ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
DIYで珪藻土の壁塗りに挑戦Part2:いよいよ壁塗り作業に...

2020年01月08日

池内 万作

DIYで珪藻土の壁塗りに挑戦Part2:いよいよ壁塗り作業に突入!

俳優・池内万作のおうちコラム

DIYで珪藻土の壁塗りに挑戦Part2:いよいよ壁塗り作業に突入!

はしゃぐ筆者。

 前回までのあらすじ

どうもどうも。

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

珪藻土塗りの続きですね。

当コラム専属カメラマンが代表を務める音楽番組『MUSIC SHARE』のメンバー、おかもっちゃんの家の壁を、番組のメンバーで塗りに来ております。

前回は壁紙を剥がし、部屋の養生をして、珪藻土を塗る前に、壁にアンダーコートなるものを塗ったところまで。

少しずつ陽も落ち、時間はもう16時。

果たして今日中に珪藻土を塗りおえるのか、そのあと焼き鳥を食べにいけるのか!

今回も最後までお付き合い下さい。

珪藻土について

今回使用した珪藻土。容器がかわいい。使い終わった後には椅子としても使えそう。


さてさて、下準備も終えようやく珪藻土を塗っていきますが、今回使用したのはこちら。

おかもっちゃんが頼んだもので、20種類のカラーから選べて、ビニールの壁紙の上からも塗れる珪藻土。

「ビギナーズセット」を注文するとコテとかコテ板もついてくるので、未経験者でもすぐに塗り始められるという優れモノです。


天井用の珪藻土。ピスタチオ色が何とも美味しそう(違うか)。


2種類の珪藻土を混ぜオリジナルカラーを作ることも可能なんだそうですよ。

今回は施工主おかもっちゃんのこだわりで、天井はピスタチオ(ライトカーキ)、壁はブルーグレイにホワイトを混ぜたオリジナルカラーに。

とはいえ混ぜるのは自分でやらなきゃならないんでね。


2種類の色を混ぜる。


ちょっと躊躇しましたが、素手で大胆にまぜまぜ。

背徳感がなんともたまりません(笑)。


攪拌する筆者。

まずは天井から

天井。こちらもヤニで汚れている。


珪藻土の準備が終わったところでようやく「塗り」に。

まずは天井を塗ってしまいましょう!


わいわいと塗り始めるチームMUSIC SHARE。左からカメラマンオオツカ、筆者イケウチ、家主おかもっちゃん、代表本田みちよ。


ところが天井の面が平らではないので無茶苦茶塗りにくい!

なんつーのかな、「滴って固まった」みたいな天井あるじゃないですか。

そんな天井なのでコテが使えないんですね。

しかも、「滴り」部分があるので表面積は通常の天井よりはるかに多い。


けっきょく手で塗るチーム。


この天井にかなりの苦戦を強いられました。

誰からともなく手で塗り始めたんですが、今度は手から急速に水分が奪われていきます。なんかピリピリするし。

そこで毛染め用の手袋を導入したんですが……


毛染め用の手袋。


天井の突起で破けて、まるで意味なし(笑)。


あまり意味のなかった手袋。


そんなハプニングもありつつ天井を塗っていくと、表面積が多かったせいでまさかの珪藻土不足に! 

この時点で今日中の完成は不可能となりました(笑)。

もしこういう天井を速やかに塗りたいなら、グラインダーで表面を削ってしまうのが手っ取り早いかも。

表面の質感をいかしたいのなら、珪藻土を多めに頼むことをオススメします。


天井用の珪藻土が枯渇。今日中の完成は断念。

迫り来る闇

暗くなっていく部屋。


天井を塗り残しつつ、壁に着手しますが、ここで新たな問題が。

17時を回り外は急速に暗くなっていきますが……

なんとこの部屋、照明がないのです。

そして、部屋を照らせるような照明器具もない。


刻一刻と迫り来る闇。


大丈夫かよ?

と思ったあなた。

まるで大丈夫ではありません(笑)。

そこで、カメラマンオオツカが懐中電灯で闇を照らすと……

アンダーコートの呪い

なんとなんと壁紙の下地が浮いているではありませんか!


水分を含み浮いてきた下地。


なんだこれは!?

とスマホでチャチャッと調べてみると、


「壁の下地は、霧吹きで湿らせ糊をふやかすことで剥がしやすくなります」


という新事実が判明。

これはつまり……

アンダーコートを塗ったことで「下地が湿り、糊がふやけて剥がれてきた」ということでしょう!

いやいや、本当に次から次へと色々起きますねえ……


浮いた下地を剥がして塗り直すおかもっちゃん。

暗すぎてなにやってんのか分からない

暗闇の中続く作業。


そして陽は落ち、部屋の中は真っ暗に。

写真だと結構明るいですが、それはカメラの性能のおかげ。

肉眼だともうワケ分かりません。

珪藻土を塗りながらも、ムラになっているのか判断できない状態。


カメラも暗すぎてフォーカスが合わない。


そしてなんと!

あとわずか残したところで、壁の方の珪藻土も枯渇(笑)。

けっきょく壁も天井も塗り残し、この日は終了!


「今日はありがとうございました」

「続きはまた別日……ということで」

「とりあえず焼き鳥行きません?」

「せやな!」


という感じでこの日の作業は終了!

この日は焼きとんを食べて解散し、数週間後に再び集合して壁を仕上げました。

それがこちら!

新しい部屋

ついに完成したおかもっちゃんの部屋。


おおおお。

思ったよりもちゃんとしてる!

壁のムラもある意味、いい感じというか。


表面がボコボコになっていたり、塗り残しがあったり、養生の失敗があったり。


細かいところに目をやると色々と雑だったりしますが、そこはまあ……

なるべく見ないでもらえればと(笑)。

というわけで、珪藻土塗りはこれにて無事に終了!

我々素人に大事な作業を任せてくれたおかもっちゃん、本当にありがとうございました。

満足してくれていることを心から祈る次第でございます。


多少のムラやデコボコも「味」「思い出」だと思える人は是非是非チャレンジしてみてください。

「みんなでわいわい」は保障しかねますが、そのあとのご飯が美味しい事は間違いありませんので(笑)。


カメラマン、カメラマンオオツカ、おかもっちゃん。この後みんなで美味しくご飯を頂きましたとさ。


とういうわけで今回はここまで!

次回は再び湯河原に戻ります。

それでは次回もお楽しみに!


(文章:池内万作 写真:池内みちよ オオツカさん)


参考サイト

MUSIC SHARE OFFICIAL SITE: musicshare.jp

最終更新日:2020年01月08日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。