ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
一戸建て購入時の諸費用の相場とは?

2015年05月26日

猿のひきだし

一戸建て購入時の諸費用の相場とは?

諸費用の存在を忘れずに!

一戸建て購入時の諸費用の相場とは?

写真:アフロ

建物(土地)の価格+諸費用=住宅購入時の総額

憧れのマイホーム。一戸建て、分譲マンションのいずれにしても、人生における大きな買い物である。高額なだけに土地や建物の価格ばかりに気を取られがちだが、購入にあたって“諸費用”が掛かることを忘れてはならない。住宅購入資金の総額は、土地と建物の価格+諸費用とるのだ。ここではこの諸費用について、その相場や内訳について追求した。


一般に諸費用の相場は、新築一戸建て住宅の場合には物件価格の4~7%になるとされている。4~7と振り幅があるのは、詳細は後述するが仲介手数料が発生する不動産とそうでないものがあるからだ。諸費用はおおまかにいうと、次の二種類に分けられる。

1、土地、建物などの不動産購入に対しての費用
2、ローンの手続きに対しての費用

まず、不動産購入に対しての費用からみていこう。

意外と掛かる仲介手数料

土地や建物を購入する際には以下の費用が掛かる。

仲介手数料
→売買価格×3.24%+6万4800円が上限
土地や建物の不動産を、仲介業者(不動産業者など)を通じて購入する際、仲介業者に払う手数料。仲介業者を通さず、売主から直接購入する場合は、払う必要はない。
印紙税
→1,000万円超5,000万円以下の場合 1万円
 5,000万円超1億円以下の場合 3万円
不動産の売買契約書に貼る必要がある収入印紙代。※平成27年5月現在、平成30年3月31日まで。
登録免許税
→固定資産課税台帳の価格×1.5%(平成29年3月31日まで)
土地、建物を購入して登記をする際に必要となる税金。登記費用ともいう。固定資産課税台帳に記載されている価格は土地・建物の購入代金とは異なる。
登記手数料
→5万円~25万円程度(司法書士によって異なる)
土地、建物を購入して登記をする際に、司法書士に手続きを以来した場合に発生する報酬。
不動産取得税
→土地、建物ともに固定資産課税台帳の価格×3%(平成29年3月31日まで)
不動産を取得したとき、また新築、増築したときに都道府県が課税する地方税。

以上が土地や建物を購入する際に発生する諸費用である。ここで一番大きな額となるのが仲介手数料であろう。例えば、5000万円の物件の場合、168万4800円の仲介手数料が発生するのだ。ただ最近では、この仲介手数料を割り引いてくれる業者も多くなっているそうなので、交渉して安く済ますことも不可能ではない。では次に、ローン手続きの際に発生する諸費用についてみてみよう。

写真:アフロ


住宅ローンを組む際にも費用は発生する

ここからは、ローンを組む際に必要な費用に迫ってみたい。

印紙税
→2万円
金銭消費貸借契約書を交わす、すなわち住宅ローンを契約する際にも印紙税は発生する。
住宅ローン保証料
→一般的に1,000万円(35年返済の場合)当たり20万円前後
 ※借入額や金融機関、審査結果によって異なる
融資を受ける際、連帯保証人の代わりとなる信用保証会社へ払う保証料。住宅ローンの借入時に一括で払うか、または住宅ローンの金利に上に保証料分を上乗せして支払う方式がある。
ローン手数料
→3万円~5万円 ※金融機関によって異なる
融資時に発生する銀行手数料や保証会社手数料のこと。
団体信用生命保険
→1,000万円あたり初年度は3万5,800円。
 2年目以降は借入残高の減少に伴い、徐々に減る。
 (フラット35の場合)
ローンを受ける人物が亡くなってしまったり、高度障害になってしまった場合に備えて加入する生命保険の保険料。亡くなった等した場合は、ローンの残金が保険会社から支払われる。ほとんどの民間金融機関では強制加入となっており、保険料はローンの金利にあらかじめ上乗せされている。フラット35を利用する場合、加入は任意で、保険料は加入者自身が支払う。
火災・地震保険料
→物件の価値、プランによって異なる
かつてはローンを組む際に金融機関から加入を義務付けられていたが、近年では任意になってきている。当然、保険会社や組むプランによって負担額は異なるので、購入する物件に適した保険に入ろう。
以上が、ローンの手続きに対しての費用となる。

ここまで、一戸建て購入時に必要となる諸費用を調べてみたが、仲介手数料や住宅ローン保証料など、購入する土地や物件次第では、なかなかの額になることが分かった。またこの他、引越や家具の新調、ご近所へのあいさつなど、新居に移り住む際には、様々なお金が掛かるもの。これから不動産の購入を検討している方は、この諸費用の存在を忘れずに購入資金を計算しよう。


最終更新日:2018年08月31日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。