ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
キャンピングカーがやってきた:DIYでぴったりサイズの収納ボ...

2019年02月08日

池内 万作

キャンピングカーがやってきた:DIYでぴったりサイズの収納ボックスを作るも…

俳優・池内万作のおうちコラム

キャンピングカーがやってきた:DIYでぴったりサイズの収納ボックスを作るも…

ご満悦の筆者。後ろに見えるのは真鶴半島。

まずはご挨拶

どうもどうも。

皆様いかがお過ごしでしょうか。


「なんで不動産関係のコラムなのに車の写真がトップなんだ!」


なんて思った人もいるのではないでしょうか。

実は、昨年東京の家を引き払って湯河原に越したんですが、俳優業をやっていると「朝の7時に現場集合」なんて事がよくあるんですね。

都内の現場に7時集合だと、湯河原を4時起床、5時出発みたいなことになります。

それはまだしも、現場が都内じゃなく千葉や茨城になると3時起きの4時出発、しかも仕事前に3時間のドライブってことに。

それはさすがにしんどい。

そんなことがあるたびにホテルに泊まるのもバカバカしい。

それならば!

というわけで、買っちゃいました!


購入した「ジムニー・ハイエース・車中泊@御殿場店」にて。


こいつがあれば、前日に現場付近に移動して車中泊もできるし、撮影中の長い待ち時間中にもゴロゴロできる。

ついでにいうと、遊びに行った先でもゴロゴロできるし、冷蔵庫も電源もあるのでコーヒーをいれてゴロゴロしながら(どんだけゴロゴロするつもりなんでしょう)PCで仕事をすることだってできてしまう。

これは車というよりは、むしろ「動くおうち」といってもいいでしょう!

そんなわけで、このコーナーで取り上げさせてもらうことになったのです。

「物件」について

さてさて。

実は1年ほど前から車中泊ができる「物件」を調べたり、探したりしていたんですが、自分が求める条件はこちら。


  • 大人二人が快適に楽しく泊まれる
  • 燃費、修理費、車検、高速料金等々、ランニングコストが安い
  • 山道をちゃんと走れる
  • 普段使いもできる
  • PCを使って仕事もできる
  • そしてなにより、車内でゴロゴロできる


必然的に大きなキャンピングカーはアウトです。

あまりにデカイ車は普段使いには不便ですからね。

色々考えて、ハイエースがいいのではという結論に達しました。

大人2人なら余裕で寝られるし、丈夫で故障も少なく、カスタムパーツも豊富で下取り価格も高い。

デメリットは燃費があまりよくないことと、盗難率が高いことでしょうか。


広い荷室。


年間2万キロ近く乗るので燃料費の安いディーゼル、山道を走ることも多いので4WDタイプがいいなあとネットで探していたところ……

御殿場のお店でこの「物件」を発見!

ハイエースのディーゼル4WDハイルーフです。

ハイルーフ車は屋根が高いため普通車ではなく中型車となり、高速料金が普通車の二割増しになるので選択肢に入っていませんでした。

でも、ベッドや簡易キッチンを備えたキャンピングカー仕様にして、特殊車両としての要件を満たすと「8ナンバー」となり、高速料金も普通車と同じになるのです!

しかも必要な物はあらかた揃ってるしね。


冷蔵庫、簡易キッチン、ソファベッドは初めから備え付け。


移動や旅が大好きなくせに、できればゴロゴロして暮らしたい。

そんな筆者に、これ以上あった車はないでしょう。

しかもハイエースはちゃんとメンテナンスすれば100万キロだって走れる丈夫な車です。

年間2万キロ走っても30年で60万キロ。

下手をしたら「終の棲家」を手に入れてしまったかもしれません(笑)。


(30年後にはさすがに化石燃料を使用する車はなくなり、ほぼEVになってるんじゃないかと思いますが……それはまた別の話)

今回のタスク

なごむ筆者。


そんなハイエースですが、ちょっと収納が少ないんですね。

寝泊まりするには布団や毛布も積んでおかなきゃいけないし、カメラマンと筆者がやっているウェブ音楽番組「MUSIC SHARE」の配信日には大量の機材を運びます。

というわけで今回はベッドの下の空間に「ピタッと収まる収納ボックス」を作っていきたいと思います。

問題点

問題というほどじゃないけど、気になる点が二つ。

一つ目は床にあるセンターテーブルの取り付け金具ですね。

この金具に干渉しないように収納ボックスを作る必要がある。

 

