ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
DIYで扉作りPart3:ついに扉の取り付け 少しの誤差が命...

2019年08月23日

池内 万作

DIYで扉作りPart3:ついに扉の取り付け 少しの誤差が命取り

俳優・池内万作のおうちコラム

DIYで扉作りPart3:ついに扉の取り付け 少しの誤差が命取り

扉を作る筆者。

前回までのあらすじ 

用事がある人が、インターホンも鳴らさず敷地内に入りこんできてしまう。

ネットで調べると、わりとよくあるトラブルらしいですが、うちもそんなことが(最近では激減しましたが)たまにあります。

門を外側から開けて、階段を上がり、2階のバルコニーから居間をのぞき込み、「イケウチさん~」と声をかけてくるんですな。

用事があるのは分かるけど、これはかなりビックリします。

仕事で集中している時もあるし、夏には上半身裸で居間で寝てる時だってあるし、正直やめてもらいたい。


居間のある2階と階段を隔てるヒモ。


色々考えた結果、人が入ってきてしまう原因は「入れるから」なのではないかと思い至るようになりました。

上の写真のような、ヒモ一本ではダメなんでしょう(笑)

ということで、2階とバルコニーを隔てる扉を作ることに。


塗りまくった筆者。


作るのは格子扉。

なんとなく権威的な雰囲気があるので(あるか?)、来た人を拒絶しているような威圧感を醸しだしてくれるでしょう。

色も普段は使わない暗い色を。

門番にはC-3POよりダースベイダーの方がいいですからね。

ようするに「ここから先は入らない方がよさそうだよなあ~」と思ってもらえれば大成功!


ビスを打つための土台を取り付ける筆者。


同時に、今回の扉で2階のバルコニーを「閉じた空間」にできれば、猫の脱走を防止でき、バルコニーで遊ばせることも可能になります。

さらに今回は「精度の高さ」をテーマにしました。

無駄な隙間や不具合のない――ようはなるべくキチンとしたモノを作ろうと思っています。

とまあ、色々なテーマや課題がありますが、今回は作った扉の取り付け。

それではさっそく作業開始!

扉の取り付け

さてさて。

扉の取り付けは非常にデリケートな作業です。

床に対して垂直かつ平行に取り付けないと、キチンと開け閉めできなくなっちゃいますから。

なので取り付けは非常に神経を使う作業なのです。


取り付けを前に、緊張する筆者。


しかも今回は、猫が逃げられないように、バルコニーの床と扉の隙間は2cmに設定。

これはイケウチ工務店としては相当シビアな、攻めている数字です。

扉の幅は90cm。

まさに少しの誤差が命取りになりかねない数字なのです。


均一な隙間を作るには。


どうやって扉とバルコニーの間に、均等に2cmの隙間を確保するか。

考えた末、2cm幅の端材の上に扉を乗っけることに。

シンプルだけど素晴らしい解決策!

扉を置いたままにできるので作業も楽だし。

DIYはこういう創意工夫が楽しいですね。

隙間を確保したので、次に扉を門柱に固定していきますが……

ここで問題が発生!


まさかのハプニングに固まる筆者。

問題発生!

扉につけた蝶番の位置が悪かったようです。

写真をよく見てみると、蝶番の左側に木が見えているの、分かりますかね?

この状態でビスを打つと、蝶番が門柱に密着せず、少し浮いた形になるため、強度が落ちてしまいます。


蝶番の取り付けミス。微妙に右にずれている。


蝶番は接着剤でくっつけちゃったし、後悔しても後の祭り。

でもね。

誰でも失敗はしますが、大切なのは「どう対処し、そこから何を学ぶか」です。

というわけで、気持ちを切り替えてリカバリー!

リカバリー

めげない筆者。


そこで辺りをキョロキョロと見回すと、うってつけの端材が!

以前ガスコンロ台の扉に使ったパンチングボードです。

そこで木工用接着剤を引っ張り出してきて……


何かと役に立つ木工用接着剤。


こいつに木工用接着剤をぬり、門柱と蝶番の間に配置。

厚さもピッタリ!


ただの端材が救世主に変わった瞬間。


この端材のおかげで、蝶番を門柱にキチンと固定することができましたとさ。

あーあせったあせった。


 ビス留めする筆者。


しかし、蝶番の取り付け位置ってちょっとズレても大ごとなんですね。

なんにも考えず取り付けてたけど、そういう危機意識のなさがこの事態に繋がったのでしょう。

どんな作業も疎かにできないんですねえ。


全然関係ないけど、筆者の足首は固い。

扉受けを作る

扉受けを合わせる筆者。


扉の取り付けが終わったので、今度は扉受けを。

なくてもよかったんだけど、鍵の受け口をつけられるし、見栄えもいいし。

見栄えがいいと「ちゃんとした扉だなあ~。じゃあ勝手に開けるのはやめておこう」となるかもしれませんからね(笑)

あと扉受けを作ると、扉の幅が90cm以内に収まり材料代の大幅節約になる、なんて事情も。

お金は大事だし、木材はなるべく無駄なく使いたいですからね。

L字金具について

思い入れ深いL字金具。パンク修理キットは無視して下さい。


扉受けの取り付けに使った金具が、このL字型のモノ。

筆者が湯河原の家に来るようになった頃、納戸の中で見つけたもので、昔はこれが100個以上ありました。

この金具は加工しやすく、洗濯物干しをかけるフック、コートかけ、靴の収納棚に庭の柵の補修と様々な簡単DIYに活躍し、残りはあとわずか。

もしかしたら、この金具があったから簡単なDIYを行うようになったのかもしれない、なーんて思ったり。

開閉の儀

L字金具を取り付ける筆者。


そんな思い入れのある金具を使って扉受けをつけ、いよいよ開閉の儀!

バルコニーの床との隙間、2cm。

蝶番の微妙なズレも乗り越えました。

はたしてこの扉、スムーズに開け閉めできるのでしょうか。

さあ、緊張の瞬間。

ドコドコドコドコ……

じゃーん。


のおおおおおお!


途中でつっかえました(笑)

取り付けや扉の作りにも問題がありましたが、バルコニーの床も完全に平らではなかったようです。

わずかな誤差が積み重なった結果でしょうかね。

いやー、イケウチ工務店、まだまだ修行が足りませんな(笑)

でもね、問題意識を持って挑み失敗したわけですから。有意義なトライアンドエラーだったのではないかと思います。

有意義だったからといって、扉はスムーズに開くわけではないんですが……


というわけで次回はいよいよ扉作りの最終回。

こいつをなんとかして、仕上げに入っていきたいと思います!

それでは次回もお楽しみに~!

 

わずかな誤差が命取りとなった扉。


(文章:池内万作 写真:池内みちよ)

最終更新日:2019年08月23日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。