ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
住宅ローンを利用して不動産投資は可能か?

2016年02月17日

伊藤亮太

住宅ローンを利用して不動産投資は可能か?

住宅ローンを利用して不動産投資は可能か?

不動産投資は不動産投資ローンで

金利低下の恩恵は不動産投資ローンでも

日本銀行のマイナス金利導入の結果、住宅ローンはもちろんのこと、不動産投資ローンでもその恩恵を受けることができそうです。つまり、金利低下により、不動産投資でもローンの総返済額をおさえることができるほか、貸し出しも進む可能性があるため、今後不動産投資もさらに活性化する可能性も秘めています。

さて、このような状況下で、こんなことを考える方がいるかもしれません。不動産投資ローンに比べて、住宅ローンの方が明らかに金利が低いし、今だからこそ住宅ローンで家を購入したふりをして、それを貸し出しにまわしたら高い利回りを得られるのではないかと。

確かに、この方法ができるのであれば、金利低下の恩恵はさらに受けられることになり、収益がアップすることになります。

しかしながら、そもそも不動産投資と居住は全く意味合いが異なります。そのため、金融機関において、不動産投資のためのローンは不動産投資ローン、居住目的のためのローンは住宅ローンと分けてあるのであり、基本的に住宅ローンを利用した不動産投資は違法となります。

転勤等やむを得ない場合には貸し出しは可能

もし見つかった場合は全額返済を求められるかも

仮にいま、住宅ローンを利用して住宅を購入。その後その住宅を人に貸し出して家賃収入を得ていることが金融機関に見つかったらどうなるのでしょうか。

当然これは違法行為となりますので、全額返済を求められることもありえます。決してそうした行動は起こさないでください。

なお、転勤等によりやむを得ない事情により、一時的に部屋を貸し出すことは可能といえます。こうした場合には、金融機関の方に間違われないようにするためにも、先に相談をしておいた方がよいでしょう。

この場合には、居住目的で購入し、やむを得ず貸し出しのため、違法とはなりません。ただし、住宅ローン控除は貸し出し後に関しては適用できなくなります。再度適用可能なのは、一定の条件を満たし、再度転勤から戻ってきた場合となりますのでご注意ください。

最終更新日:2018年08月31日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。