机の脚を取り付けるブラケット。


ここの隙間に収まる収納ボックスを作りたい。


そしてもう一つは「ピッタリと収まる」というところ。

ピタッと収まれば限られた面積を最大限に利用できるのはもちろん、荷物が無駄に動くのを抑えられるし、騒音も少なくなるでしょう。

でもわずか数ミリの狂いが「ジャストサイズ」と「まるで使えないゴミ」の別れ道にもなります。

この前やった建具作りを思い出しますねえ。


DIYでテレビボードをカメラ収納棚にリメイク 扉がうまくはまらず試行錯誤


それでは始まり始まり!

お買い物

コンパネ1枚1680円。これを5枚使用。


車内のサイズを測ったところで、材料を買いにホームセンターへ。

強度や値段のことも考えて厚さ12mmのコンパネを使用。

密閉空間で使うのでホルムアルデヒド等不使用のモノを選択。


今回は「ピッタリ収納ボックス」ですからね。

なんといっても精度が求められます。

多少お金はかかりますが(板1枚につき3カット無料、以降ワンカット30円)ホームセンターの製材機でピシッと切ってもらうことにいたしました。


ホームセンターの製材機。


それと、お店の人に分かりやすいよう、一応図面とかも用意。


なるべく「余り」が出ないように考えた図面。eYACHOというアプリを使用。


ご機嫌な筆者。


切り終わった木材を手にすると板が厚いせいかとても重い。

でも、ある程度厚みがないとビスを打てないし、強度もないし。

あとで聞いたところ、実は軽くて丈夫なでビスも打てる素材があるらしいですけど、お金は払ったし、切ってもらっちゃいましたからね。

今回はそのことは忘ましょう(笑)。

それでは帰宅して作業開始!

箱作り

箱を組み立てていく筆者。


箱を作るといっても、世の中には様々な箱があって、様々な作り方があります。

中にはノミとノコギリだけで、釘を使わず丈夫な箱を作る人もいますが、筆者にはそんな技術はありません。

なので一番簡単で確実な方法を。


木工用接着剤を使う筆者。


接着剤とビス。

変わりばえのしないいつもの風景になってきています(笑)。

でもね、こんな単純な作業でも、考える事ってあるんですよ。

例えば、現在4枚の板で長方形の枠を作っています。

幅は57cm、長さは41cm、そして材木の厚さは1.2cm。

このサイズの箱を作ろうとすると、下の二種類の作り方があることになります。

さあ、いったいどっちが正解なのでしょう?


正解はどっち!?


「どっちでもいいんじゃね?」

と思わなくもないですけどね(笑)。

でも、ネットで画像検索したら、上の方の「長辺をそのまま、短辺から厚み分を引く」箱が大多数でした。

たぶん、その方が構造的に安定しているんでしょうね。


ビスで留める筆者。


ちなみにこれが扉とかになると「長辺」ではなく「縦の辺」を優先するようです。

重力が関係しているから「柱」である縦の軸を優先させるんでしょうかね。

大工仕事、ホント奥が深い。

順調に進む作業

外枠が出来たら次に底辺を固定。


と、それっぽく紙面を埋めているうちに、外枠が完成!

底になる板に接着剤を塗り、これもビスで留め、最後に余分な接着剤を拭き取っていきます。

固まっちゃうと簡単には取れなくなるので、乾く前にさっさと拭き取ってしまいましょう。


キッチンペーパーで拭く筆者。「もう少しいいやり方はないのだろうか」と常々思っている。


日が暮れる前になんとか出来上がった箱。

日が暮れたので作業終了!

作業的にはまだまだ色々残っているのですが、今日はこれでよし。

最後にソファの隙間に箱が入るか試してみたところ……


唖然とする筆者。


入らない(笑)。

そういやどっかの誰かが、

「わずか数ミリの狂いが『ジャストサイズ』と『まるで使えないゴミ』の別れ道になりますからね~」

とかエラそうにいってましたが、どうやら一日かけて「まるで使えないゴミ」を作ってしまったようです。

どうするんだよ、これ!

と風雲急を告げる「おうちコラム」ですが、今回はここまで!

次回に続きます!


(文・池内万作 写真・池内みちよ)

最終更新日:2019年02月08日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。