ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
同棲を始める時、契約前に注意すべきポイント5

2016年03月07日

スパイラルワークス

同棲を始める時、契約前に注意すべきポイント5

後で困った!?を防ぐために

同棲を始める時、契約前に注意すべきポイント5

大好きな人といつも一緒にいられる憧れの同棲生活。(写真:アフロ)

そのまま相手の家に転がり込むのは基本的にNG

付き合い始めて、相手の家が職場に近かったり、なかなか休みの都合で会えなかったり・・・。そんな時、相手の家に転がり込んでしまったり、転がり込まれたりしたことはないだろうか。ほとんどの場合、家主が家賃をきちんと支払っていれば大家さんが同じ敷地内に住んでいない限り、大きな問題になることはない。

ただし住まいを契約する際には、必ず条件が記載されていて多くの場合、契約者以外の人が住むことは契約違反となってしまう。最悪の場合、退去を命じられることもあり、家主である恋人に迷惑をかけてしまう可能性も。それを考慮して、同棲を始める時には新たに住まいを借りるのがベターだ。

【注意すべきポイント】
1)相手の家に転がり込むと、契約違反となり最悪、退去を命じられることも

では、住まい探しの前にすべきこととは・・・。本来ならお互いの親に許可を取ってから住むのが理想だが、多くの場合は結婚もしていないのに同棲するなんて言語道断という親が多いかもしれない。“一緒に住もう”という話が出た時には浮かれてしまうかもしれないが、
さり気なく将来“結婚”についてどう考えているのか探りを入れるいい機会ともいえる。

もし結婚をしたいのなら安易にOKを出してしまって、長すぎる春・・・なんてこともなってしまっては本末転倒。同棲をする前にお互いに結婚に対してどういう意識を持っているのかだけでも確認することが大切だ。

【確認すべきポイント】
2)さり気なく、将来の人生設計などについて探りを入れておくべし


契約前には、お互いの家賃負担の金額を明確にしておこう

ただなんとなくその場の雰囲気で決めてしまったふたり暮らし。でもいざ一緒に住むとなれば、家賃に光熱費、生活費など、お互いにお金の問題が切っても切り離せない関係になる。例えば、デートの時に彼が全部デート代を負担しているとしたら、家賃配分について事前の話し合いをしないと彼女は勝手に「彼氏持ち♪」なんて思い込んでしまうことも。

お互いに住む前には家賃や光熱費など、日々の暮らしで共有する費用について負担をどうするのか、しっかりと話し合いをしておくのが後々の生活にも大きく関係してくる。

また同棲を始める前にどうしても確認しておきたいのは、相手に借金がないかどうかだ。
マイカーなどの高額商品の購入でローンなどがあるのは一般的だが、消費者金融からお金を定期的に借り入れして自転車操業をしている人は要注意! しっかりと稼げる人であればいいのだが、そうでなければ、やがて相手の借金が自分の身にも降りかかってくる危険もあるので確認しておくべきとポイントだ。


【注意すべきポイント】
3)家賃や光熱費の負担割合は、契約前にしっかりと話し合いをして、お互いに納得のうえで決定しておく。
4)相手に借金などがないか確認しておく。金銭感覚で違和感があれば、同棲をしない方がベター。

同棲OKの物件は増えているが、まだまだ少ないのが現状

同棲やシェアなど、今どき聞き慣れてきている言葉だし、ライフスタイルとしてはもはや当たり前。でも貸す側の立場になれば、確実に家賃を払ってくれる相手に貸したいのが家主の本音だ。そのため、何かあった時にどちらかが退去してしまう可能性のある同棲カップルには貸したくない・・・という家主さんが多いのは事実だ。

近いうちに結婚する予定であれば、OKという場合もあるが、案外、同棲しようと思って物件を探し始めると、なかなか条件のいい物件に出合えないという場合もある。

そこでまずは不動産会社に同棲をする旨を正直に伝え、物件を探す。またその時に家主さんを安心させるために収入証明書が必要になる場合があるので、発行可能かどうかを勤め先に事前に確認しておくのがいいだろう。また、連帯保証人などが必要になる場合があるので、どちらの親になってもらえるのかなどを聞いておくべきだろう。

【注意すべきポイント】
5)収入証明書が発行可能か、連帯保証人は立てられるのかなどを確認しておこう

黙って同棲を始めるといろいろとやっかいなことが判明。憧れの同棲生活、いろいろな障害をクリアして、スタートすればきっと楽しい生活が待っているはず!

万が一のことがあった場合には、勝手に退去をするのではなく、相手としっかりと話し合いを。(写真:アフロ)



取材・文/スパイラルワークス

最終更新日:2018年08月31日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。