ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
内覧1件目。駅近広々物件で期待大!【自営業の妻、3年かかって...

2017年02月17日

日刊Sumai

内覧1件目。駅近広々物件で期待大!【自営業の妻、3年かかって家を買う】

 

土地を見に行くのと違って、中古マンションはすでにあるものを見に行くのですから、ちょっと緊張します。

私たちは「フルスケルトンリフォーム」を目指しているので、今の間取りがどうこうというよりは、未来の生活空間を想像しながら内覧しないといけません。

これがとっても楽しく、でも難しい作業でした。

さて、1件目です。

 

※ 【自営業の妻、3年かかって家を買う】 今までのシリーズを見てみる

 

広いのに広く感じない!? 原因は日当たりの悪さだった

【マンションAの概要】

最寄り駅から徒歩9分 築年数 31年 専有面積 120平米 東向き 階建 3階建の2階 総戸数 17戸 駐車場 空きなし 近くにコンビニ、スーパーあり 近くに小中学校あり 最低限のリフォーム済み

最寄駅は、大阪のいわゆるドル箱路線の駅。

それから120平米越えの広さを有する部屋はなかなか出てきませんので、とても興味がありました。

さて内覧スタートです。

事前に間取り図を穴が開くように見ていたので、部屋に入ってからの印象が予想していたものと違ったので、あれ?と思いました。

「暗いな~」が第一印象。

私は勝手に「きっと明るいだろう!」と思っていたのです。

というのも、この物件は角部屋でしかも東南にベランダや窓があります。

夕方遅くにならない限り、部屋にはどこかしら日が差しているだろうと勝手に思っていたんです。

でもわずかにしか日は差していませんでした。

せっかくの広い部屋もなんだかどんよりしていて、あまり広く感じません。

答えは簡単でした。

南側と東側にマンションが建っていたんです。

特に南側のマンションは最近建てられたものらしく、きっとそれ以前は採光に関してはそれこそ「最高」だったと思うのです。

窓から右隣の部屋のベランダをちらっと覗くと……、ずっと向こう側の部屋まで素晴らしく日が差しておりました(!)。

他の世帯の日当たりは抜群なのに、残念ながらこの部屋の方角だけ、前のマンションに日差しを阻まれて太陽から見放されていました。

聞くと、同じ間取りの真上の3階の部屋も空いているというのです。

もちろんそこも日当たりは悪い。

なんだかすごくもったいない……。

新築の時は広く、日当たりも良く、交通の便も良くてきっと高級物件だったんじゃないかなと思うんですよね。

それから気になる点がまだありました。

内覧したのは2階の物件だったのですが、1階に飲食店が入っていたのです。

害虫や臭いなど大丈夫かな?と、こちらも心配になりました。

 

今回の物件の獲得ポイントは、100ポイント中35ポイント

内覧した部屋を、私なりに勝手にポイントで評価していきたいと思います。

5つの項目で持ち点はそれぞれ20ポイント、合計100ポイントになります。

今回の物件の判定は……、

●プラスポイント(合計100ポイント)

【間取り】広い。東南二方向に開口部分がある。リフォームしやすそう(+20ポイント)。

【日当たり】時間帯によっては日が差す(+0ポイント)。

【マンション管理】共用部の掃除も綺麗にされていて、清潔感がある(+10ポイント)。

【交通】ドル箱路線で便利そう(+20ポイント)。

【環境】とても良い(+20)。

●マイナスポイント(合計-100ポイント)

【間取り】マイナス面は特にない(-0ポイント)。

【日当たり】日が差す時間帯が少ない。窓から見えるのはマンションの壁…(-15ポイント)。

【マンション管理】総戸数が少ないので、管理費の負担が将来大きくなる可能性大(-15ポイント)。

【交通】駐車場に空きがないので、改めて探さないといけない(-5ポイント)。

【環境】マイナス面は特になし(-0ポイント)。

合計は35ポイント。

 

ということで、購入は見送りです。

夫の「戸数が少ないし、築30年以上も経っているから管理費の値上がりは覚悟しておいたほうがいいやろうな」という言葉も引っかかりました。

ものすごく単純な計算で言いますと、たとえば何らかの修繕などで1,000万円かかるとします。

それを200戸で負担するか20戸で負担するかと考えると、前者は5万円の出費で済みますが、後者は50万円負担しなければいけません。

しかも内覧したのは、すでに築30年経っています。

これから、ますます修繕費はかさんでいくかもしれません。

今のうちは修繕積立金を払えても、将来築年数が増すと修繕積立金も値上がりして月数万円請求される可能性もあるな、との危惧もありました。

まだ1件目です。

これから、これからっ!

最終更新日:2017年02月17日


キーワードを入力してください

キーワードから探す

本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。