉋を持って来てさっそく削り始めましたが…… 

よくよく考えてみたら、鉋の使い方知らないんですよね(笑)。

でも、道具がいいんでしょうね。

順調に削れていきます。

「よし、こんなもんでいいだろ!」

明らかに削りすぎた床材。


と隙間にはめてみたところ、削りすぎ(笑)。 

とはいえですよ!

一応最後に残った隙間に、割り付けの床材がはまりました!

おおお!!

ということは?

ということはもしかして!?

床材張り、完了!!

はしゃぐ筆者。 


初めて畳をどけたのがなんと去年の十月。 

小林兄弟監督やミノルさんの力を借りながら、半年掛けてようやく床を張り終えました~!

いやあ、自分頑張った!


壁と床材の間には隙間が。 


しかし、壁と床材の間に隙間があります。

細かいところはまだまだなのです!

巾木(はばき。床の上の壁回りに貼る飾り板。壁と床材の間の隙間を隠すためのモノ) を取り付けて、こういった隙間を隠していかなきゃなりません。

でもね。

完成まであと一歩!

もうちょいお付き合い下さい!


よく見ると奥にさりげなくキーボードが置かれている。 


しかし、床がキレイになっただけで部屋が見違えるようになりますね~。 

その証拠に、今まで誰も寄りつかなかった和室には猫が居座り、どういうわけかうちの奥さんの荷物まで運び込まれています(笑)。

そーいやこの部屋、この先誰が使うことになるんでしょうね?

それではまた! 


(文・池内万作 写真・池内みちよ)

最終更新日:2018年12月20日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。